FC2ブログ

お盆中のイベントは~~ <イブハトの窓庭へようこそ~♪>

DSC02169 (2)
16日 送り盆ですのに、
夕べからの大雨で、
北上川の船っこ流しも18日に延期。


サルスベリや宿根草たちは、皆、うなだれていますが、

DSC02162 (2)
こちら、アナベルは 耐えています!

この雨が終わって、お天気が続き、乾きましたら、
そろそろドライにしてあげようかしら?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お盆中,
ノリウツギ満開の駐車場では、スイカ割り大会!
DSC02306 (4)



Sちゃんに目隠しをしてもらい、
張りきるAっくん。
DSC02361 (2)

よーし!
DSC02363 (3)

えいっ!
DSC02365 (3)
あれ、れ、れ、、、、、


さあ、お姉ちゃんは~?

よーし!
DSC02380 (2)

エイッ!
DSC02378 (2)
あららら、、、


プラスチックのバットを使い、
すいか「割り」というより、すいか「たたき」
でしたネ。

楽しいイベントの後は、お腹いっぱいスイカを皆でいただき、
お盆の火を焚き、花火をして、
ご先祖様も、微笑ましく見てくれていたと思います~





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆”最初のここの記事を固定して、2番目より下を更新すること度々あります”
☆”過去記事をチェックしてみてくださいませ~”

コメントのある方は、「拍手」または「メールフォーム」よりどうぞ~
(感想などいただけましたら、嬉しいです。)


名前:

メール:

件名:

本文:





関連記事

 ノリウツギ・ミナヅキ こちらも見ごろです~~♪ 



DSC02306 (3)
ノリウツギ・ミナヅキ が見ごろとなっています~


駐車場わきに移植したノリウツギが旺盛に、
DSC02308 (2)
円錐状に先端に向かって、ライム色から白へのグラデーション。
涼やかに揺れています~




夏花 レイニーブルーと。
DSC02340 (2)
とても、爽やか~


ゲラニウムとも、
DSC02189 (2)
仲良く ツーショット!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


きれいなブルーと
DSC02319 (2)
赤紫の
DSC02344 (2)
朝顔たち。

大事に大事に「VIP待遇」~

種もかわいらしい~
DSC02321_201808131644486a8.jpg


じつは、これ、Sちゃんからの預かりもの。
例のアレです。
小学1年生の夏休みにお家に持ち帰って育てる、という理科のアレです。
DSC02322 (2)

お出かけのSちゃんから「水やり」を頼まれたのです。
かなりのプレッシャーです。
枯れさせたら大変、と1日何度も様子をみてしまいます。

・・・

それにしても、理科のお勉強とはいえ、
このプラスチックの鉢と支柱の鮮やかブルーと
つなぎ目の鮮やかな黄色、
朝顔の美しさが、引きたちませんね。
芸術性からいって、いかがなものかと?
何十年も前から変わっていないのですね。苦笑



関連記事

お盆中の今 お気に入り、フロントガーデン~~♪ 

DSC02182 (2)
この猛暑のお盆中も、フロントガーデンは、
お気に入りの景色となっています~


赤、ピンク系のバラたちと
房咲きの白バラたちとが、
DSC02285 (2)
玄関アーチを フワリと包んでくれています。


中でも、目を見張るのは、
目の高さより下で咲いてくれている
プロスペリティの房咲きたち!
DSC02299 (2)
いつもの年ですと、
高ーいところでゆらゆらと咲いている白い房。
今年は、顔を上げなくっても、房たちが
たーくさん目に飛び込んで来ます!

玄関に出るたび、ニンマリ しているイブハトなのでした~♪

・・

つるバラの足元に花が咲かなくなる、というお話、よく聞きます。
でも、玄関前のこのプロスペリティは、誘引の時にある工夫をして、
6月に、下からも咲くようにしています。
(古い枝でも咲く、という性質もありますけど)
そのせいなのでしょうか?
今時期の返り咲きも下の方で多かった、というのは。

書き始めると長くなりそうなので、いつかまた。






関連記事

2階からの景色、6月~8月 変遷~~


2階からの景色  6月 バラのころ
DSC02567 - コピー (2)
6/7
早咲きのオールドローズ アッシュ・ウェンズディが満開の頃 
ピンクはER ガード ルード ジェキル


角度を横向きにしますと、
DSC02565 - コピー (2)
右側に、白のシャクヤクが見えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月中旬以降、アナベルの庭へと。
( ↑上の写真と同じ場所です)
DSC02800 (2)
7/18
2株のアナベル、大きな花の塊りを白くふわりふわりと
庭の景色を占拠。
ガクアジサイやユリたちも彩りを楽しく~


