FC2ブログ

苔盆栽、ドーナツ状に赤い葉に囲まれ~~


DSC05230 (2)
                                12/5
大きな庭石の苔盆栽の周りに、いつの間にやら、
枝垂れモミジの赤い葉がきれいにドーナツ状に。
(全く手を加えてないですよ。これほんと。)

上の枯れた黄色の葉は、イワシャジン。
左の緑の葉は、ミヤマシャクナゲ。

きれいにお掃除してみました。
DSC05271 (2)
真ん中に 
青々とした可愛らしい三角のミスミソウの葉が数枚現れました。


↓来春4月も こんな風に咲いてちょうだいね。
DSC08178 (2)
                        4/19
1個でも存在感あり。
DSC08179 (2)
できれば、数個、咲いて欲しい~~
お願い。



↓こちら同じ場所の 昨年6月初旬
DSC07279 (2)
庭石の裏から枝を伸ばし、
真っ白のミヤマシャクナゲが、上品に咲いています。



↓10月のイワシャジンのころ。
DSC03284 (4)



ピンポイントでも、
同じ場所で、こうして四季の景色を楽しむ。
これも、けっこう面白いガーデニング~♪
今年は、赤い葉のドーナツのおまけまで付いてくれて、
嬉しさ倍増!

でも、この場所に適した植物が決まるまで、
何年も何年も、試行錯誤の繰り返し、、、。



庭石の上の イワシャジン増殖中~~


DSC03284 (3)
5年前に庭石の上の凹みに仕込んだイワシャジン。
自前の苔と共に、毎年毎年 増殖中~~

DSC03295 (2)
楚々とした感じは失せましたが、
よくまあ、ここまで元気に大きくなってくれたもの、と感心!



DSC04763 (2)
鈴の音が聞こえてきそうなベル型の花が連なり、
相変わらず可愛いらしい~


DSC04774 (2)
その根元の苔も美しい~




・・・・・・・・・・・・・

先日 10/21
七五三のお祝いで盛岡八幡宮へ。

DSC02896 (3)
Sちゃんは、まあ、華やか!
(後ろ姿ですが)

DSC02889 (3)
Aっくんは、30数年前にパパが着た家紋入りの羽織袴を。

この衣装を用意してくれた義母は、
「まさか、ひ孫がこれを着てくれるとは!感無量~!」
と、あちらで喜んでくれていることでしょう。

いつか、またこれを着てくれる子が現れるのでしょうか?
まだ見ぬその子のために、また、丁寧にしまっておきましょう。


そして、この日はSちゃんの7歳のお誕生日でもありました。
DSC03354 (2)
お誕生日プレゼントは「本」と決めていますので、
(わたしの親も、孫には「本」でした)

わたしのピーナツリースと鳥との写真が載っている
あの ”冬越し図鑑「鳥」
の他に「昆虫」「植物」「動物」の計4巻が出そろいましたので、
この4巻を揃えて、プレゼントしました。

小学校の図書館にも、置いてくれたら
嬉しいんですけどね。



ミスミソウ、庭石の上で咲く~






DSC08179 (2)
ピンクのミスミソウ、苔の中に、可憐に1輪だけ咲いています。
これぞ、わびさびの世界?
三角の葉が2枚。おしゃれですね~

左から出ている もしゃもしゃの葉は、
秋にベル型の紫の花が咲く
イワシャジン。



じつは、この苔の中のミスミソウは
DSC08174 (2)
引いて見てみますと、
あの大きな大きな庭石の上に作った苔盆栽の中で
可憐に咲いているのでした~

昨年?、あちこちで増えているミスミソウを一株だけ、
苔の中に仕込んでおいたのでした。
今年は大成功!

左からのぞく葉とつぼみは、ミヤマシャクナゲ。
バラのころ、白い花を咲かせます。




もう一つの 庭石 苔盆栽~

DSC01271 (2)
半日陰にある 岩のような大きな庭石にも、
日陰用の植物を埋め込んだ 苔盆栽があります。


DSC01277 (2)
こちらでも、シュウカイドウが、見ごろに~
今年初の試みです。


DSC01306 (3)
こののちは、イワシャジンが紫の小花を揺らしてくれるはず。
とても、楽しみです。

斑入りの葉は、春に咲いた斑入りホウチャクソウ。


庭石苔盆栽は、
陽が当たる所と、半日陰とでは、
仕込む植物は、当然違ってきます。


日当たりでは、ご存知、ミニバラや岩唐草やサギ草など。⇒


今、ツリバナ周辺が ちょっと、お気に入り~!


DSC01163 (3)
今、ツリバナ周りが、面白い!

ボリュームある風知草がキラキラと 滝のような水しぶきを感じさせ、
斑入り水引やアエゴボディウム、カルーナブルガリス、名無しの葉?などが
様々な色、形で景色に変化を呼び、


何といっても、手前のドーナツ型の美しい苔の中の
白のサギ草と、赤のミニバラ!

DSC01154 (2)
さらに、白斑ヤブランの白い花のおまけつき。

今だけのコラボレーション!
今だけ、というより、
これは日本中 いいえ、世界中探しても、ここにしかないでしょう~!!
しかも、鉢ではなく、庭石の上!
(ちょっと、自慢しすぎ~??)
(but 赤のミニバラ、もう枯れかかっていますが・・・・汗)


そして、秋の定番、シュウカイドウがあちらこちらで
DSC01172 (2)
秋色ピンクを見せ、可愛らしさを演出~



今、苔が 美しい~

DSC00479 (2)
今、あの庭石の上の苔が、
何とも、黄緑色に輝き、美しい~!


DSC00480 (2)
ドーナツ状に拡がった苔の真ん中では、
ちょうど赤のミニバラが、惹きたて役。
逆かな?苔が惹きたて役?

いえいえ、苔が主役です!


苔の種類はわかりません。
庭にはびこる名前のわからない様々な苔を貼り付けていますので。

もう一つの大きな庭石の苔は、別の種類のようで、今は茶枯れています。

DSC00471 (2)
写真緑色のしゅっと伸びた細葉から、
もうすぐ、真っ白の「サギ草」が花開きます。

この黄緑色をバックに、サギ草の白!
想像しただけで、あ~~ドキドキします~♡

サギ草が咲いたら、
苔ではなく、
きっと、こちらが主役となるでしょうね!苦笑
サギ草は、別格ですから。





ヤマユリと 赤のミニバラ そして、網ホオズキ~


おなじみ 百合の女王 ヤマユリが咲いています。

DSC09622 (2)
カサブランカの交配親。
威厳を感じます。


その手前には、この暑さの中、
DSC09630 (3)


庭石の上で、赤のミニバラが、3個もがんばっています。


DSC09615 (2)

しかも、花びらは落ちることなく、
”これくらい平気です”



☆☆☆☆☆☆



そしてそして、
何より健気に頑張っているのは、

(ちょっとわかりにくいですが、左の網ホオズキに注目!)
DSC09429 (2)

例の、昨年から落ちずにいる網ホオズキが、
今もなお、ぶら下がっているのです!!

右には、青々とした新しいホオズキがなっているというのに。

頭が下がりますね。

これからも、ちょくちょく、
網ホオズキの追跡レポート、お届けしましょう!


| NEXT≫