5月末の、地味ですけど、愛する山野草たち~~


オープンガーデンの日程を突然決定しましてから、
にわかに、忙しくなってきました。
少しずつ進めてきたつもりでしたが、
なんとなくきれいにするのと、
お客様に見せるためにきれいにするのとでは、
全く仕事量が異なります。
へとへと~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな中、愛する山野草たちに、5月も魅了され続けています。


DSC09279 (2)

特に 最も目が行く、このシソバタツナミソウ。
山好きの叔父から数年前一株いただいてから、株がどんどん増え、
タツナミソウ特有の花も魅力ですが、

DSC09280 (2)
この濃いめの「シソバ 紫蘇葉」が魅力的。




シンプルなアッツザクラ白と姫斑入りヤブランとの組み合わせは
DSC09060 (3)
わが家の定番。
父からの大事なアッツザクラ、なくすわけにいかないので、
大切にし、しかも、増えているのは嬉しいことです。


DSC09136 (2)
エリヌス・アルピヌス(岩唐草)


お馴染み
DSC09161 (2)
エビネ



これでも花です。地味すぎ!
DSC09146 (2)
カンアオイ
地面に接しています。

こちらが葉っぱ。
DSC09150 (2)
山野草の中で、最も地味な花!
でも、これも父からの大事な宝物なんです~


これほどのオシャレなお花、見たことあります~?


これほどのオシャレなお花、見たことあります~~?

DSC09123 (2)
オシャレでしょう~?
このドットと色のグラデーション!
1cmほどの小さなお花です。

DSC09125 (2)
誰かが 白の花びらに 点・点・点・点と
色を付けたかのよう?

DSC09128 (2)
花の中に こんなにきれいなデザインがされていたとは!
不覚にも、今年初めて知りました。
今まで、白い可愛いお花と思い込んでいましたが、
マクロレンズで、のぞいてみましたら、
なんと、驚き!

老眼とは、世の楽しい発見を見逃し、幸福感を逃しているようです。汗

なんのお花?と気になりますでしょう?

わたしと同世代の方々、
見えないなら、どうせ楽しめないですって?

そう、おっしゃらずに。
詳細は、の・ち・ほ・ど。

オープンガーデンの時まで咲いているかしら?
虫メガネを用意しておきましょうね。苦笑



最近の、お気に入りの景色は~~?


DSC03799 (2)
最近のお気に入りの景色~

フロントガーデン、マチルダの下あたり、素敵でしょう~?
DSC03789 (2)
ライムグリーンのクジャクシダと、紫のアジュガ、茶系のカラーリーフ、
トウキやホスタの葉
その間から、白のミヤコワスレが顔を出し、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちら、お馴染みティアレラのある風景。
DSC03777 (2)

山野草の聖域辺りを少し引いて見てみましょう。

流木をアクセントに、左のイカリソウのハート型の葉も可愛い。
DSC03775 (2)
ニホンサクラソウはもううなだれていますが、ピンクがあると引き締まります。


塀際の奥の小径から見ましても、あら、素敵じゃありませんか。
DSC03779 (2)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちら、ホスタの間から顔を出した、白のミヤコワスレ。
毎年の定番。
DSC03787 (2)
日陰でも咲く、ミヤコワスレがこれからの季節、
とても重宝します。

DSC03782 (2)



主庭の景色 徒然に~


大雨が続きました。
秋田方面に被害が出ているようですが、
昨年いらしてくださいました男鹿の方や、
今年バスツアーでいらっしゃる秋田の方々、
大丈夫でしょうか?
お庭の草花のことも さぞかし心配されたことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も、撮りためた写真の出番。


様々な色、形、大きさの葉物たちが展開し、
いつもの小径の風景が創られてきています~

DSC08747 (2)
手前は
銅葉のゲラニウム マキュラタム・エスプレッソ

DSC08750 (2)
淡い紫の花が、たくさん。
フウロソウの中ではトップバッター。



DSC08907_201805182028518c3.jpg
黒花フウロ



DSC08591_20180518202853c5d.jpg
お馴染み ホスタ ”寒河江”
この斑の入り方が、面白くって、目が留まります。


(5/12)以前にも載せましたが、
DSC08745 - コピー
アシュガの紫と タイムのピンクと アネモネの白、
右後ろのシモツケ・ホワイトゴールドのライムグリーンとの
この景色、大好きでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数日の雨で、外仕事はできず、家の中でできる仕事に切り替え。

