FC2ブログ

ちょっと、クラシカルな クレマチスたち~ <イブハトの窓へようこそ~♪>

ーー何故か、クラシカルに写った クレマチスたちーー
DSC05516 (2)
2年待ってやっと咲いた プリンセス・ケイト


まだまだ 元気いっぱい
DSC05495 (2)
リトルネル


DSC05520 (3)



DSC05521 (3)



先日アップした ロウグチ
DSC05425 (3)
こちらも、レトロ感 たっぷり。

・・・・

ジギタリス
‘クルクアイランド’
DSC05505 (3)
2年越しでやっと今頃咲いています。
いつものジギタリスとは違って、
茶系の不思議な雰囲気。




・・・・・・・・・・・・・

☆”最初のここの記事を固定して、2番目より下を更新すること度々あります”
☆”過去記事をチェックしてみてくださいませ~”

コメントのある方は、「拍手」または「メールフォーム」よりどうぞ~
(感想などいただけましたら、嬉しいです。)


名前:

メール:

件名:

本文:





関連記事

雨にも負けず、ますます乙女チックに~~


DSC05503 (2)
7/19
雨にも負けず、
アナベル周辺は、ますます乙女チックな景色へと~

DSC08288 (2)

雨の朝、アナベル達、無事かしら?
と、ドキドキしながらカーテンを開けるのですが、
このごろは、けっこう自信あり!


コーヒー片手に、大窓の前の椅子に座り
DSC08285 (2)
我が庭では珍しい、大人かわいい??色合いの庭を
ぼーっと眺めているのでした~~


心なしか、アナベルの白が グリーンがかってきていると思いません??


関連記事

2度目の巣立ち、寂しさ つのる~~


DSC05442 (2)
先週、あのシジュウカラのヒナたちは、無事、巣立ちました。
その瞬間を見てはいませんが、

飛ぶのが下手な赤ちゃんなので、「おっとっとっと・・・」
DSC05455 (2)
と、うまく枝につかまれずに四苦八苦していたり、

電線につかまり、親鳥がエサを運んでくれるのを
DSC05459 (2)
じーーっと 不安げに待っていたり、、、、

巣立ってからも、大きくなるまで色々な試練があることでしょう。
無事乗り切り、また庭に遊びに来てほしいものです。

静かになった庭は、寂しさいっぱい。



関連記事

かなり、ねじれています!大好き、ネジバナ~~ 


DSC08240 (2)
大好きなネジバナが、見事にねじれて、咲いています。

1個1個の花は数mm。
DSC05475 (2)
にもかかわらず、一人前に(いっちょ前に)
蘭の花形をしているのですよ!これが!

30㎝近くに伸びています。
DSC08206 (2)
しかも、これが生えている場所は、
庭石の上の例のミニバラの隣。

あの 条件がいいとは言えない狭いところに、
「赤のミニバラ」
「シコタンソウ」(カラフル水玉のオシャレな小さな山野草)
「ネジバナ」
もうじき
「サギソウ」
まで咲くのです。

皆、小さな大スターばかり!
小さくても、わたしの宝物ばかり!


関連記事

香りのよいバラ 一花一花に 酔いしれる~


雨や日射しを避け、香りの良いバラを玄関ポーチに集結。
そして、一鉢一鉢、その香りに酔いしれる~~
その香りの表現はわたしの語彙力ではとうてい言い表せませんので、
図鑑等から「引用。

ジュード・ジ・オブスキュア  & アストランチア
DSC08184 (2)
~ シトラス香の混じったグアバと、甘口の白ワインを思わせる香り ~
↑複雑すぎる表現!
つまりは、フルーティーな香り でいいのでは?微笑


ローズシナクティフ
DSC07960 (2)

~ ブルー系の香りにミルラがのる 強香 ~


ゴスペル
DSC08125 (2)
~蜜のような甘さのあるバラの香りにヒヤシンスグリーン・さわやかなフルーツ
・華やかな粉っぽいニュアンスを持った芳醇な香り~
↑長すぎ!
香りのタイプ「ダマスク・モダン」


