FC2ブログ

スノードロップ、悲しき運命~~ <イブハトの窓庭へようこそ~♪>

DSC04255 (2)

先日アップしました
スノードロップの開花を
心待ちにしておりましたが、

残念なことに、
お腹を空かせた鳥?(たぶん「ヒ」のつく彼?)に例の如く
花びらを食べられたり、球根を引き抜かれたりし、
見るも無残な状況となっておりました。

球根は埋め戻し、
花だけ2個、家の中へ。

DSC04259 (2)
汚れた土をはらい、きれいにし、
小さな藍色の器に水をはり、
2個浮かべてあげましたなら、

とてもステキな花モデルさんに変身~!

奥の花びらは、食いちぎられ半分になっているにもかかわらず、
そんなハンディはどこへやら?
二人とも、嬉しそうにポーズをとってくれたのでした~^^


お庭のスノードロップ辺りには、
まだまだ、これから伸びる花茎も複数ありますので、
そちらに期待いたしましょう。




・・・・・・・・・・・・・

☆”最初のここの記事を固定して、2番目より下を更新すること度々あります”
☆”過去記事をチェックしてみてくださいませ~”

コメントのある方は、「拍手」または「メールフォーム」よりどうぞ~
(感想などいただけましたら、嬉しいです。)


名前:

メール:

件名:

本文:





良いお年をお迎えください~~♪


DSC00965 (2)
                         (2018・6月)
2018年、「イブハトの窓庭」に
立ち寄ってくださった皆さま、
ありがとうございました~~♪

良いお年を お迎えくださいませ~~♪



鉢バラは玄関ポーチに移動、そしてナチュラルに~~♪


DSC02055 (2)
                             ( アンブリッジ・ローズ 8/2)
鉢バラは、少しでも花保ちをよくするため、
高温の日なたを避け、
日陰の玄関ポーチへ移動。

DSC02303 (2)
                        (あおい 8/13)
雨での花痛みも避けられ、
何より、玄関内が、とっても華やかになります~

DSC02225 (2)
                               (カリオペ 8/10)
重い鉢の移動は腰を痛めますので、
軽いプラ鉢を使用。


DSC02264 (2)
                      (ベルベティ・トワイライト 8/11)
鉢の色はダークブラウン系の暗色が重宝。

DSC02298 (4)
手前に、浅めの鉢に植えたホスタ類を並べて、
さりげなくバラのプラ鉢を隠し、

DSC02730 (3)   DSC02731 (2)
しかも、鉢の上には、斑入りアメリカヅタやヘデラのミニ鉢を置き、
葉を枝垂れさせ、
鉢をできるだけ目立たないよう工夫。

オープンガーデンにいらした方々、
どうして、アメリカツタ、あちこちに置いてあるの?
と思われたのでは?
そういうわけなんです。
まあ、隠しているつもり?と自己満足なだけなんですけどね。


そういう目で見ますと、
DSC02730 (3)1
(2018・6月)
浅い鉢に植えられたホスタ類、フウチソウ、アスチルベ等々の葉物が、
たくさん有ることに気が付きますでしょ?
じつは、後ろに置くプラ鉢を隠すことも兼ねた、一石二鳥の葉物たちなのでした~~

ただ、
この方法は、わたしのような一般ガーデナーの庭では〇でしょうが、
プロの方からは、ダメだしでしょうねぇ~💦


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/18
甲子園、準々決勝
お隣 秋田の金足農業ー近江高校の試合。
劇的!
2ランスクイズ、サヨナラで、金足農 が勝利!

興奮しましたーー!
優勝旗を東北に!

それにしても、今年の甲子園夏100回大会は、
最終8.9回にドラマがあり、目が離せません!
面白い!
(酷暑で気の毒なところはありますが・・・・)






2階からの景色、6月~8月 変遷~~


2階からの景色  6月 バラのころ
DSC02567 - コピー (2)
6/7
早咲きのオールドローズ アッシュ・ウェンズディが満開の頃 
ピンクはER ガード ルード ジェキル


角度を横向きにしますと、
DSC02565 - コピー (2)
右側に、白のシャクヤクが見えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月中旬以降、アナベルの庭へと。
( ↑上の写真と同じ場所です)
DSC02800 (2)
7/18
2株のアナベル、大きな花の塊りを白くふわりふわりと
庭の景色を占拠。
ガクアジサイやユリたちも彩りを楽しく~


