キッチン窓辺で、バラのラストダンスを~♪


最後の最後の蕾をカットし、室内へ。
数日で ゆるゆると開花~

1輪挿しを用意し、どれに似合うか、あれこれ 差し替え、
ラストダンスを 心ゆくまで 楽しむ~~♪

DSC03165 (2)

DSC03124 (2)

DSC03126 (2)

DSC03152 (2)
(↑お気に入りの”南部鉄器”の花瓶 
女性的なフォルムがステキでしょ?!)



そして、キッチン窓辺へ。
DSC03162 (2)
(12/13)
これが、今年のラストダンス勢ぞろい~♪
たったの3種だけですけどね?

左から ファビュラス! LDブレスレイト  ポートサンライト
色も大きさも、春とは全く異なる姿ですが、
今年最後のバラ、と思いますと、愛おしくって愛おしくって!

開いた後は、花保ち良くするために、寒い玄関へ移動。
最後のバラをできるだけ長く楽しむためなら、何でもいたしましょう。




大窓・大カエデが、動く水墨画に~~



DSC02955 (2)
カーテンを下ろすと、大カエデのシルエットがまるで、
水墨画のよう。
時間とともに、この水墨画は、太陽と逆方向へと 移動します。

太陽の傾きが低くなる 今日このごろの、
大窓の楽しみ方を、思い出しました。



驚き!まだ11月というのに、大窓は雪景色~~


DSC02957 (2)
11/21
今朝、大窓のカーテン開けて、またびっくり!
昨日の雪は序の口でした。

大カエデが、真っ白!
まだ11月というのに、1か月も季節が早まった感じです。



1時間後
DSC02960 (2)
陽が射し、ずいぶん融けてきました。

まだまだ、外仕事が終わっていません。
全部融けて、暖かい日がやってきますように。





雪降る前に、秋の風情をお届け~~


明日(11/19)からは、早くも雪マーク!

雪景色が始まる前に、
UPのタイミングを逃した画像をat randomにですが、
載せておきましょうね。




キッチン窓から
DSC02594 (4)
11/7
今年は、こじんまりと、可愛らしい色模様でした。




2階窓から見下ろしたメインガーデン。
DSC02582 (2)
11/5
今年は、中央に見えるガクアジサイが、霜枯れせずに、
きれいな黄緑色を保ち、他の赤、オレンジ類を惹きたてているのが特徴でした。




そして、キッチン窓から正面に見える、この蛍光オレンジ色のミニもみじ。
DSC02743 (2)
こぼれ種から大きくなって、数十年。
秋のこのオレンジ色を想像しながら、
大きくならないよう、また形良く保つための、年数回の剪定は欠かせません。
今年は、最後まで粘りに粘って、まだ、楽しませてくれています~




・・・・


11/15 ふと、窓の外に目をやると、
南天の赤い実、赤い葉のそばに、
DSC02782 (2) - コピー

風に吹かれて舞い降りた 黄やオレンジの大カエデの葉が。

DSC02815 (2) - コピー
その組み合わせの創り出す 美しい色彩に 
思わず、心が惹きつけられたのでした~





こちら、庭石の鳥たちの水飲み場にも、
DSC02702 (2)
カラフルな葉っぱたち。
これでは、鳥たち、葉が邪魔で、水浴びできませんね~





フウチソウをバックに、紅白の南天。
DSC02745 (2)
南天は、縁起物だから、と、
30年ほど前に父が、
実家から紅白の南天を掘り起こして持ってきてくれたもの。


そこに、黄のカエデの葉が。
絵になりますね。
DSC02805 (2) - コピー
これらの実は 真冬に鳥たちの空腹を満たす、非常食となってくれます。、



京カノコの葉も、大好きで、
DSC02765 (2)
枯れ朽ちるまで楽しみます。



大カエデ ゆっくりと色変化し始める ~~

DSC02751 (2) - コピー
(11/12)
大カエデは、
陽の当たる側は 一足早く オレンジ色に、


DSC02748 (2)
窓そばの日陰側は、
これからゆっくりと、黄オレンジへと変化していきます。


DSC02759 (2) - コピー
大カエデ以外は、例年と異なり、もうほとんど落葉。
この後、どんな大窓絵画となるのでしょう?

少し、不安。寂しくなるのかも?



毎年のお楽しみ、大窓秋景色~~~♪


DSC02538 (2)
                              (11/5)
毎年のお楽しみ、
大窓からの秋景色 始まり始まり~
 
大カエデの太い幹越しに見える 燃えるような赤は、
枝垂れモミジの赤!

ちょっと、日の丸っぽいですね?笑

大カエデの紅葉は、まだ、これからです。




キッチン窓から、秋を見る~



DSC01628 (2)
9/30
定点観察、キッチン窓からの初秋の景色です~
最近、再び、朝カーテンを開けることが楽しく感じられるようになってきました。

角度を変えてみて見ますネ。
DSC01604 (2)
左から、
巣箱上には、黄色のピラカンサの実がびっしり!
このアナベルは、そろそろ切られる運命に。
サルスベリは、少ないながらもまだ、ピンク色を誇示。
シュウメイギクが、楚々と。
ツリバナの赤が景色を引き締め。


中秋に向け、これからも刻々と 
庭色は、塗り替えられていくことでしょう。




| NEXT≫