常緑のコーナーは瑞々しく~~


この時期にやっとお目見え。
蹲(つくばい)のある、瑞々しい常緑のコーナー。

watermarked-DSC01174 (2)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<あの景色は今?シリーズ :飛び入り~>

春、夏、と、大型ホスタ中心に印象深いこの景色、

watermarked-DSC03902 - コピー  watermarked-DSC08816 (2)





今は ホスタ寒河江が、朽ち落ち、

watermarked-DSC01181 (2)

フウチソウの後ろに現れた 蹲(つくばい)のある風景。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大型ホスタから、

watermarked-DSC01381 - コピー

両面シダ、斑入りヤブラン、クリスマスローズなどの

フォルムのそれぞれ異なる葉たちへ バトンタッチ!


watermarked-DSC01175 (2)

この水場に、これから様々な鳥たちがやってきます~~

見どころが少なくなるこれからの庭ですが、
この場所だけは、視線が集まるコーナーとなります~


ホスタ・寒河江の七変化、始まり始まり~~


ギボウシの魅力。

晩秋から初冬のその葉の色の移り変わりも
見逃せません!


先月 9/25のホスタ・寒河江
watermarked-DSC09413 - コピー (2)
先月まで、寒河江は 水彩画かと思えるほどの
素晴らしいブルーグリーンのグラデーションを見せていました。




1か月後 10/29
watermarked-DSC00705 (2)
寒さとともに黄色系が強くなり、肉厚の寒河江は、その葉脈が凹凸を目立たせ、
ポコポコ感が、イエローグリーンの不思議な魅力を醸し出しています、
大きく厚みのある寒河江ならではの なせる技!


11月に入っても、寒河江は、
watermarked-DSC00725 (2)
なお、主庭の景色の中で、存在感大、です。


この後の変化も、(わたしにとっては)見逃せない楽しみ~!



こちらは、寒河江と同じほどの大きさで、グリーン1色のホスタ。
                                    (実家からの持ち帰りで、名無し)
watermarked-DSC00405 (2)
単色グリーンから、
葉脈に沿った黄色系への変化が面白い~



巨大葉、ヤグルマソウが黄変し、生き生きと~~!


葉物のコーナー、
ヤグルマソウが一番に 黄色に変わってきました。

watermarked-DSC00453 - コピー


周りの葉と同じような色合いで、大きな葉のはずですのに、
それほどの存在感はありませんでしたが、


(手前上の赤はツリバナ、奥の秋色紫陽花は、白のハイドランジア)
watermarked-DSC00453 (2)


巨大な葉が 黄に変わってきましたら


watermarked-DSC00449 (2)

本来の鯉のぼりの「矢車」の形そのものが
はっきりと浮かび上がってきました。




この辺りで振り返ってみますと、
watermarked-DSC00496 (2)
ツリバナと寒河江のずーっと向こうに
まだ、あのアナベルが見えますね。

右にはイワシャジン、左にはホオズキも。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけです。

こちら、7月の
watermarked-DSC07264_20161026211428b95.jpg
ヤグルマソウ&寒河江&白のハイドランジア


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本シリーズ、興奮しますね~!
連日の日替わりヒーロー。
今日は、西川のサヨナラ満塁ホームラン!
昨日は、中田、レアード!
その前は 大谷くんのサヨナラ!(大谷くんだけ、”くん”づけ~?フフフ)
カープ黒田の男気の熱投にも、満足!

これで、日本ハムが王手!

実は、わたしは一世代前のいわゆるカープ女子でした。
今のスタメンは知りませんが、その前の世代、
黒田はもちろん、前田、緒方、新井、東出、
今は他球団の金本、故キムタク、大竹 などなど、
昔々、カープファンだった次男と共に、
あの古い広島市民球場まで観戦に行ったことも有りました。
あ~懐かしい思い出です。
息子たちが10代のころ、長男は巨人ファン、次男はカープファン。
ジャイアンツ対カープのテレビ観戦で熱い試合に興奮して
ちょっとした騒動になったことがあったりして、、、、、。大汗でした・・・

でも、今回は、もちろん日本ハムに応援です。
栗山監督が、「北海道の皆さん!・・」
とよくおっしゃいますが、
北海道以外にも、たくさんファンがいますからね。お忘れなく!