準備しておいた大きなファブリックと、修理したミシンを出して、
不得意なお裁縫に、意を決して 取り組むことに。
ここ2日間で、何とか形にはなりましたが、出来栄えは、素人そのもの!
何を作ったんですか?って?
オープンガーデンにいらした方にだけ、お教えしましょう。
あまりにも下手で、写真には耐えられません~~ 大汗


山野草、後半も見逃せません~~


(一日中雨!撮りためたものを載せるチャンス!)

後半の山野草も見逃せません~!
DSC08642 (2)
ニホンサクラソウ (おじさんから)
DSC08643 (3)


一番大事にしているサクラソウ
DSC08649 (2)
実家からの移植、名前はわかりません。
花びらの裏が、淡い紫でとっても繊細な印象。



ブルーが素敵~
DSC08711 (2)
ミヤマオダマキ



花も可愛いけれど、斑入りの葉が とても魅力的!
DSC08645 (2)
ナルコユリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(5/18)

Sちゃん、小学校初の運動会が 雨模様のため、明日からあさってに、順延。
早めに連絡があって良かったネ。ママ。
例の如く、運動会大好きパパが盛り上がっているけれど、
主役はSちゃん!

頑張ってね~!

わたしは、カメラに望遠レンズでもつけて、出かけましょうか。
シャッタースピードを早めに設定して連写で。
追随機能を予習しなくては。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関東方面では、国バラとか、オープンガーデンとか、
盛り上がっているようではありますが、
こちらは いたってマイペース。
例年の如く、目をこすっては、ゾウムシを見つける毎日。
ふぅぅ~~~



「輝くティアレラ」に 今年も再会~~♪





DSC08373 (2) - コピー
今年も、輝くティアレラたちに、出逢えて、感激です。



DSC08733 (2)
山野草たちと同じ場所。半日陰がお好き!





朝な夕なに斜めに優しく射しこむ木漏れ日が当たると、
DSC08693 (2)
おとなしめの小花たちが、キラキラと輝き始めます~





この子たちも、ほとんど何もお世話していないのに、
DSC08834 (2)
毎年、こうしてボリュームアップ。

しかも、6月のバラの時期にまた、2番花を咲かせてくれるという 
優れもの!



・・・・・・・・・・・・・・・・



ちょっと今日は(5/15)、働きすぎた?
まだまだ、ブロワ&膝をついての桜の花びらのお掃除。
その後は、脚立に乗っての、つるバラの細かい作業。
上を見上げる時間が多く、首が疲れ、
意識的に首を下げることをしながらの作業。

奥庭の枝垂れるピンクサマースノーの構想がまだ決まらず、
2度めの誘引まではできず、
自分のピンとくるヒラメキを待っている状態。
でも、最低限の作業、蕾の付いていない芽を欠くことなどを行い、、
風通し良くしてあげました。

一番奥のルイーズ・オディエは、
こちら側を向かせるための2回目の誘引が完了。
あのコロコログルグルオールドローズの、開花がとっても楽しみ。

その合間合間に、クレマチスの 誘引。
あちこち好きなところへ伸びてしまっていますから。
ツルをほどき、自分の求めている景色を想像しながら、
そちら方向へとりあえず、誘引。

6月の予約のお電話やメールが増えてまいりました。
気が引き締まります。



ちょっとグロテスクな?山野草たち~



DSC08657 (2)
↑ クマガイソウ
仲良くこちらを向き。


毎年お馴染みの、ちょっと、グロテスクな?
ちょっと、不気味な?
美しいとは言い難い(植物たちよ、ごめんなさい。)



↓ ユキモチソウ
DSC08663 (2)
こちらは大好き。
おしゃれに撮れました?


↓ ウラシマソウ
DSC08583 (2)
増えもせず、無くなることもなく、
辛うじて毎年1個だけ出てきます。


葉も面白いでしょう~
DSC08580 (1)



↓ ムサシアブミ
DSC08662 (2)
こちらは増えて増えて、間引きが必要。





| NEXT≫