FC2ブログ

2度目の巣立ち、寂しさ つのる~~


DSC05442 (2)
先週、あのシジュウカラのヒナたちは、無事、巣立ちました。
その瞬間を見てはいませんが、

飛ぶのが下手な赤ちゃんなので、「おっとっとっと・・・」
DSC05455 (2)
と、うまく枝につかまれずに四苦八苦していたり、

電線につかまり、親鳥がエサを運んでくれるのを
DSC05459 (2)
じーーっと 不安げに待っていたり、、、、

巣立ってからも、大きくなるまで色々な試練があることでしょう。
無事乗り切り、また庭に遊びに来てほしいものです。

静かになった庭は、寂しさいっぱい。



ヒナ、卵から孵ったみたい~~


ついに シジュウカラのヒナが誕生~!
DSC05393 (2)
シジュウカラの親が 先ずは ツリバナの木の枝にとまります。
(下に紫のクガイソウが見えますネ)

口に、青虫らしきエサをくわえているのが分かります?
DSC05390 (2)


そして、巣箱そばのモクレンの枝にとまります。
DSC05375 (2)

様子をうかがいながら、

DSC05363 (2)
ひょいと ヒナの待つ巣箱へ。

(ツリバナの青い実が、プランプランとぶら下がっているのが見えますネ!)

エサをあげると、
DSC05387 (2)
すぐさま、また、エサ探しに
Goー!

これから、どんどん忙しくなりますね。
子育て、がんばって!!

・・・・・・・・

オープンガーデンにいらした皆様方に、
「お静かに。」
と卵を温めているメスを刺激しないようご協力いただきました結果、
無事、孵化に至ったようでございます。

良かったですネ。
ホッといたしました。


10羽?元気に巣立ちました~~~♪


DSC06680 (3)
巣立ったばかりのシジュウカラの赤ちゃんです~
アニメのような可愛らしさです。
始めて見る外の世界に、キョロキョロ~~


親が誘導して、順序良く巣立つ、というパターンとは違い、
今回は、ある1羽のフライングから 始まりました。
いつもでしたら、巣立つのは朝。
ところが、昨日(5/23)昼過ぎ、その事件は起きました。
親たちがエサを探しに出かけている間、ある 1羽の元気のよい子が、
巣箱の丸い出口から、外の世界はどんなかな?と、のぞいているうち、
ヒョイッ とはずみで?押されて?フライング!
続いて2羽、3羽と出てしまい、
4羽目の時、やっとママがエサをくわえて、屋根へ。↓
DSC06663 (3)
(見えているバラの蕾はラベンダーラッシー)

「え~~?どうしちゃったの?もう、出ちゃったの?」
と親はパニック!
エサを与えるどころではありません。
何羽出て、何羽残っているのかも分かりません。
パパも、「ちーちー」という子供の声をたよりに
慌てた様子で あちこち探し回っています。

DSC06676 (3)
躊躇せず すぐ飛び出す子もいれば、
臆病でなかなか決心がつかず、顔を出したり引っ込めたり、という子も。
人間世界といっしょ。
親は、飛び出した子にエサをあげたり、巣箱の中の様子を見に入ったり、
ドキドキしながらも、子を守ろうと必死!
なんとか10羽?全員無事巣立ったみたい。
その後、わが家の庭からお隣さんへ大移動。
これから、広い世界で、数週間親からエサをもらいながら、
そして、一人立ちの練習をしていきます。
また、わが家の庭に全員で遊びに来てネ~

・・・・

ヒナたちがお隣へ移動してすぐ、巣箱周辺のつるバラの作業に入りました。
黒点病が始まり、蕾は虫にやられ、悲惨な状況!
大小の脚立2個を出し、さっそく、風通しを良くするためいらない葉をむしりとり、
2m前後の風は吹いていましたが、
明日まで待てませんでしたので、殺菌殺虫の消毒開始。
ポンプを肩に、葉の裏表、蕾、を念入りに。

いつもより花数は少なくなって(特にアイスバーグ)寂しくなるかも?

