もう一つの 庭石 苔盆栽~

DSC01271 (2)
半日陰にある 岩のような大きな庭石にも、
日陰用の植物を埋め込んだ 苔盆栽があります。


DSC01277 (2)
こちらでも、シュウカイドウが、見ごろに~
今年初の試みです。


DSC01306 (3)
こののちは、イワシャジンが紫の小花を揺らしてくれるはず。
とても、楽しみです。

斑入りの葉は、春に咲いた斑入りホウチャクソウ。


庭石苔盆栽は、
陽が当たる所と、半日陰とでは、
仕込む植物は、当然違ってきます。


日当たりでは、ご存知、ミニバラや岩唐草やサギ草など。⇒


今、ツリバナ周辺が ちょっと、お気に入り~!


DSC01163 (3)
今、ツリバナ周りが、面白い!

ボリュームある風知草がキラキラと 滝のような水しぶきを感じさせ、
斑入り水引やアエゴボディウム、カルーナブルガリス、名無しの葉?などが
様々な色、形で景色に変化を呼び、


何といっても、手前のドーナツ型の美しい苔の中の
白のサギ草と、赤のミニバラ!

DSC01154 (2)
さらに、白斑ヤブランの白い花のおまけつき。

今だけのコラボレーション!
今だけ、というより、
これは日本中 いいえ、世界中探しても、ここにしかないでしょう~!!
しかも、鉢ではなく、庭石の上!
(ちょっと、自慢しすぎ~??)
(but 赤のミニバラ、もう枯れかかっていますが・・・・汗)


そして、秋の定番、シュウカイドウがあちらこちらで
DSC01172 (2)
秋色ピンクを見せ、可愛らしさを演出~



今、苔が 美しい~

DSC00479 (2)
今、あの庭石の上の苔が、
何とも、黄緑色に輝き、美しい~!


DSC00480 (2)
ドーナツ状に拡がった苔の真ん中では、
ちょうど赤のミニバラが、惹きたて役。
逆かな?苔が惹きたて役?

いえいえ、苔が主役です!


苔の種類はわかりません。
庭にはびこる名前のわからない様々な苔を貼り付けていますので。

もう一つの大きな庭石の苔は、別の種類のようで、今は茶枯れています。

DSC00471 (2)
写真緑色のしゅっと伸びた細葉から、
もうすぐ、真っ白の「サギ草」が花開きます。

この黄緑色をバックに、サギ草の白!
想像しただけで、あ~~ドキドキします~♡

サギ草が咲いたら、
苔ではなく、
きっと、こちらが主役となるでしょうね!苦笑
サギ草は、別格ですから。





ヤマユリと 赤のミニバラ そして、網ホオズキ~


おなじみ 百合の女王 ヤマユリが咲いています。

DSC09622 (2)
カサブランカの交配親。
威厳を感じます。


その手前には、この暑さの中、
DSC09630 (3)


庭石の上で、赤のミニバラが、3個もがんばっています。


DSC09615 (2)

しかも、花びらは落ちることなく、
”これくらい平気です”



☆☆☆☆☆☆



そしてそして、
何より健気に頑張っているのは、

(ちょっとわかりにくいですが、左の網ホオズキに注目!)
DSC09429 (2)

例の、昨年から落ちずにいる網ホオズキが、
今もなお、ぶら下がっているのです!!

右には、青々とした新しいホオズキがなっているというのに。

頭が下がりますね。

これからも、ちょくちょく、
網ホオズキの追跡レポート、お届けしましょう!


ミニバラ 痛々しくも、たくましく~


このミニバラの たくましさには、
毎年驚かされます!

watermarked-DSC01959 (3)

花びらが こんなに痛々しくなろうとも、
何とか 花の形を留めています。

watermarked-DSC01966 (2)

ドライになったまま、意地でも落ちるものか!
とでも 言っているよう~ 苦笑




また、雪が積もりましたが、

watermarked-DSC02101 (2)

融けると、何事もなかったように、平然と、
痛々しいまま、
微笑んでいるのでした~



赤のミニバラ、ラストステージも美しく~



見事に、大トリを任されている感の
庭石ステージ上の
赤のミニバラ!

watermarked-DSC00657 - コピー

watermarked-DSC00667 (2)

watermarked-DSC00659 (2)

最後まで独りで美しく、舞ってくれています~♪





じつは、

こんな劣悪な環境で、舞っているのでした~

watermarked-DSC00668 (2)

昨年もそうでしたが、このあと、雪が積もっても、
周りの雪を融かしながら、
まだ、まだ、真冬まで咲き続けてくれることでしょう~



斑入りヤブラン シルバードラゴン増殖中!



この愛らしい 花穂は 誰でしょう?
下の方が数個、花開いていますね。

watermarked-DSC09150 (2)


これは

斑入りヤブラン シルバードラゴン の花です。

watermarked-DSC08764.jpg  watermarked-DSC08941 (2)

花穂が立ち上がってきた時 蕾は白ですが、
時間がたつと、薄紫になるんですね~


ちなみにこちらは、よく見る斑入りヤブランの花穂。
watermarked-DSC09143 (2)
紫の中の黄色が、とってもキュート!




シルバードラゴンがここ盛岡でも冬越しすることが分かってから、
美しいシルバー色の葉を増やしたくて、
あちらこちらに移植し、今、増殖中。
watermarked-DSC08670.jpg

庭石の上のミニバラの周りも、元気に育っています。
黒の葉は、コクリュウ。


ついでに、この黒い実が、
watermarked-DSC08691.jpg
コクリュウの実。


それにしても、どうして、ドラゴン という名が付いたのでしょう?
あの美しい葉と、どうもイメージが合わないのですが・・・




5分後

コクリュウ   =   黒竜(龍)
シルバードラゴン =   銀竜(龍)

どちらもユリ科

ということでしょうね?
わかりましたね?


| NEXT≫