FC2ブログ

苔盆栽、ドーナツ状に赤い葉に囲まれ~~


DSC05230 (2)
                                12/5
大きな庭石の苔盆栽の周りに、いつの間にやら、
枝垂れモミジの赤い葉がきれいにドーナツ状に。
(全く手を加えてないですよ。これほんと。)

上の枯れた黄色の葉は、イワシャジン。
左の緑の葉は、ミヤマシャクナゲ。

きれいにお掃除してみました。
DSC05271 (2)
真ん中に 
青々とした可愛らしい三角のミスミソウの葉が数枚現れました。


↓来春4月も こんな風に咲いてちょうだいね。
DSC08178 (2)
                        4/19
1個でも存在感あり。
DSC08179 (2)
できれば、数個、咲いて欲しい~~
お願い。



↓こちら同じ場所の 昨年6月初旬
DSC07279 (2)
庭石の裏から枝を伸ばし、
真っ白のミヤマシャクナゲが、上品に咲いています。



↓10月のイワシャジンのころ。
DSC03284 (4)



ピンポイントでも、
同じ場所で、こうして四季の景色を楽しむ。
これも、けっこう面白いガーデニング~♪
今年は、赤い葉のドーナツのおまけまで付いてくれて、
嬉しさ倍増!

でも、この場所に適した植物が決まるまで、
何年も何年も、試行錯誤の繰り返し、、、。



今年の控えめな 「霜飾り」~~♪


ちょっと控えめな「霜飾り」でしたが、
DSC05175 (2)
                     11/26
それでも、
今時期しか見ることのできない 自然の美しき造形です。

(ピンぼけですーー)

葉の縁取りが、おみごと!
DSC05185 (2)
何の葉っぱかわかります~?

意外や意外!
サツキの葉っぱです!
見逃しがちな葉です。
サツキをお持ちの方、霜の降りた日、よーく観察してみてくださいませ~
得した気分になりますよ。
※気温差にはお気をつけて!※


エリヌスアルピヌスの葉も、
DSC05165 (2)


苔も、
DSC05164 (2)
寒そうです。


小鳥たちの水飲み場も、
DSC05157 (2)
凍って、ふさがってしまいました。


いつものあの苔の場所も
DSC05190 (2)
霜の日は、苔が明るくきれいな黄緑色になり、
より一層、目だって見えます~



最後の山野草 白のダイモンジソウ清楚に~


DSC03461 (2)
今年最後の山野草、
白のダイモンジソウ~♪

早春から、
心をほっこりと明るく暖めてくれた可愛らしい花の山野草たち。
ついに、最後となりました。


なんと、清楚な!
DSC03462 (2)
植え場所させ合っていれば、
何もお世話なしに 1年中、健気に何かしら顔を見せてくれる山野草たち。

ローメインテナンスの最たる植物ですネ。



・・・


山野草や 和の植物の葉っぱも、きれいに黄変。


イカリソウ
DSC03537 (2)



ウド (アラリア・サンキング)
DSC03479 (2)



キョウカノコ
DSC03535 (2)



クガイソウ
DSC03519 (2)


チョウジソウ
DSC03561 (2)

晩秋まで花だけでなく その葉っぱまでも
存在感、大!

ありがとうございました。
たくさん、楽しませていただきました。
また、来年もよろしくね~~!



そして、
原種シクラメン コウム の丸い可愛らしい葉っぱが
DSC03392 (2)
着々と、来年、早春の準備をしています~



庭石の上の イワシャジン増殖中~~


DSC03284 (3)
5年前に庭石の上の凹みに仕込んだイワシャジン。
自前の苔と共に、毎年毎年 増殖中~~

DSC03295 (2)
楚々とした感じは失せましたが、
よくまあ、ここまで元気に大きくなってくれたもの、と感心!