でも、シジュウカラたちの巣作り、抱卵、子育ての様子を
つぶさに連日見ることができた幸せを思えば、
多少花数が少なくなろうと、、、、、


鳥たちと春の花々~~





DSC04605.jpg
きれいに咲きそろったボケの花の蜜を求めて、

ヒヨドリが来ます。5/6
DSC06385.jpg


・・・・・

イチゴの白い花と、チューリップの赤と、ムスカリの紫 
DSC06412 (2)
の春の花々を
水浴びしながら見つめる ヤマガラ。

・・・・・

クリスマスローズに囲まれたつくばいに
DSC06138 (2)
水を飲みにやってきた カワラヒワ。

・・・・・・


左下 アジュガの紫の花、クレマチスの蕾の傍らで
DSC06451 (2)
水浴びする メジロ。

つがいでやってきて、仲良く水浴び。
DSC06173 (2)

DSC06170 (2)

DSC06167 (2)
クリクリの目が、愛らしくてたまりません。

・・・・・

以前お伝えしましたウグイスは、
相変わらず、毎日毎日、ホーホケキョ~♪ と美しい声で
町内で鳴いてくれています~
癒されています~~



シジュカラ夫婦、餌やりで大忙し!


ヒナが孵り、親鳥は大忙し!
DSC06213 (2)
虫のエサをひっきりなしに運ぶ親鳥たち。

DSC06213 (3)
虫、くわえているのが分かりますでしょ?




1分おき位に、巣箱に入っては、
DSC06258 (2)

ヒナの白い糞をくわえて、出てくる、
DSC06224 (2)
という繰り返し。


八重桜のピンクを背景に、繰り広げられる
連日の子育ての様子を
DSC06388 (2)
悠長に、わたしたちは、大窓から観察。

毎年、思うこと。
あ~~、中をのぞいてみたい!
何匹いるのかしら?

中は、こんな感じかしら?
watermarked-DSC02074 (2)
と、数年前に羊毛フェルトで作った口を開けるヒナたち。
今も、大切に飾ってあります。



ウグイスは ウグイス色ではないんです~!


DSC06068 (2)
(4/26)
毎朝、「ホーホケキョ♪」と
近所でさえずるウグイス。

やっと、わが家に来庭。

DSC06095 (2)
声はすれども、姿は見えず、
というのがウグイスの生態ですが、

カエデから出るシロップをなめている様子を
カメラで捉えることができました。

DSC06099 (2)
いわゆる ウグイス色ではないですね。
でも、クリクリお目目が可愛らしい~!

毎朝、
「ホーホケキョ!」
が聞こえるなんて、どこか高原のペンションにでもいる感じ!
明日も来てね~


10連休はどこにも出かけませんが、
集まる家族と、別荘にでもいるつもりになって、楽しむことにいたしましょう~~


シジュウカラの巣作り、急ピッチ~~!


DSC05908 (2) - コピー
京都から帰りましたら、シジュウカラが、
ラベンダーラッシーのパーゴラに付けています巣箱に
苔を運んでいました~~♪

感激!!!

我が庭の苔を運び、
あちこち穴ぼこだらけになりますが、
DSC05896 (2) - コピー
シジュウカラの賢明な子育てを
2か月近く見られる幸せに比べましたら
穴ぼこなど、かわいいもの!

初めて昨年、子育てを見られず、極度の寂しさを経験。
それだけに、今年への期待は膨らみます。

最後、苔のベッドの上には、ふかふかの白の獣毛を敷き詰めます。
DSC05985 (2) - コピー
くちばしにくわえているのがわかりますでしょ?

毎年の七不思議。
犬を外で飼うお宅がかなり減っているこのごろ、
どこからこの獣毛を見つけてくるのでしょう???

DSC05979 (2) - コピー
知っている方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。


ここ数年、シジュウカラが巣に運び入れる材料の一つに、
これ↓
DSC05921 (2)
ガーデニングで使っています、ココヤシの繊維(ココヤシファイバー)。
数年経って、少し、軟らかめになっていて、
お気に入りのようす。

色んなものを取り入れるのですね。
ヒヨドリとか、ビニールテープを使っていますものね。


庭主は、予定ビッシリで、お庭に入る時間もなく、
シジュウカラにとっては、静かな環境で巣作りができる良い条件。
抱卵が始まるまでは、わたしも、静かに見守ってあげようかしら?
寒い日が続き、植物の動きもかなりゆっくり。
ということを理由に、庭以外のことに専念している日々なのでしたーー

・・・・

Aっくんがシジュウカラの名前を覚え、
「あっ!シジュウカラが来た!」
「あっ! (巣箱に) シジュウカラが入った!」
と、観察しています。
4歳の子が「シジュウカラ」と言えるって、すごいと思いません?

でも・・・
「あの鳥、なんて言うの?」
と指さした先はーー
「スズメ」
でした。大汗

わが家では、シジュウカラのほうが、ポピュラーなんですもの。



| NEXT≫