球場まで行くことはできませんが、
わたしのささやかな応援は、スーパーで「日本ハム」のハムを買うこと。
他メーカーがたくさんある中、安売りしているハムにも目もくれず。(苦笑)

(もちろん 東北楽天イーグルスも 応援していますよ。笑)



ツリバナが早くも紅葉してきました~



ちょっと先に、こちら、「6月」の葉物辺りの写真を
DSC03902 (2)
先に 載せてみました。
この写真、残像、しておいてくださいね~
(↑ 変な表現~笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツリバナは、他に先がけ、毎年1番に紅葉し始めます~


watermarked-DSC08816 (2)


左のホオズキやミニバラの赤系が目立ちますが、
(白のカワラナデシコも、見えます)



この景色でのわたしの一番のお気に入りのパーツは、これ↓
watermarked-DSC08773 (2)

寒河江とシランの葉と風知草に囲まれて
いつの間にか顔を見せた

watermarked-DSC08746 (2)
シュウカイドウのピンクのなんと可愛らしいこと!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(また、同じトップの写真です~)

再び登場 ↓ こちらは「6月」の同じ場所

DSC03902 (2)
2枚上の 「9月」 の写真と比べてみてくださいませ~

シランの白が清々しいですね。
ミヤコワスレも所々に顔を出しています~
エゴポディウムの葉と白のレースフラワーも良い味出してます~

同じ場所で、手をかけずに
四季を楽しめる庭~

これがローメインテナンスの理想の庭です~
今、模索中!

ツワブキ 2種 やっと定着~?


白の斑入りが美しい ツワブキ・「浮雲錦」
寒さに弱いせいか?弱る一方でしたが、
watermarked-DSC07260 (2)


この場所で、なんとか元気になってくれて、
やっと、居場所が定まったようす。


watermarked-DSC07261 (2)


ホスタに挟まれ、窮屈そうですが、
色の組み合わせは 気に入っています。

watermarked-DSC07383 (2)

ミニ葉物のコーナーでの常連となってくれることを期待します~





こちらは、星のような黄の斑が入った「天星」
watermarked-DSC07022 (2)

10年あまり、あちらこちら移植させられかわいそうなことをしていましたが、
ここ数年は、裏の小径に定着。


隣には、フタリシズカやチョウジソウの葉と共に、
暑さの中、日陰で居心良さそうにしていますね。

おやおやっ!
木漏れ日のいたずらで、
watermarked-DSC07354 (2)  watermarked-DSC07271 (2)
左と、右と比べてみてください。
右のフタリシズカの葉に、まるで斑が入ったようですね~
おもしろ~い!


玄関脇 前庭、地味ですが好きです~♪



玄関左脇、目線を降ろしますと、いつもの葉景色だけでも
満足ですのに、


watermarked-DSC06593 (3)

そこに、

白のレースフラワーと、マチルダさんが参加して、



watermarked-DSC06970 (2)

さらに、

アブラハムダービーも加わり、




watermarked-DSC07030 (2)

面白いハーモニーとなってきました~




そばには姫ワレモコウも。
watermarked-DSC06604 (2)

ハーモニーのお手伝い~


「LOOK!」と 赤いアスチルべの Good Job!


あの「LOOK!」のある裏の小径の今の風景。


watermarked-DSC05426 (3)
(右上に「LOOK!」」が見えます)

赤のアスチルべが 良い仕事をしていますね。

何も手を加えなくても、ナチュラルに景色を作ってくれて、
目が留まりますね~
赤い穂が、ゆらゆら揺れる様も、また良し!




奥のホスタ・寒河江の横のアスチルべも、
Good Job!ですね。

watermarked-DSC05696 (2)
白のアジサイは、昔からある白のハイドランジア。
アナベルではありません。
剪定が難しく、いつも花数少なく、控えめな印象ですが、
アスチルべのおかげで、こちらにも目がいきます。
このハイドランジアは、ずーっと白のままで、晩秋にはピンク赤系になります。


赤のアスチルべは、バラ時期に咲く白やピンクと違って、咲く時期が遅く、
どうも、邪険に扱われる傾向にありました。
が、
今は違います。
これらの風景を作ってくれる赤は、我が家では、名わき役!に昇格。笑



| NEXT≫