DSC04763 (2)
鈴の音が聞こえてきそうなベル型の花が連なり、
相変わらず可愛いらしい~


DSC04774 (2)
その根元の苔も美しい~




・・・・・・・・・・・・・

先日 10/21
七五三のお祝いで盛岡八幡宮へ。

DSC02896 (3)
Sちゃんは、まあ、華やか!
(後ろ姿ですが)

DSC02889 (3)
Aっくんは、30数年前にパパが着た家紋入りの羽織袴を。

この衣装を用意してくれた義母は、
「まさか、ひ孫がこれを着てくれるとは!感無量~!」
と、あちらで喜んでくれていることでしょう。

いつか、またこれを着てくれる子が現れるのでしょうか?
まだ見ぬその子のために、また、丁寧にしまっておきましょう。


そして、この日はSちゃんの7歳のお誕生日でもありました。
DSC03354 (2)
お誕生日プレゼントは「本」と決めていますので、
(わたしの親も、孫には「本」でした)

わたしのピーナツリースと鳥との写真が載っている
あの ”冬越し図鑑「鳥」
の他に「昆虫」「植物」「動物」の計4巻が出そろいましたので、
この4巻を揃えて、プレゼントしました。

小学校の図書館にも、置いてくれたら
嬉しいんですけどね。



今、イワシャジンが主役のメインガーデン~~


DSC03281 (3)
主庭、左の庭石の上のイワシャジンが 今、盛りとなっています。
かなり旺盛に花をつけ、小花ながらとても目立っていますネ。
(左下にチラッと見えるオレンジは、ホオズキ。)


光が射しこむと、カメラを抱え、四方八方から撮影会。
DSC03325 - コピー
楚々としていた数年前からは想像できないほど大株に。
イワシャジン単独の画像は、後ほど。


最近の秋晴れの中、やっと少しだけ庭作業を。

DSC03270 (2)
葉物類のシェードのコーナーも、まだまだイケるじゃない?


つくばいの水も取り換え、周りもきれいにし、
DSC03268 (2)
グリーンのグラデーションの中、ツリバナの赤がポイント!

水浴びにくるヒヨドリに、「気持ちいい~~」と褒められそう~^^



ところどころにある
こんな風景も楽しみながら、
DSC04686 (2)

DSC03089 (2)

DSC04717 (2)

DSC04714 (2)

庭の片づけ、冬の準備を進めております。



雨上がりのダイモンジソウ 活き活きと~



DSC03233 (2)
雨上がり、ダイモンジソウがつやつやと
目に飛び込んできます。

背景には 良い感じに苔むした庭石。
自然の風景を模して造形する盆栽の
庭バージョン
とでもいいましょうか、
満足な景色が出来上がりつつあります。

しかもここは、あの山野草の聖域。

DSC03235 (2)

寒さが増すにつれ、他の植物は元気がなくなりますのに、
ダイモンジソウは、逆!
活き活きと花数多く栄えてきます。


DSC03156 (2)
まさに 「大」 の字!


こちらの 淡いピンクも
DSC03237 (2)
別の苔むした庭石の前で、
自然体で 活き活きと。


雨に濡れた苔は、
DSC03243 (2)
瑞々しさが増し、
いっそう、緑のグラデーションが映えます~~


苔の種類は詳しくはわかりませんが、
魅力的な苔がたくさんあり、
わたしの主観的独断で、美しく見えるものは手厚く保護し、
あちらこちらに何種類も生え広がっています。

地味ですが、ハッとさせられる場面が多々あります。



リンドウ生産、日本一は、”い・わ・て”~!




DSC03092 (4)
秋の代表、魅惑のブルーのお花
「リンドウ」
(モニターによって実際のブルーと違って見える場合があります)

わが家のリンドウは、ミヤマリンドウ。たぶん。
実家から連れてきたもの。
DSC03094 (2) - コピー
市販のものとは違って、
ほとんど先端部分にだけ花がつきます。



先月のお彼岸のお墓参りも、

DSC03097 (4) - コピー

父の喜ぶ顔を想像しながら。
お供えのお花は リンドウを添えました。(買ったものですが)


リンドウの定位置は、
DSC03075 (2)
主庭、左手前。

こちらも、素朴で、わびさび を感じますね。
こういうナチュラル感が大好き!


景色は、
色々と計算しているとはいえ、
失敗を繰り返し、試行錯誤しながら作っています。

仕上がりは、
山里を散策しているような、ナチュラルさ、
いかにもずっと昔から自然にそこから生えていました、
という感じが、目指すところかしら?

心が落ちつきます。


| NEXT≫