6/10前後のバラ、クレマチス



DSC00313 (2)
6/11 フェリシア

DSC00427 (2)
6/12

DSC00288 (2)
6/10

DSC00064 (3)
6/9
ダナエ




クレマチスが続々と咲き始めています~~



DSC09227 (2)
パテンス系 マーキュリー 

クレマチスが続々と開花しています。


DSC09217 (2)
パテンス系 左、フラウ・スザンネ
2個だけしか咲いてくれないのは寂しい~
右 ローラン




DSC09221 (2)
フロリダ系 茜
庭石の水場周りに低く誘引したフロリダ系が、こんなに早く咲くとは?
バラの時期には、他のクレマチスが咲いてくれるでしょう。


DSC09231 (2)
パテンス系 シルバームーン
この淡いパープル、好きです~


ドキリッとします! ジャクリーヌ・デュ・プレ開花~~~



DSC09105 (4)
ジャクリーヌ・デュ・プレが1個だけ開花!

ドキリッとしますね!

DSC09115 (4)
純白の花びらのふわふわ感と、
蕊の黄と、その中心の赤との
その絶妙なバランス!

美人薄命という言葉通り、
昨日の朝に開き、今日の夕方には、もうくたびれていました~

でも蕾がまだまだありますので、また、ドキリッとする瞬間に出会えるでしょう~




バラ、開花 第1号は?



DSC09063 (2)
バラ、開花第1号は 「ロサ・ルゴサ アルバ」
つまり、ハマナシ、ハマナス とも言いますね。
(一般的には 濃いピンク色)

最近、ある講演会で
ハマナ「ス」はハマナ「シ」が、なまったもの という牧野富太郎博士の説
(他の説もあるらしいですが、、)
を聴きました。

岩手の三陸海岸で牧野富太郎(の弟子?)が
海辺のピンクの花「ハマナシ」のことをたずねたら、
その土地の人が「ハマナス」「ハマナス」と説明した、ということ。

岩手の人は 「シ」を「ス」と言いますからね。
数年前のこと、「ヒトリシズカ」を 「ヒトリスズカ」と言っているおじいさんがいましたから。汗


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クレマチス、2番目開花は

つぼ型、「ソシアリス」
DSC09068 (2)

この水色が たまりません。

DSC09072 (2)
紫がかっていないんです。
ほんとに、水色。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日、バラ、2番目開花はきっとこれでしょう~
DSC09070 (2)
品があって、美しい ジャクリーヌ・デュ・プレ

あ~、開花が待ち遠しいです~



淡い”黄”と”パープル”のコラボが突然に~~!



DSC08889 (3)
キレンゲツツジの花の中で、
クレマチス・ミス東京が5~6個咲きだし、

DSC08872 (2)
淡い優しい「黄」と
淡い「パープル」、モーヴ色との
コラボレーションが、突然に始まったのでした。

DSC08881 (2)
開花第1号のクレマチスと、ツツジとの作る初めての風景なので
とっても新鮮で、
しかも、わが家では、意図的に、あまり作らない色の組み合わせなので、
強烈に心に響くものがあります~


たまたま、今年だけの風景なのかもしれません。




最後のメアリーローズ~~?



DSC02556 (2)
今年、最後のメアリー となるでしょうか?

異常に暖かい日が続き、無理、と思われていた蕾が
膨らんできています。

ひょっとしたら、開いてくれる~~??



秋バラ ER ポートサンライト~

DSC02422 (3)

秋バラ ER ポートサンライト
わが家では貴重な、黄色オレンジ系のバラ
大切に育てています。

秋の柔らかい陽射しの中で
温もり感じる1枚~♪




DSC02422 - コピー



| NEXT≫