アナベルは徐々にライム色へと変わるころ、
DSC02804 (3)
7/25
その上、サルスベリがうっすらピンクへと。



右下 白のカサブランカ、、
DSC02829 (3)
7/31
ピンクピンクのサルスベリ、
ブルーのガクアジサイ、
ライム色のアナベル、

これら、大きなパーツの織り成す景色で、
毎年の夏を 乗り切ります~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは、ご存知、いつもの目線の風景です。

DSC01544 (3)
7/11



DSC01603 (2)
7/19

DSC02814 (2)
7/30


☆真夏の景色、これで乗り切ります~!


DSC02844 (3)
                                    (8/3)
猛暑で、全く庭整備はできません。
が、
ピンクサルスベリ中心の
大好きな8月の主庭が目の前に広がっています~


白のカサブランカ
ブルーのガクアジサイ、
DSC02129 (2)
グリーンのアナベルのフォルム、
右側のナチュラル(というより”野放し”)な宿根草たち、

何も手をかけずとも毎年出来上がるこの景色。
大味ではありますが、
猛暑の中の、オアシス?的 風景。


奥から振り返ってみますと、
DSC02149 (2)
はい、いつものこの場所。
アナベルの大きな球状のフォルムが何とも楽しい景色を演出!
真ん中の2個だけのピンクカサブランカも good job!



そして、エアコンの効いた家の中に入りますと、
DSC02095 (3)
はい! キッチンからはこんな風に見えます。

猛暑の夏は、この景色を見ながら乗り切ります~♪

ローメインテナンスでも、毎年元気に咲いてくれる
真夏の植物たちに、心から感謝です~!



★★動きます~!2018年6月オープンガーデンも! 動画もレベルアップ??★★



2018、6月 バラ時期の動画編集してみました~
昨年より、動画の腕、レベルアップ! ←自己評価 苦笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


                    2”30

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前半、メインガーデンは6/14
バラのピークより少し遅く、クレマチス旺盛な時期になっています。
夕方のきれいな光の中で、撮れました。
歩きながら撮るのは初めてのこと、
お見苦しいところは大目に見てくださいネ。

後半、玄関前は 6/10
メインガーデンの時と 明るさ、光は全く違います。

満開ドンピシャのその時と、お天気の状態と、二つがグッドタイミングで
撮影できる(または写真が撮れる)、などということは、
その時の運だけ、ですものね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープン時にいらしてくださいました方々、
つたない動画ですが、楽しんでいただけましたでしょうか?
この動画の時期よりも早くいらした方、遅れていらした方、
それぞれ違った感想を持たれたかもしれません。
バラやクレマチスは少しずつ時期がずれて咲きます。
全てを楽しめるのは、ごめんなさい。ふふふ わたしだけ~!(笑)

このブログだけを見てくださっている方々には、
(昨年の動画もありますが、
今年は別の場所も映っています。)
また、少し違うイブハトの庭の雰囲気が伝わりましたでしょうか?


動画編集などということ、この年齢になって始めるとは思ってもいませんでした。
何事もチャレンジですね。
もう少し、腕を磨きたいものです。
でも、昨年より、少しは画質も良く、見やすくなっていますでしょ?


最後まで
見てくださいまして、ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真での2018のまとめより、
動画のほうが先にできてしまいました。
写真のほうは いつになりますことやら~~?







キッチン窓から 至福の時間~♪





DSC01598 (2)
大窓、とりわけキッチン窓のカーテンを開けるのが、
毎朝楽しみな時期となっています~

そして、キッチン仕事も、庭景色を見ながらルンルン気分でできます。
至福のひとときです~



外に出て、奥から見ましても、
DSC01603 (2)
アナベルのフワフワ・モクモク感漂う 
花とは思えないような大きな球体の連なるフォルムが
異空間を創り出し、
そこに、カラフルな色が加わり、
(クガイソウの葉のフォルムもいい味出してます)
何とも、面白ポップなガーデンに変身しています~

6月のしっとり感あるバラ庭とはうって変わって、
暑さを忘れさせてくれそうな、
ウキウキした楽しい庭、となっています。

こういう景観も いいものです~~

(アナベルは、雨等でかなり傷んでいますが、
遠くから眺める分には、支柱効果で?まだまだ充分耐えられます~)
   


| NEXT≫