なんと、10羽も! 無事巣立ちました~♪


昨日 5/26 夕方、感動の巣立ちでした!!

watermarked-DSC06702 (2)
日中、シジュウカラのヒナが、丸い入り口から初めて顔を見せ始め、
薄暗くなってからの巣立ちが始まりました!

1羽、2羽、3羽、4羽、5羽、6羽、 と順調にスムースに飛び立ち、
7羽目の子が、ビクビクして思いきれない様子。躊躇すること数分。
何とか勇気をもってエイッと飛び出し、この子が最後かと思いきや、
8羽、9羽、
え~~~~っ!新記録 
10羽!!

狭い箱に、10羽もいたのですか?信じられません!
今までの最高は、9羽でした。


庭の中でカメラに収めることのできたのが、この子だけ。
watermarked-DSC06722 (2)
ヒバの枝につかまるのもおぼつかない感じ。

watermarked-DSC06719 (2)

普通は、朝とか、日中の巣立ちがほとんど。
こんな暗くなってからの巣立ちは初めてで、
餌をもらえないまま一晩過ごさなければいけませんし、
おまけに夕べは冷たい雨。
10羽、元気そうに巣立ちはしましたが、
一晩無事にバラバラにならずに朝を迎えることができるのか、とても心配でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次の日の早朝


幼鳥の声は数羽確認しました。
watermarked-DSC06733 (2)
1羽だけは、近所の塀の上で親鳥がエサを持ってきてくれるのを待っていました。
「チチチッ チチチッ」と控えめに親鳥を呼びますが、
親鳥までは聞こえないようで、なかなかやってきません。
「もっと大きな声で何回も呼べばいいのに。」とか、
「この臆病な感じ、この子、ひょっとして、あの7番目の子~?」とか。

その後、見えないところに飛んで行ってしまいましたが、
無事に大きくなってくれることを願うばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


幸せな2か月間でした~
4月の苔運び獣毛運びから始まり、
抱卵、ヒナ誕生、親鳥のエサ運び、そして、クライマックス10羽の巣立ち!

今年も貴重な子育てをつぶさに観察できました。
観察、というより、もう、家族の一員、という感じです。
夫と共に、鳥の気持ちになり、鳥語で会話し?

ヒナ用の牛脂も毎日ミニバケツに追加、
watermarked-DSC06687 (2)
ヒマワリの種も1日に何度も与え、
少しでも親鳥の子育てがスムースにできるよう、できうる限り協力してあげました。

人間界も同じ。
家族皆で協力し合って、子育て応援の日々です。
人間は、巣立ちまで、何年もかかりますけどね?笑



巣立ちまで あと数日でしょう~


シジュウカラのパパ、ママ、は子育てに大忙し!
早朝4時過ぎから、暗くなる直前の7時過ぎまで、
ほとんど休みなしで、ヒナたちへのエサ運びです!

watermarked-DSC06378 (2)
こちらは、ヒナの糞をくわえて運び出すところ。
常に、巣の中を清潔に保ちます。

ヒナたちの「ピーピー、ピーピー」の声を聞きながらの毎年の庭仕事は、
中のヒナの様子を想像し、わたしだけの特別な貴重な時間。

無事に巣立ってくれることを願うのみです~


watermarked-DSC06370 (2)
親鳥がエサをくわえて、巣箱に入る瞬間。





どんなエサなのか、興味あります?
巣箱の前に、止まり木となる場所を用意し、
くわえているエサを撮ってみました。

拡大できます。(ピンボケですが)
watermarked-DSC06549 (2)
watermarked-DSC06532 (2)
watermarked-DSC06509 (2)

このあと、昆虫も運ぶようになっていましたが、
そうそう、撮れるものでもありません。
わたし、1日、24時間では足りなくなってきていますから。



わたしの計算では、あと数日で巣立ちを迎えることになるでしょう。
巣立ちのその瞬間に立ち会えますように。

動画を撮ってみます?
でも、アップの仕方、忘れてしまいました。できるかしら?


