FC2ブログ

大窓が、金色(こんじき)に染まる~~☆


DSC05205 (2)
                            11/27
1週間ぶりに大窓の景色を見た Sちゃん、
「わっ!全部 黄色に変わってるーーー!!」
と大感激!

光が当たりますと、まさに”金色!”(こんじき)


Sちゃん、下をのぞき込み、

DSC05215 (2)
「わぁ~、下も黄色~!」
と観察心 旺盛。


・・

光のない時は、また、違って見えます。
DSC05204 (2)
しっとりと落ち着いた 絵画のよう~


・・・・・


10日前の
DSC05134 (3)
11/17 秋の窓景色と、


5か月前、初夏の6/7の窓景色を
DSC02555 (2)
並べてみました。

大窓から、
広葉樹を含む、四季の移り変わりを楽しんでいます~

ローメンテ、と言いながらも、
これから落ち葉のお掃除がたーいへん!


干し柿が、温もりの庭景色を演出~~♪


DSC05155 (2)
                  11/23
つるバラの葉の向こうの、
このオレンジ色の景色を目にして、
つばゴックン、とともに、
心が温まりますね~~



ウッドデッキの横板に細工をして、
干し柿を吊るしました~
DSC05147 (2)


実家の近所のおじさんから、
「家に吊るしなさい。美味しくなるよ。」と
皮をむき、ビニール紐で結び、もう吊るすだけとなった
「柿のれん」を7、8本いただいたのです。

DSC05153 (2)

昔、昔、実家の父も、
家の柿の木の柿で、毎年作ってくれていましたので、
とっても懐かしくもあり、
温もりの風景を思い出します。


窓から見えるところに吊るしましたので、
干し柿大好きのAっくんたち、
ガラス越しに、つばゴックン、となることでしょう。
でも、食べられるようになるまでは、ま~だまだ!!


・・・


それにしましても、
6月は、このつるバラの景色を楽しみ、

DSC00349_20181123195652e5f.jpg

同じ場所で
11月には、「和」の干し柿景色を楽しむ。

というこの「華やかなバラ」あり、「趣の和」あり、の庭景色。
1年を通してアンバランスな感じはしますけれど、
わたしの中では、お気に入り!
どちらも楽しめる庭が理想。
欲張りかしら?

日本人ですから。
「和」の風情を感じていたい。
心がしっとりとして落ち着きます。



大窓からの紅葉景色が 日々変化します~~♪


DSC04961 (2)
例年の如く、
大窓からの景色の日々の変化に驚かされています。

大カエデの真後ろが、まるで燃えているよう!


・・・・


入り口ドアのカットガラス越しの景色も
DSC04970 (2) - コピー

面白い!

DSC04966 (2) - コピー
ガラスマジックです~


・・・・・

キッチン窓からも、
DSC03103 (2)
アナベルの時期同様、
毎朝毎朝、カーテンを開けるのが楽しみな
秋景色が目に飛び込んできます。



こちらは、サニタリーの窓。
DSC03447 (2)
シャラノキが紅葉し始めたころ。
普段は下の部分はカーテンを閉めたまま。
この時だけは、カーテンを開けたくなります。


大窓からの 9月の景色は~


DSC02796 (3)
                      9/11夕
9月の 大窓からの景色は、
何といっても、目立つのは、右側の黄色!
まだまだオミナエシは元気です。
お花が少なくなる今、この黄色群に 助けられている感があります。、

・・
(右下にチラッと写っている赤丸二つ、何か わかります~?
フフフ、これだけでわかる人はすごい!
アンパンマンのぬいぐるみの鼻とほっぺの赤でしたー!)
・・

DSC02806 (2)
正面から。     9/12朝
こちらにもアンパンマンが真ん中下に寝ています!笑  


オミナエシのそばでは、アガスターシェ・ボレロが
DSC02594 (2)アガスターシェ・ボレロ
彩りを添えています。


正面の大カエデの枝には、今も毎日、
DSC04314 (3)
シジュウカラの子供たちがエサを食べにやって来ます。
もう親とは別行動の時が多く、
もうすぐ、一人立ちの時がやってくるのでしょう。




サルスベリも咲き始め、ベタな3色ですが・・・・



DSC01668 (2)
ありきたりの、3色。

黄と (ユリ)
ブルーと (背景のガクアジサイ)


最近咲き始めたサルスベリの
DSC01702 (2)

ピンク。



左下の黄、右下のブルー、上のピンク
DSC01704 (2)

この いわゆるベタな組み合わせ3色の 大三角形が、
大窓景色の広い面積を占め、

エアコンの効いた涼しい家の中から
猛暑を忘れさせてくれる、庭絵画となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの猛暑と申しましても30度程度です。
35度越えの南のほうの方々、
くれぐれもご無理なさらないよう、
お気を付けくださいませ。



キッチン窓からの至福の時間~~ その季節到来~♪


                      (カテゴリの関係で 同じ記事が続いています)

DSC01598 (2)
大窓、とりわけキッチン窓のカーテンを開けるのが、
毎朝楽しみな時期となっています~

そして、キッチン仕事も、庭景色を見ながらルンルン気分でできます。
至福のひとときです~



外に出て、奥から見ましても、
DSC01603 (2)
アナベルのフワフワ・モクモク感漂う 
花とは思えないような大きな球体の連なるフォルムが
異空間を創り出し、
そこに、カラフルな色が加わり、
(クガイソウの葉のフォルムもいい味出してます)
何とも、面白ポップなガーデンに変身しています~

6月のしっとり感あるバラ庭とはうって変わって、
暑さを忘れさせてくれそうな、
ウキウキした楽しい庭、となっています。

こういう景観も いいものです~~

(アナベルは、雨等でかなり傷んでいますが、
遠くから眺める分には、支柱効果で?まだまだ充分耐えられます~)
   






雨の日は 室内から庭を眺める~



DSC01395 (2)
                  7/4
猛暑は一段落しましたが、雨が続いています。
雨の日は、窓からの景色 「窓庭」 が大活躍!

↑上の写真はウッドデッキの窓から。
大株となった二つのアナべルが見られます。


大窓左、キッチン窓からは、
DSC01389 (2)
アナベルが大写しで、常に見ていられます。
雨で全体の形は乱れていますが、倒れることもなく、安心です。
右隅、ブルーのガクアジサイも次から次へと
色づき始めています。


大窓右からは、
DSC01388 (2)
大カエデの向こうの、
スモークツリーの3鉢が景色を明るく楽しいものにしてくれています。


2株のアナベル間の赤紫のユリ、膨らんできました。
DSC03919 (2)
白ばかりの落ち着いた世界に、
わたしの庭では珍しい、ハデハデ感たっぷりのユリの赤紫色が加わりますと、
また別の世界へと連れて行ってくれます~~
今からワクワクです~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猛暑の間、
涼を運んでくれたのは、「白」の植物。

DSC01345 (2)
カワラナデシコ 白

DSC01323 (3)
アストランチア


DSC01352 (2)
カンパニュラ、アイボリーベルズ・



DSC01387 (2)
夏ツバキ


| NEXT≫