つくばいで 水浴びしているのは誰~?


つくばいで 激しく水浴びしているのは~~?

watermarked-DSC05786_20170425195311969.jpg



watermarked-DSC05784.jpg
はい、いつものヒヨドリでした。

このつくばいの深さは、15センチくらい。
ヒヨドリにはおぼれる深さ。
なので、
中に、大きな石を沈め、深さを5センチくらいに調整してあげています。

隣りのクリスマスローズとのツーショットで、
水浴びがより楽しそうに見えません?、



株立ちの木々や
watermarked-DSC05634.jpg
枝ぶりの面白い樹木の間にある
watermarked-DSC05672.jpg
クリスマスローズの作る景色も
watermarked-DSC05679.jpg
ナチュラル感ありで、
watermarked-DSC05669.jpg
好きです~♪


雨上がりのシュンラン 尚いっそう 高貴に~~♪




watermarked-DSC05602a_20170419203734a67.jpg
雨上がりのシュンラン 尚いっそう 高貴に見えます~

シュンランが楚々と立ち上がってきました。

雨上がりの滴をまとい、
いつもより尚いっそう、高貴に気高く見えます。

父と母が愛した山野草です。


watermarked-DSC05594.jpg



早春の山野草たち、次々に~


watermarked-DSC05518_201704181959291f8.jpg

ミスミソウ
大株になった ピンクや白たちが賑やかです~



ショウジョウバカマ
watermarked-DSC05543a.jpg
こちらラベンダー色は、毎年1株だけのご対面。

watermarked-DSC05544a.jpg
大事に大事にVIP扱いです~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再び、カタクリ

watermarked-DSC05426.jpg

花を下からのぞき込みますと~

watermarked-DSC05431.jpg

何やら、別の花の模様が見られます。


watermarked-DSC05550a.jpg

これは密標(みつひょう)と言うらしいです。
虫たちに密のある場所を教えるためのもののようです。




イチゲたちをバックに、クリローが~~♪


watermarked-DSC05566a_201704181938494a9.jpg

ごくごく フツーのクリスマスローズですが、
早朝のイチゲたちをバックに
素敵なシーンを演出してくれます。


「山野草の聖域」に カタクリが楚々と佇む~♪


watermarked-DSC05433a.jpg
カタクリが

watermarked-DSC05436 (2)
楚々と佇む~


・・・・・

斜面であること。
watermarked-DSC05392 (2)

石があること。
watermarked-DSC05393 (3)

等が、ナチュラルさを演出していると思われます。

watermarked-DSC05404 (2)

本来の自然界では、ありえない景色でしょう。


この大好きな心安らぐ景色を前に、
「山野草の聖域」を守り、育ててきたかいがあった!
と納得。

とは言うものの、実は、ほとんどローメインテナンス。
肥料無し、植え替え無し。

直射日光の当たらない半日蔭で、バラや宿根草の肥料が流れ込まない、
という所を選び、
生育旺盛なものは、調整し、弱いものは、目をかける
という程度のお世話だけ。

何と手のかからない、理想的な植物でしょう。
難しいバラとは大違いです~




イチゲたち、凍えちゃう~!


今朝は、雪。

watermarked-DSC05461.jpg
(4/13)
寒そうにも見えますが、
クリスマスの時期に咲く?クリスマスローズには、
この雪が、どことなく似合っているようにも見えます~


こちら、カタクリ、イチゲたちは、
watermarked-DSC05467.jpg
まいりました!
凍えちゃう~!
という感じでしょうか?苦笑

春の妖精たちのいる風景~~♪


カタクリのある この春の妖精たちの作る風景、
日に日に、魅力が増してきています~
watermarked-DSC05400a (2)
                                  (4/11)
風に 優しく、可愛らしく、揺れるさまが
また、心洗われるような風情です~

そして、この色あいが、わたしの庭の原点! 


| NEXT≫