ヤマガラたち つかの間の休息~~


watermarked-DSC06255a.jpg
子育て中のヤマガラ夫婦、

watermarked-DSC06255aa.jpg
つかの間の 休息~~
ふぅぅぅ~~~

ホーホケキョ~♪ 珍しいお客様に癒されています~


”ホーホケキョ~♪”
 ”ホ~ ホ~ケキョ♪”

このごろ、連日、毎日、この声に、癒されています~~♡

watermarked-DSC05793.jpg

ブログでこの声をお届けできないのが、残念!
どこかの別荘地にでもいるよう~♪

ウグイスの姿は、ほとんど見つけることはできないのですが、
素晴らしい歌声は、町内中に、響いています~♪

ご近所さんとのご挨拶も、「ウグイスがね~~・・・・・・」で、始まります~

写真のウグイスは、
たまたま、室内の大窓から見え、とらえることができました~




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらも珍しい、コムクドリ

watermarked-DSC05870_20170430200425a7b.jpg

つがいで現れました~


イクメンのふりをする?オスのシジュウカラ~~

☆イクメンのふりをするオス~~笑☆

奥に苔をつつくオス、手前にも苔をむしるメスが。(ちょっと分かりにくい?)
watermarked-DSC05318a.jpg

普通巣作りはメス一人の仕事。
オスは傍で何もせず、見張りだけ。

ところがところが、今年、初めて見ました。
苔をむしるオスを。

むしるだけで運びはしませんでした。
きっと、働くメスを気遣い、手伝おうと思ったのでしょう。
今どきの人間界の「イクメンのふりをする」夫、を見ているようでした。苦笑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、そして、ショッキングなことが!

☆バラの新芽をつつくシジュウカラ☆

watermarked-DSC05457 (1)

watermarked-DSC05452 (1)a

初めて見ました。
大事なバラの新芽をシジュウカラが食べるとは?
数個食べられました。
ショックでした!

その後は、そういうこともなく、平和に巣作りしています。
あれは何だったのでしょう??
ヒヨドリとか、空腹のあまり、花びら等を食べることはありますが、
よりによってバラとは!

数個であれば、まあ、許してあげましょう。
シジュウカラの子育てを見せてもらえる幸せは、
バラ咲く景色の幸せとは、別物ですから。

全滅とかでしたら、、話は別ですよ~






真っ白の絨毛運んで、巣作り完成間近~

シジュウカラは、
真っ白な絨毛(犬の毛?)を運び込んでいます。
もう、1週間以上も。

watermarked-DSC05371 (2)

苔を 箱の隅々まで5cmくらい積み上げたあと、
最後は、ヒナたちのため、
ふっかふかの白い絨毛を敷き詰めます。

完成間近と思われます。

抱卵までもうすぐでしょう。そっと見守っています~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


苔を運ぶシジュウカラ、
普通、ダイレクトに入ることが多いのですが、
watermarked-DSC05306a.jpg

訳ありで、立ち止まり、
羽を広げ、その模様が良く見えてる瞬間です。

訳ありとは、
くわえた苔が多すぎて入れず、入り口に何度も頭をつっこみ、
苔が少しずつ落ちて、やっと入れる大きさになった直前のショット。

見ていると笑えます~
「あなたね~、欲張りすぎでしょ~!」と。


抜き足 差し足 忍び足~~この時期の庭仕事 


今年も、抜き足差し足忍び足~~
の季節がやってまいりました~

watermarked-DSC05254a_201704051614053dc.jpg
シジュウカラたちの恋のクライマックスの時期です。

彼らの恋路の邪魔をしないよう、
彼らの甘ーい、甘ーい、甘ーい愛のささやきが聞こえますと、
わたしは庭仕事を中断し、腰を低くしたまま
そーっとその場から立ち去るのでした。

あれこれ迷ったあげく、ラベンダーラッシー&メアリー誘引の
こちらの巣箱に決めたようです。





わが家の庭の苔を剥ぎ、くちばしにくわえて、上の巣箱に運び込んでいます。

DSC05250.jpg
ミニバラの小枝が写っていますね。
あ~~っ!
ここは大事な大事な赤のミニバラの庭石の上です。大汗

コクリュウもシルバードラゴンも植えこんであります~


watermarked-DSC05207.jpg
この美しい苔と石の景色も、
穴ぼこだらけにされるのは、時間の問題です~

でも、シジュウカラたちの子育て奮闘の様子を
大窓からつぶさに観察できる幸せは、何物にも代えがたいものがあります。


なーんて言いながら、
抜き足差し足忍び足での庭仕事を強いられ、
作業が思うように進められなくなりますと、

「ここは、わたしの庭ーーーー!!」

と彼らに向かって、大きな声で言いたくなります!







| NEXT≫