FC2ブログ

窓から お花見~~🌸


DSC04654 (2)
いつもの如く、和室窓からお花見です~
6月には、下の緑がバラのピンク色へと交代します。

主庭入り口から見ますと、
DSC03289 (2)
八重桜は庭の一番奥にかろうじてピンクが。
(手前の赤は、春モミジ、出猩々)


近づきますと、こんな感じ。
(建物は 交番)
DSC03285 (2)
風に吹かれて、ゆらゆら揺れ、
花びらが、舞っております。

数日後には、地面が全てがピンク色と化します!
美しいと思うのは、ほんの一瞬で、
その後のお掃除を思うと、正直、恐怖です!





カーテンを開けてビックリ! 大雪でした~~!

DSC05298 (2)
12/12
今朝、起きてビックリ!
全国ニュースにもありましたが、大雪でした!



DSC05300 (2)

雪かき、雪かき の1日で、もう
クタクタ!



でも、Aっくんたちは元気!
雪ダルマには絶好の湿った雪。
大はしゃぎで遊んでいました!
DSC05306 (2)

DSC05309_201812122013016ee.jpg
目はローズヒップ。
鼻と口は にんじん。
手はひしゃく。

雪だるまくん、
明日は どうなっていますことやら・・・・


大窓が、金色(こんじき)に染まる~~☆


DSC05205 (2)
                            11/27
1週間ぶりに大窓の景色を見た Sちゃん、
「わっ!全部 黄色に変わってるーーー!!」
と大感激!

光が当たりますと、まさに”金色!”(こんじき)


Sちゃん、下をのぞき込み、

DSC05215 (2)
「わぁ~、下も黄色~!」
と観察心 旺盛。


・・

光のない時は、また、違って見えます。
DSC05204 (2)
しっとりと落ち着いた 絵画のよう~


・・・・・


10日前の
DSC05134 (3)
11/17 秋の窓景色と、


5か月前、初夏の6/7の窓景色を
DSC02555 (2)
並べてみました。

大窓から、
広葉樹を含む、四季の移り変わりを楽しんでいます~

ローメンテ、と言いながらも、
これから落ち葉のお掃除がたーいへん!


干し柿が、温もりの庭景色を演出~~♪


DSC05155 (2)
                  11/23
つるバラの葉の向こうの、
このオレンジ色の景色を目にして、
つばゴックン、とともに、
心が温まりますね~~



ウッドデッキの横板に細工をして、
干し柿を吊るしました~
DSC05147 (2)


実家の近所のおじさんから、
「家に吊るしなさい。美味しくなるよ。」と
皮をむき、ビニール紐で結び、もう吊るすだけとなった
「柿のれん」を7、8本いただいたのです。

DSC05153 (2)

昔、昔、実家の父も、
家の柿の木の柿で、毎年作ってくれていましたので、
とっても懐かしくもあり、
温もりの風景を思い出します。


窓から見えるところに吊るしましたので、
干し柿大好きのAっくんたち、
ガラス越しに、つばゴックン、となることでしょう。
でも、食べられるようになるまでは、ま~だまだ!!


・・・


それにしましても、
6月は、このつるバラの景色を楽しみ、

DSC00349_20181123195652e5f.jpg

同じ場所で
11月には、「和」の干し柿景色を楽しむ。

というこの「華やかなバラ」あり、「趣の和」あり、の庭景色。
1年を通してアンバランスな感じはしますけれど、
わたしの中では、お気に入り!
どちらも楽しめる庭が理想。
欲張りかしら?

日本人ですから。
「和」の風情を感じていたい。
心がしっとりとして落ち着きます。



雨上がり、家の中から 紅葉狩り~~


しっとり感 増す雨上がり、家の中から紅葉狩り~  11/17 

DSC05129 (2)
左大窓、正面から。
オレンジ色は、
落ちた種から十数年かけて程よい大きさに育ったモミジ。
(上の白いモヤモヤはガラスへの映り込み)


窓越しに 目を右に向けますと
DSC05138 (2)
いつもの主庭をちょっと高い位置から見られます。
落葉した枝垂れモミジの赤や、
風知草やギボウシの草紅葉の黄などの創る
趣あるしっとり景色にうっとり~~



右・大窓 右のほうを見ますと
DSC05134 (2)
大カエデ右奥のモミジが黄に染まり、
毎日色景色が変化。
(右に見えますクリスマスツリー、
先日、Aっくんたちと飾りつけしました~♪)


和室 縦長窓からは
DSC05130 (2)
あの椅子の景色がこのように見られます。


大カエデの紅葉の見ごろは、これからです~
クライマックスは、どうなりますでしょう~?



大窓からの紅葉景色が 日々変化します~~♪


DSC04961 (2)
例年の如く、
大窓からの景色の日々の変化に驚かされています。

大カエデの真後ろが、まるで燃えているよう!


・・・・


入り口ドアのカットガラス越しの景色も
DSC04970 (2) - コピー

面白い!

DSC04966 (2) - コピー
ガラスマジックです~


・・・・・

キッチン窓からも、
DSC03103 (2)
アナベルの時期同様、
毎朝毎朝、カーテンを開けるのが楽しみな
秋景色が目に飛び込んできます。



こちらは、サニタリーの窓。
DSC03447 (2)
シャラノキが紅葉し始めたころ。
普段は下の部分はカーテンを閉めたまま。
この時だけは、カーテンを開けたくなります。


大窓からの 9月の景色は~


DSC02796 (3)
                      9/11夕
9月の 大窓からの景色は、
何といっても、目立つのは、右側の黄色!
まだまだオミナエシは元気です。
お花が少なくなる今、この黄色群に 助けられている感があります。、

・・
(右下にチラッと写っている赤丸二つ、何か わかります~?
フフフ、これだけでわかる人はすごい!
アンパンマンのぬいぐるみの鼻とほっぺの赤でしたー!)
・・

DSC02806 (2)
正面から。     9/12朝
こちらにもアンパンマンが真ん中下に寝ています!笑  


オミナエシのそばでは、アガスターシェ・ボレロが
DSC02594 (2)アガスターシェ・ボレロ
彩りを添えています。


正面の大カエデの枝には、今も毎日、
DSC04314 (3)
シジュウカラの子供たちがエサを食べにやって来ます。
もう親とは別行動の時が多く、
もうすぐ、一人立ちの時がやってくるのでしょう。




| NEXT≫