宿根草、彩り 増して ウキウキ~~♪ <イブハトの窓庭へようこそ~♪>

watermarked-DSC05912.jpg
(4/28)
watermarked-DSC05906.jpg

watermarked-DSC05894.jpg

watermarked-DSC05895.jpg


watermarked-DSC05835 - コピー
(4/27)
メインガーデン、
原種チューリップ、レディージェーンも咲き始め、
彩り豊かになってきました~

他には、ムスカリ、アラベラ、シバザクラ2色、プリムラ数種。

そして、
黄色や白の葉物が、庭をグッと明るくしてくれます~
わたしの庭では、目立つ黄色の花はありませんが、
黄色めの葉物は、たくさん活躍してくれています。

左側には、シモツケ・ホワイトゴールド(2株)、斑入りヤブラン、斑入りのギボウシ
右側、ツルニチニチソウ、アガスターシェ ‘ゴールデンジュビリー、
斑入りアストランチア等々




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆”最初のここの記事を固定して、2番目より下を更新すること度々あります”
☆”過去記事をチェックしてみてくださいませ~”

コメントのある方は、「拍手」または「メールフォーム」よりどうぞ~
(感想などいただけましたら、嬉しいです。)


名前:

メール:

件名:

本文:





関連記事

つくばいで 水浴びしているのは誰~?


つくばいで 激しく水浴びしているのは~~?

watermarked-DSC05786_20170425195311969.jpg



watermarked-DSC05784.jpg
はい、いつものヒヨドリでした。

このつくばいの深さは、15センチくらい。
ヒヨドリにはおぼれる深さ。
なので、
中に、大きな石を沈め、深さを5センチくらいに調整してあげています。

隣りのクリスマスローズとのツーショットで、
水浴びがより楽しそうに見えません?、



株立ちの木々や
watermarked-DSC05634.jpg
枝ぶりの面白い樹木の間にある
watermarked-DSC05672.jpg
クリスマスローズの作る景色も
watermarked-DSC05679.jpg
ナチュラル感ありで、
watermarked-DSC05669.jpg
好きです~♪


関連記事

4/23 芽吹きのメインガーデン~~♪


watermarked-DSC05775.jpg
4/23 芽吹きの メインガーデン~

木々の芽吹き 明るい黄緑色が爽やかです~

正面奥の丸い「輪っか」は
例のピンクサマースノーの写真スポットです~
うまく、花いっぱい咲いてくれると嬉しいです。

宿根草は むくむくと顔を出し、伸びてきています~
プリムラ類、ムスカリなどが咲き始め、少し、カラフルに。
原種チューリップは、もう一息。



左手前には、こんなムスカリが咲いてます~
watermarked-DSC05726_20170425085103439.jpg

ウキウキの春がやって来ました~

関連記事

雨上がりのシュンラン 尚いっそう 高貴に~~♪




watermarked-DSC05602a_20170419203734a67.jpg
雨上がりのシュンラン 尚いっそう 高貴に見えます~

シュンランが楚々と立ち上がってきました。

雨上がりの滴をまとい、
いつもより尚いっそう、高貴に気高く見えます。

父と母が愛した山野草です。


watermarked-DSC05594.jpg



関連記事

イクメンのふりをする?オスのシジュウカラ~~

☆イクメンのふりをするオス~~笑☆

奥に苔をつつくオス、手前にも苔をむしるメスが。(ちょっと分かりにくい?)
watermarked-DSC05318a.jpg

普通巣作りはメス一人の仕事。
オスは傍で何もせず、見張りだけ。

ところがところが、今年、初めて見ました。
苔をむしるオスを。

むしるだけで運びはしませんでした。
きっと、働くメスを気遣い、手伝おうと思ったのでしょう。
今どきの人間界の「イクメンのふりをする」夫、を見ているようでした。苦笑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、そして、ショッキングなことが!

☆バラの新芽をつつくシジュウカラ☆

watermarked-DSC05457 (1)

watermarked-DSC05452 (1)a

初めて見ました。
大事なバラの新芽をシジュウカラが食べるとは?
数個食べられました。
ショックでした!

その後は、そういうこともなく、平和に巣作りしています。
あれは何だったのでしょう??
ヒヨドリとか、空腹のあまり、花びら等を食べることはありますが、
よりによってバラとは!

