八重桜の花びらには、ほとほと・・・・・


(5/17)
watermarked-DSC06428 (2)
牡丹とピンク


watermarked-DSC06429 (2)
クジャクシダと ピンク


watermarked-DSC06415 (2)
アジュが・チョコレートチップと ピンク


ピンクの花びらの海の景色を撮り終えますと、
そのお掃除が始まります。

2日間、這いつくばり、頑張っていますが、
まだ、木の枝からは、はらはらと落ちてきて、
エンドレス。

ふ~~


「花びらの海」 となりつつあります~


奥の庭はヤエザクラの
「花びらの海」 となりつつあります~


watermarked-DSC06318.jpg
                (5/12)


watermarked-DSC06323_20170513195127f3a.jpg

watermarked-DSC06325.jpg

watermarked-DSC06320.jpg

最近は、雨ばかりで、
きれいなさらさらのピンクの絨毯は期待できそうにありません。
(これらの写真が、今年の最後の花びらの写真となるかも~?)

今年も、後しまつの大変な恐怖のべったり?べたべた?絨毯となりそう~~
昨年、この花びらのお掃除の重労働がきっかけで、膝を痛めてしまいました。
未だに、膝に爆弾を抱えている感じです。

ですので、今年はゆっくり、のんびり、焦らず、膝当て必須で、
きれいにしていこうと思っています。

庭の仕上がりは、優雅となりますが、
そこまでの過程は、重労働の連続なのです~~



わが家のヤエザクラ、満開です~~


わが家のヤエザクラ、満開です~

watermarked-DSC06086.jpg

上は、大窓からの風景。


何しろ 
塀に囲まれた狭い庭に 
大木のヤエザクラがあるものですから、

watermarked-DSC06100.jpg
ワンショットで木全体の花を収めることができず、
watermarked-DSC06109_201705052121164cb.jpg
色々な角度からの切りとり画像です。
watermarked-DSC06103 (2)
ちょっと、滑稽にも見えますね~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、今日は子供の日。
watermarked-DSC06067.jpg
watermarked-DSC06020.jpg
お姉さんらしくなってきた5歳のSちゃんも、
変顔得意の2歳のAっくんも、
おかげさまで、すくすく元気に育っております。



今、カエデたちの葉からも、目が離せません!

今、カエデたちの葉からも、目が離せません!
watermarked-DSC05953 (2)
鉢で育てているカエデ。秋は、真っ赤に紅葉。
お向かいさんから飛んできた種が1mまで成長。


watermarked-DSC05944_201705022059027ff.jpg
春の新葉が真っ赤に紅葉する 「春モミジ」
 (出猩々 でしょうじょう と言います)
 鉢で管理。春だけ真っ赤。
春の庭木の中で、一番目立つ色です。


watermarked-DSC05971.jpg
「LOOK!Ⅰ」からの景色(5/2)
左上の赤モミジ、葉が開いてきました。





watermarked-DSC05962.jpg
コハウチワカエデ
本当に てんぐが手に持つ 羽うちわのようです。
(これも、お向かいさんからのこぼれ種~)
 

watermarked-DSC05949.jpg
小さな粒々は、大カエデの花のつぼみ。


watermarked-DSC05969.jpg
赤シダレモミジの葉にも、粒々の花のつぼみが。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それぞれのカエデの樹々の葉は11月の紅葉の時期になりますと、
このような味わい深い景色を創ってくれます~

watermarked-DSC01433 (2)

樹々も無くてはならない
大切な庭の植物~!

特に紅葉してくれる広葉樹は、四季を味わう庭には必需。




白梅の花?いえ、雪の花~

watermarked-DSC04673.jpg
                      (2/21)
一転して、今日は青空~♪

春を、待ち焦がれているからでしょうか?
枝についた 小さな雪の塊が、白梅の花風に見えました。
雪が融け落ちる前の、貴重なシーンです。

このあと、間もなく、
その梅の花は、夢だったかのように消えてなくなりました。



遠くには、何やら
watermarked-DSC04676.jpg
猛禽が・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この大雪の前、庭の雪はほとんど消え、気温は0度でも「心は春」で、
寒い中、2日間少しだけツルバラの誘引準備をしました。
脚立に乗って、枯れた枝、使いそうもない昨年の枝等を切り、
本格的な作業前の、ウォーミングアップ、といった程度です。
これからの本番に向け、自分を鼓舞するつもりがあったのですが、、、、、、、。
この、いつ消えるかもわからない大雪で、その気持ちも、ぺしゃんこになってしまいました~~

懐かしいもの ホオズキ~♪


小さいころ、ホオズキで よく遊んだものです。

中の袋の種を上手にとって、ぷーっと膨らませて、
遊びましたね~

watermarked-DSC09137 (3)




オレンジ色が鮮やかです~

watermarked-DSC09139 (2)

好きな色ですが、色合わせが難しいので、
春、初夏は主庭には置きません。

でも、秋は オレンジ色が良く似合いますね




隣の ノリウツギ・ミナヅキが ホオズキのオレンジ色を

watermarked-DSC09837 (2)

映し出したかのように、色付いてきています~





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(ここからは、9月の記事です)


いただきものの 松茸で 数年ぶりの松茸尽くし!

watermarked-DSC09485 (2)
土瓶蒸し 美味しかった~♪
ホイル焼きも 良い香りでした~♪
松茸ご飯 あ~~ これは、不覚にも失敗!ショックでした!


・・・・・・・・・・・


こちらは、香りを楽しみに収穫した ボケの実。
watermarked-DSC09073 (2)
香りは素晴らしく、とろけるほどなのですが、
これの反対側が、大きな虫食いで、家の中に入れることは叶わず、
とても残念でした。
もう少し、早く収穫すれば良かった!




赤いツリバナの葉は、舞い落ちると白に変化~?? 


ツリバナの落葉が進んでいます。

ギボウシ 寒河江の大きな葉に
点々と、白色と赤色の模様を見せる
落葉した ツリバナの葉っぱたち。

watermarked-DSC09494 (2)

圧倒的に、白が多いですよね?
赤いはずの葉が、なぜ 白に~?


ツリバナの葉の表は赤く紅葉。

watermarked-DSC09495 (2)



でも、裏は、白なんです。

watermarked-DSC09521 (2)

watermarked-DSC09518 (2)

watermarked-DSC09522 (2)

しかも、舟形に 反り返っているために、
はらはらと舞い降りた時、裏の白を見せた方が、
安定する、というわけなんです。

なので、モミジとは違い、真っ赤な絨毯とはならないのです。

ツリバナの知られざる一口メモでした~



| NEXT≫