FC2ブログ

紅い実が まだまだ、健在~!


今日は雪でなく 雨。
今年は、雪がほとんどなく、紅い実たちが、今も顔を出したまま。
DSC05233 (2)
大好きなヤブコウジの実も、
可愛らしい姿のまま。


オモトのオレンジの実も、
DSC05235 (2)
まだヒヨドリに食べられることなく、
ツヤツヤ!


ついでに おめでたい 紅白のナンテンも
DSC05238 (2)
たわわに揺れています。


これらは、
色ものの少ない真冬の庭で、
貴重な彩りを担ってくれています~♪




「雪」 と 「庭の石や 樹々の株元」が創り出す風景も 愛す~~♪


DSC03975 (2)
                                     (12/27)
冷たい「雪」と、
温もりある「石」や「樹の株元」
との創り出す風景が、実に、アートに思えるこのごろ。


ツリバナの株元がその温もりのせいで、真ん中が溶け、
外側がドーナツ状になっている景色を見つけると、
DSC03972 (2)
あなたも生きているから熱を発しているのね~と。
納得させられるのでした。
(手前の赤はナンテン)

葉っぱも無しの 細い幹だけのツリバナでも、
こうして見ていると、絵になるものですね。


山野草の聖域に作った S字の石段のカーブ、
DSC03969 - コピー
普段は周りと同系色であまり目立たないのですが、
こちらもその温もりで、石の上の雪は溶かされ、
その周りの白のおかげで
奥へと連なる石段の連なりが、
美しくはっきりと見え、
これもまた、石の創る芸術?としばし目が留まるのでした。


こちらは小さな石をはめ込み
庭の中に「間(ま)」を設けている場所。
DSC05340_201812272126362a2.jpg
毎年、雪とのコラボで面白い形が現れます。


手前のナンテンの赤を仲間に入れると
DSC05344.jpg
またどこか、面白みが増して、楽しくなります。


・・・

こんな遊びも今日までで、これから強烈寒波に襲われるよう。
明日の朝は、真っ白の世界となっていることでしょう。



 シモバシラの芸術、堪能いたしました~~


DSC05281 (2)
シソ科 シモバシラの
霜の芸術。

今年は、連日 堪能させていただきました。

DSC05291 (2)


今は、雪の下に埋もれてしまいましたが、
雪が積もるまでは、しばれた(冷えた)朝、
カーテンを開けて
窓からシモバシラの出来具合を見るのが
とても楽しみになったのでした。



DSC03694 (2)

その形、大きさに、「うゎ~っ!」と歓声が上がるときもありました。


DSC03690 (2)

ふわっふわっの綿菓子の様でしたり、
繭の様でしたり、
王冠の様でしたり、、、、、



DSC05283 (2)

充分、堪能いたしました。


DSC03701 (2)



シモバシラに、立派な霜柱、できました~~



DSC05263 (3)
                    12/8
シソ科植物 「シモバシラ」に
冷えた今朝、立派な「霜柱」が育っていました~!

DSC05263 (2)
2~3日前にもできていて、写真を撮っていたのですが
今朝のほうが見ごたえあり、
で、
こちらを採用。


1m40cmぐらいの茎の先端まで、登ってきています。
DSC05265 (2)



マクロレンズで近づいて見てみましょう。

DSC03651 (2)
不思議な美しい自然の造形が見られます~

DSC03647 (2)
綿の繊維が、
細い糸になって横に伸びているようにも見えます。

DSC03644 (2)

このふしぎな現象を見つけるのも、
寒い寒い朝の楽しみの一つとなっています。


・・・


こちらが、そばの地面にできていた
DSC03660 (2)
本物の
「シモバシラ・霜柱」。

土を持ち上げています!
力持ち!

(ややこしいですね。)



庭木に先立ち、鉢物が 染まってきました~


庭木に先立ち、鉢物が染まってきました~

DSC03364 (2)
ニシキギ 
鳥の落とし物、こぼれ種から


DSC04798 (2)
コハウチワカエデ 
お向かいさんからのこぼれ種から?


DSC04842 (2)
デショウジョウ
春モミジも楽しみ、秋にもまた楽しむ~




DSC03388 (2)
コバノズイナの赤系と、
ホスタの草黄葉との組み合わせに
目がとまりますした!



DSC04819 (2)
こちら鉢ではありませんが、
ツリバナの株元から出てきた名無しの葉っぱの黄が美しくって、
手前の赤のミニバラとツーショット!


その奥では、まだまだ、ダイモンジソウが 元気!
DSC03389 (2)



ウメモドキ、ヒヨが味見にやって来ました~


ウメモドキ、
DSC02894 (2)
全部が赤くなる前のこの状態が好き!


つやっつやの 緑、黄、オレンジ色のグラデーションが

DSC02887 (2)
美しい~!




赤く、そろってきますと、
いつものように、ヒヨドリが味見にやってきます。
DSC04519 (2)

でも~~~

ほらね、まだ、早いでしょ?
熟れるまで待てばいいのに~~
食い意地はると、美味しくなる前に、無くなってしまうわよ!



ツリバナ、葉っぱは 紅葉してる~~? 



DSC04362 (2)
ツリバナの紅葉は、
3株のうちの一つは 半分紅く紅葉。
左はピンクのシュウメイギク。

実はちっちゃいので
DSC04358 (2)
写真では拡大しないと見えませんね。

庭の小径を歩きますと、プラプラと揺れてくれます。


陽によく当たるところの一株は、8月から紅くなり始め、
(↓ 写真左)   さすがに、残る葉っぱは、数えるほど。
DSC04368 (2)
                      (右の黄はオミナエシ)

3株あるとはいえ、皆それぞれ陽の当たり方が異なり、
全てがそろって紅くなることはないんです。

でも、カエデ類の紅葉本番は11月。
まだまだ先です。
それまでの間、季節先取りで秋を感じさせてくれるツリバナ。
あなたの 意気な計らいに、これまた脱帽!



| NEXT≫