クリスティアーナ
DSC08181 (2)
①~ 香りは強く、ドイツの調香師により
「レモン、シャンパン、エルダー、ラズベリーのトップノートから、
夏の雨の後のフレッシュなりんごのミドル、
軽やかで甘美なクラシックローズの香りのベースへ」~
↑意味不明???
②~ レモンを連想させるクラシックローズの香り~


ブルームーンストーン(作出 河本バラ園)
DSC08168 (2)
~ 優しく甘い香り ~
~ 上品な香 ~


ノーブルアントニー
DSC08172 (2)
フルーツ交じりのオールドローズ香


ベルベティ・トワイライト
DSC06877 (2) - コピー
モダン・ダマスク香 強香。


・・・・


香りに包まれていたいのに、
香りに敏感過ぎて、すぐ ぐずぐずになってしまうわたしの鼻。
なので、悲しいかな、
室内には飾れません。
玄関ポーチで、思いっきり楽しんでいます~





関連記事

黄も加わり、ますます、カラフル庭へ~~


DSC08202 (2)
黄のユリも咲き、ますます、カラフルな楽しい庭へと。

アナベルが白いうちに咲く赤系と黄色系のユリ。
DSC08217 (2)
高さが思ったところで咲いてくれないのは困りますが、
(いつもは赤が高すぎなのに、今年は黄が高っ!)
6月のシックな庭から一転して、
カラフルな賑やかな庭もいいものです!

毎日のこの庭の変化を、
DSC08191 (2)
キッチン窓からつぶさに見て、癒される
至福の季節となっています~~♪


関連記事

ユリも開花し、いっきに華やかに~~


DSC08144 (2)
ブルーのガクアジサイも咲き始め(左奥)、
庭全体が 一気に華やいできました~~


赤系のユリも1個だけ開花して、
DSC08157 (2)


昨日の雨にも負けず、シャキッと立つアナベルたちとともに、
DSC08147 (2)
賑やかな景色を作りつつあります~
(支柱、してますよ!)


バラの2番花や、返り咲きも始まり、
今日、見に来てくれた友人も喜んでくれていました。

ブランピエール
DSC08104 (2)
と コンフェッティ


春に元気のなかったピエールのアーチ、
DSC08123 (2)
そろそろ、ピエール抜いて模様替えしよう!、と本気で思い始めていましたら、
それを察せられたのか、
今ごろ旺盛に咲いて、「抜かないでーー!」と。
こういうことって、「あるある」ですよね。


ゴスペル
DSC08125 (2)
真紅で香りのよいバラ。

玄関ポーチに香りのよい鉢バラたちを集め、
1個1個 その香りの違いを楽しみながら、
幸せ~~♪をより満喫しているこの頃です。


関連記事

白のカワラナデシコ、裏技使い~~


DSC08096 (2)
主庭 ボーダー左側
明るめの葉っぱ群だけでも楽しめる景色。

そこに、白のカワラナデシコが
思いもよらぬほど多花となり、びっくり!
右奥の紫フロックスもいい感じ。


・・・・

カワラナデシコは茎が長く、5~60㎝。
花は純白で清楚で大好きなのですが、
毎年、茎は倒れ、どこで咲くがわからないほど
芽の出どころと、咲く場所が違いすぎて乱れる印象!
DSC08069 (2)
そこで、このごろ、ある工夫をしています。


下の写真、白の矢印が芽の出どころ。
DSC07958 (3)_LI
茎 数本を横に倒し、
オレンジの矢印のところ2か所を、
U字型のワイヤーで土に固定。
(ワイヤーは 他の植物の葉の下に隠れるように)
DSC07959_LI.jpg
固定して数日で、花芽は全て上を向いてくれます。

・・・・


この辺りで咲く花、他は、
シャムシュ・ノコギリソウ
DSC08072 (2)


八重のヤマザクラ 富士の滝
DSC08073 (2)
白の八重の一部がピンクとなり、とても可愛らしい印象。
秋色アジサイとして、色の変化が楽しめるとか?



お馴染み 赤のミニバラと
DSC08078 (2)
山アジサイ 藍姫


関連記事

| NEXT≫