FC2ブログ

今、イワシャジンが主役のメインガーデン~~


DSC03281 (3)
主庭、左の庭石の上のイワシャジンが 今、盛りとなっています。
かなり旺盛に花をつけ、小花ながらとても目立っていますネ。
(左下にチラッと見えるオレンジは、ホオズキ。)


光が射しこむと、カメラを抱え、四方八方から撮影会。
DSC03325 - コピー
楚々としていた数年前からは想像できないほど大株に。
イワシャジン単独の画像は、後ほど。


最近の秋晴れの中、やっと少しだけ庭作業を。

DSC03270 (2)
葉物類のシェードのコーナーも、まだまだイケるじゃない?


つくばいの水も取り換え、周りもきれいにし、
DSC03268 (2)
グリーンのグラデーションの中、ツリバナの赤がポイント!

水浴びにくるヒヨドリに、「気持ちいい~~」と褒められそう~^^



ところどころにある
こんな風景も楽しみながら、
DSC04686 (2)

DSC03089 (2)

DSC04717 (2)

DSC04714 (2)

庭の片づけ、冬の準備を進めております。



雨上がりのダイモンジソウ 活き活きと~



DSC03233 (2)
雨上がり、ダイモンジソウがつやつやと
目に飛び込んできます。

背景には 良い感じに苔むした庭石。
自然の風景を模して造形する盆栽の
庭バージョン
とでもいいましょうか、
満足な景色が出来上がりつつあります。

しかもここは、あの山野草の聖域。

DSC03235 (2)

寒さが増すにつれ、他の植物は元気がなくなりますのに、
ダイモンジソウは、逆!
活き活きと花数多く栄えてきます。


DSC03156 (2)
まさに 「大」 の字!


こちらの 淡いピンクも
DSC03237 (2)
別の苔むした庭石の前で、
自然体で 活き活きと。


雨に濡れた苔は、
DSC03243 (2)
瑞々しさが増し、
いっそう、緑のグラデーションが映えます~~


苔の種類は詳しくはわかりませんが、
魅力的な苔がたくさんあり、
わたしの主観的独断で、美しく見えるものは手厚く保護し、
あちらこちらに何種類も生え広がっています。

地味ですが、ハッとさせられる場面が多々あります。



リンドウ生産、日本一は、”い・わ・て”~!




DSC03092 (4)
秋の代表、魅惑のブルーのお花
「リンドウ」
(モニターによって実際のブルーと違って見える場合があります)

わが家のリンドウは、ミヤマリンドウ。たぶん。
実家から連れてきたもの。
DSC03094 (2) - コピー
市販のものとは違って、
ほとんど先端部分にだけ花がつきます。



先月のお彼岸のお墓参りも、

DSC03097 (4) - コピー

父の喜ぶ顔を想像しながら。
お供えのお花は リンドウを添えました。(買ったものですが)


リンドウの定位置は、
DSC03075 (2)
主庭、左手前。

こちらも、素朴で、わびさび を感じますね。
こういうナチュラル感が大好き!


景色は、
色々と計算しているとはいえ、
失敗を繰り返し、試行錯誤しながら作っています。

仕上がりは、
山里を散策しているような、ナチュラルさ、
いかにもずっと昔から自然にそこから生えていました、
という感じが、目指すところかしら?

心が落ちつきます。


シソ科多年草 ”シモバシラ” ずいぶん楽しませてもらいました~~


DSC04508 (2)
真冬の冷えた日に、
茎をのぼる白いシモバシラを見たいために
育てている”シモバシラ”

DSC04513 (2)
でも、この見るからに シソ科とわかるこのお花、



DSC03061 (2)

今年はかなり見応えありで、
ずいぶん楽しませてもらいました~




DSC03070 (2)

ちょっと、暴れ気味ですが、
冬の霜柱の高さの記録更新をねらっていますので、
メインはまっすぐ伸ばして結わえ、



1部は倒れたままでしたが、
DSC03066 (2)
こんなにきれいに白花が並んでくれて、大満足。

暴れ過ぎのところは、カット、カット。



DSC03057 (2)

お花の少なくなるこの時期、
とても助けてもらった感があります~
(奥のオミナエシはまだ健在!)



今年最後のサギたちの 旅立ちです~~






DSC02833 (2)
今年最後のサギたち、3羽の
旅立ちです~~


DSC02824 (2)
仲良く 手を取り合って、


DSC02826 (3)
どこまで 飛んでいくの~~?

今年も、楽しませてくれて ありがとう~



共通していることは何でしょう~?



「鳥」 「bird」 の名が付く、今咲いている花を集めてみました!

DSC02709 (2)
カリガネソウ 

漢字では 「雁草」
雁=ガン(鳥のガン)
つまり、あの「ガン」
花の形状が雁に似ている草であることに由来しているらしい。

え~?どこが似ているの?と思いますでしょう?

でも下の写真を見ますと、
DSC02691 (2)
何となく、ガン、数羽が羽を広げて飛んでいるように見えません?
こじつけにも見えなくもないですが・・・・・


こちらは
ヤマジノホトトギス
DSC02674 - コピー
これも、なぜ、ホトトギス??

花にある斑点模様が、 ...
DSC02672 (2)
鳥のホトトギスの胸にある模様と 似ているのだそうです。


こちらは「白鳥草」(ガウラ)
DSC02486.jpg
白鳥が羽を広げて飛んでいる様に見えますね。


言わずもがな!
DSC02420.jpg
ピッタリの命名!
何度も登場する 「サギ草」 です~!



秋の七草を愛でる~~♪



秋の七草とは、
ハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、オミナエシ、オバナ(ススキ)、ナデシコ
ということらしいですが、
DSC04094 (2)
わが家では、
オミナエシは、8月の暑い盛りから咲き続け、
今もなお、勢力旺盛!
7月ころ、花が咲く前に 切り戻していますので、背丈は半分ほどで、
台風にも負けず、倒れることなく見応え充分!
ちょっと、イヤな臭いが気になりますが、、、


キキョウは
DSC02447_201809111131326e6.jpg
8月には咲き終えてしまっていますが、
秋の花??


カワラナデシコは、
DSC02655 (2)
7月に続き、また、咲き始め、
DSC02621_201809071218105eb.jpg
楚々とした姿に、優しい気持ちにさせられます。
(白は園芸品種。元はピンク)





わたし、個人的には、
我が家の庭で、今、目立っている
このオレンジ色のホオズキなど、
DSC02479_201809071218117fd.jpg
秋の象徴のように思えるのですが、、。

花ではないですけどね?



:::::

日本全国、様々な災害が起き、
その被害に遭われた方々のそのご苦労や心の痛みが
7年前に東日本大震災を経験したものとして(内陸ではありますが)
分かる部分が多々あります。
できるだけ早く そのご苦労から脱することができますように、
心より願います。



| NEXT≫