数個であれば、まあ、許してあげましょう。
シジュウカラの子育てを見せてもらえる幸せは、
バラ咲く景色の幸せとは、別物ですから。

全滅とかでしたら、、話は別ですよ~






関連記事

石割桜 満開でした~~!


watermarked-DSC_1486a.jpg
                 (4/20 スマホ)
盛岡市の 「石割桜」
満開でした~~

下から支える 副え木がたくさんで、痛々しくも見えますが、
後ろに回って見ましたら、その勢いに圧倒されました~

観光客の方々もたくさんで、
この満開の時期に来られて、きっと大満足でしたでしょう。

人里離れた所ではなく、
官庁街の裁判所の敷地内に この「石割桜」が存在する、
ということが、その観賞価値を高めていますね。


関連記事

早春の山野草たち、次々に~


watermarked-DSC05518_201704181959291f8.jpg

ミスミソウ
大株になった ピンクや白たちが賑やかです~



ショウジョウバカマ
watermarked-DSC05543a.jpg
こちらラベンダー色は、毎年1株だけのご対面。

watermarked-DSC05544a.jpg
大事に大事にVIP扱いです~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再び、カタクリ

watermarked-DSC05426.jpg

花を下からのぞき込みますと~

watermarked-DSC05431.jpg

何やら、別の花の模様が見られます。


watermarked-DSC05550a.jpg

これは密標(みつひょう)と言うらしいです。
虫たちに密のある場所を教えるためのもののようです。




関連記事

イチゲたちをバックに、クリローが~~♪


watermarked-DSC05566a_201704181938494a9.jpg

ごくごく フツーのクリスマスローズですが、
早朝のイチゲたちをバックに
素敵なシーンを演出してくれます。


関連記事

真っ白の絨毛運んで、巣作り完成間近~

シジュウカラは、
真っ白な絨毛(犬の毛?)を運び込んでいます。
もう、1週間以上も。

watermarked-DSC05371 (2)

苔を 箱の隅々まで5cmくらい積み上げたあと、
最後は、ヒナたちのため、
ふっかふかの白い絨毛を敷き詰めます。

完成間近と思われます。

抱卵までもうすぐでしょう。そっと見守っています~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


苔を運ぶシジュウカラ、
普通、ダイレクトに入ることが多いのですが、
watermarked-DSC05306a.jpg

訳ありで、立ち止まり、
羽を広げ、その模様が良く見えてる瞬間です。

訳ありとは、
くわえた苔が多すぎて入れず、入り口に何度も頭をつっこみ、
苔が少しずつ落ちて、やっと入れる大きさになった直前のショット。

見ていると笑えます~
「あなたね~、欲張りすぎでしょ~!」と。


関連記事

福島 花見山公園 満開でした~✿


福島 花見山公園 満開でした~✿

watermarked-DSC02019a.jpg

福島駅から車で10分ほど
花見山周辺の里の美しい原風景、
初めてこの目で確かめることができました~

watermarked-DSC02072a.jpg



写真家の故秋山庄太郎氏曰く 「福島に桃源郷あり」と。

ここは、桜だけでなく同時期に咲く様々な春の色が混じり合い、
里と、向かい合う里山通しが美しい景色を創り上げていました。

今までたくさん桜の名所を訪れていますが、
花見山では、これまでとは違う、独特の感動に包まれました。

watermarked-DSC02045a.jpg

これからまだ1週間は見ごろが続くそうです。

行かれる方は、スニーカーがいいと思いますよ。

関連記事

「山野草の聖域」に カタクリが楚々と佇む~♪


watermarked-DSC05433a.jpg
カタクリが

watermarked-DSC05436 (2)
楚々と佇む~


・・・・・

斜面であること。
watermarked-DSC05392 (2)

石があること。
watermarked-DSC05393 (3)

等が、ナチュラルさを演出していると思われます。

watermarked-DSC05404 (2)

本来の自然界では、ありえない景色でしょう。


この大好きな心安らぐ景色を前に、
「山野草の聖域」を守り、育ててきたかいがあった!
と納得。

とは言うものの、実は、ほとんどローメインテナンス。
肥料無し、植え替え無し。

直射日光の当たらない半日蔭で、バラや宿根草の肥料が流れ込まない、
という所を選び、
生育旺盛なものは、調整し、弱いものは、目をかける
という程度のお世話だけ。

何と手のかからない、理想的な植物でしょう。
難しいバラとは大違いです~




関連記事

イチゲたち、凍えちゃう~!


今朝は、雪。

watermarked-DSC05461.jpg
(4/13)
寒そうにも見えますが、
クリスマスの時期に咲く?クリスマスローズには、
この雪が、どことなく似合っているようにも見えます~


こちら、カタクリ、イチゲたちは、
watermarked-DSC05467.jpg
まいりました!
凍えちゃう~!
という感じでしょうか?苦笑

関連記事

春の妖精たちのいる風景~~♪


カタクリのある この春の妖精たちの作る風景、
日に日に、魅力が増してきています~
watermarked-DSC05400a (2)
                                  (4/11)
風に 優しく、可愛らしく、揺れるさまが
また、心洗われるような風情です~

そして、この色あいが、わたしの庭の原点! 


関連記事

カタクリが ゆるゆると開き始めています~

watermarked-DSC05341a.jpg
カタクリの花びらが、ゆるりと、開いてきました~♪
きっと明日には、花びら全てが、真上に反り返り、
ご存じ、これぞカタクリ! の形となることでしょう。

ミスミソウのピンクや白も可愛らしく咲き始めています。
今年は、白のアズマイチゲが目立ちます。
(見えている白は、キクザキイチゲですが)


関連記事

| NEXT≫