アナベルは徐々にライム色へと変わるころ、
DSC02804 (3)
7/25
その上、サルスベリがうっすらピンクへと。



右下 白のカサブランカ、、
DSC02829 (3)
7/31
ピンクピンクのサルスベリ、
ブルーのガクアジサイ、
ライム色のアナベル、

これら、大きなパーツの織り成す景色で、
毎年の夏を 乗り切ります~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは、ご存知、いつもの目線の風景です。

DSC01544 (3)
7/11



DSC01603 (2)
7/19

DSC02814 (2)
7/30


関連記事

この時期、目を惹く宿根草たち~


暑かったり、雨にうたれたり、そんな中でも、ステキな宿根草たち~

DSC01706 (2)
エキナセア グリーンジュエルは、花保ち良く、ひっそりと。
無くなりはしないけれど、増えてはくれない。悲
その後ろ、アガスターシェ ‘ゴールデンジュビリーにも薄紫の花が。


エキノプス、
DSC03999 (1)
ルリタマアザミは、強健。
邪険にしても、必ず、瑠璃色の球体が現れます。
今年初めて切り戻してみましたが、
ちょうど良い高さで、また蕾が出てきましたよ。


あちらこちらから、ひょっこり顔を見せる、
DSC01645 (2)
アストランチア


涼し気な白の斑入り
DSC02139 (2)
カリガネソウ。


葉だけでもステキなのに、
DSC02101.jpg
こんなかわいい花が咲いてくれる
フロックス クレーム ドゥ マント




関連記事

☆真夏の景色、これで乗り切ります~!


DSC02844 (3)
                                    (8/3)
猛暑で、全く庭整備はできません。
が、
ピンクサルスベリ中心の
大好きな8月の主庭が目の前に広がっています~


白のカサブランカ
ブルーのガクアジサイ、
DSC02129 (2)
グリーンのアナベルのフォルム、
右側のナチュラル(というより”野放し”)な宿根草たち、

何も手をかけずとも毎年出来上がるこの景色。
大味ではありますが、
猛暑の中の、オアシス?的 風景。


奥から振り返ってみますと、
DSC02149 (2)
はい、いつものこの場所。
アナベルの大きな球状のフォルムが何とも楽しい景色を演出!
真ん中の2個だけのピンクカサブランカも good job!



そして、エアコンの効いた家の中に入りますと、
DSC02095 (3)
はい! キッチンからはこんな風に見えます。

猛暑の夏は、この景色を見ながら乗り切ります~♪

ローメインテナンスでも、毎年元気に咲いてくれる
真夏の植物たちに、心から感謝です~!



関連記事

涼を感じる 画像~~ & さんさ~~


涼を感じる画像を~
DSC01775 (2)
ウド  
毎年恒例 あの食べる、ウドです。


キキョウ
DSC01784 (2)
うっすら紫の筋の入るキキョウは、涼し気。


クジャクシダの葉の間から顔を出したのは、
DSC01791 (2)
せり科 ミヤマトウキの花。
レースフラワーのよう、美しい~


モノトーンにして、
DSC01769 (2)
少しだけ涼しさを演出?



・・次は very hot な写真を・・

このオニユリのオレンジは正に

DSC01795 (2)
夏ーーーー!





・・・・・・・・・・・・・・さらに very very hot な写真を・・・・・・・・・・・・・・・

DSC01925_201808021044571f3.jpg

DSC02000 (2)

DSC02054 (2)

盛岡さんさ踊り初日。
暑い中、汗だくになりながら、
Aっくん、Sちゃん、無事踊り切りました~~!
ママもパパも 子供たちの成長を感じながら、
自分たち自身も、さらにお祭りを満喫したようでした。

地元のお祭りへの参加が、楽しみなライフワークの一つになる、
というのは、
人生がさらに豊かになる、ということ。

家族の繋がりが増す、
地元の人たちとの繋がりが深まる
故郷への愛、が強くなる

良いことづくめですね。

カメラとビデオカメラ2台を持つ 汗だくの追っかけも
まあ、プレッシャーを感じながら、何とか役目はこなせたかしら?
健康でいないとできない仕事。
家族がそばにいるから頼まれる、という幸せも感じながら、
健康維持も、必須。

はい、みなさま、お疲れさまでした~

さんさは、4日まで続きます。







関連記事

| NEXT≫