姫リンゴ、熟れて真っ赤~!


姫リンゴ。

DSC01789 (2)

冷たい雨あがりでしたが、
ホッと、温かみを感じる1枚に。



道行く人に楽しんでもらおうと、鉢は玄関前に。
DSC01935 (3)
先日、「あら?ローズヒップがたくさん~!」と、
声をかけてくれた方がいました。

周りがバラの葉でしたので、バラの実に見えたようです~



花が少ないこの時期、
赤い実は、人の目に留まり、
どこか心を温かくしてくれるものです。



ついに、アナベル干される~~


DSC01645 (3)

長い間、楽しませていただいた アナベル様。
ついに、切りました!!

でも、
今度は、ドライとして出番待ちとなります。
(花部分が重なると絡みついてしまいますので、段違いにしてみました)
車庫にでも吊り下げ、完全にドライとなったのちは
来年まで、暗いお部屋で、眠りについてもらいましょう~

DSC01597 (2)

この景色から、アナベルが無くなり、さぞかし寂しい景色になったと思われるでしょう?

ところが、ところが、毎年思うことですが、
主役を切ってしまうと、
不思議と陰に隠れていた植物が、突然主役に躍り出て、
別のステージの幕が上がるのです~


鈴なりの リンゴたち~~?いえいえ


鈴なりのリンゴ風ですが、、

DSC01354 (2)
いえいえ、ウメモドキ・大納言です。

DSC01350 (2)
真っ赤になる前の、この状態も、美しい~!
上の写真は、9/19のもの。
今は、ほとんどが、赤、となっています。
でも、熟れるのは、まだまだ先。
鳥たちは、真っ赤になると、味見にやってきます。
1個だけ食べて、「マズイ!」と分かると、プイッと飛んで行ってしまいます。
また、数日後にやってきます。

中には、十人十色、
マズイものでも、食べていく、食いしん坊がいます。
人の世界と同じで、食い意地がはっているものもいるんです~


こちらは、姫リンゴ。
DSC01357 (2)
姫リンゴは、あまり好きではないらしく
真冬の食料がほとんど無くなった頃に、
ヒヨが、食べに来たのを見たことがあります。

これから、ピラカンサもオレンジになってきます。
今年も、オナガたちの 乱舞が見られますように~。


むせかえるよう~!キンモクセイの香り~


キンモクセイの香り、
今が 真っ盛り!!

DSC01561 (3)

先日、キンモクセイの花付きが悪く・・・・・うんぬん・・・・
という記事を書きましたが、
あれは、数輪の早咲き狂い咲きのようでした。

なんと、
今年は、この10年で最高の花付きとなり、

DSC01560 (2)

むせかえるような香り、香り、香り、 でございます~
(余談ですが「香香」と書いて 「シャンシャン」 なのですね。)

鼻が敏感に反応するわたしは、玄関に出るたび、
鼻がムズムズして、鼻水が出てきます。

来年に備え、花後は枝を剪定し、香りの量を調節しなくては。


あ~~!ツリバナの実をヒヨドリが~~!


つい先月、ブログに、ヒヨドリ擁護のことを書いたばかりですのに・・・・

・・・


ヒヨドリが
大事な大事なツリバナの実を、
食べたそうに、狙っているところに遭遇!

DSC01111 (2)

「どれどれ、足場をしっかり確保してから、、

DSC01115 (2)

狙いを定めて、、エイッ!

DSC01116 (2)

とれた!とれた!

DSC01110 (2)

しめしめ、この実は、最高に美味しいんだよ~!」


ですって。
悔しい~~~!








無事でした! 台風に 耐えて、赤い実が~~♪


風の強い台風でした!
心配していた ツリバナの実を点検。

無事でした~!
DSC01335 (2)
しかも、殻が割れ、

DSC01345 (2)  DSC01341 (2)
中から、ツヤツヤの赤い実が出て、キュートです~


・・・・・・・・・・・・・・

↓こちら、昨日の同じ実達。

DSC01252 (2)
殻は、皆、閉じていました。


もう1本の ツリバナ周りも 見逃せません~


DSC01258 (2)
台風で、実が落ちる前に、と、
撮ったツリバナの実と 赤くなりつつある葉っぱたち~

山野草の聖域前のツリバナには、
何とか10個ほど コロンコロンと、揺れています。


DSC01249 (2)
もう、今にも、パッカン!と実が割れて、
赤い種が顔を出しそう~!


DSC01263 (2)

この株立ちの中間には、ノリウツギ・ミナヅキ


そして、株元 左には
DSC01243 (2)
白とピンク色の原種シクラメン、フェデリフォリウムが、
可愛らしく、たたずんでいるのでした~


| NEXT≫