FC2ブログ

かなり、ねじれています!大好き、ネジバナ~~ 


DSC08240 (2)
大好きなネジバナが、見事にねじれて、咲いています。

1個1個の花は数mm。
DSC05475 (2)
にもかかわらず、一人前に(いっちょ前に)
蘭の花形をしているのですよ!これが!

30㎝近くに伸びています。
DSC08206 (2)
しかも、これが生えている場所は、
庭石の上の例のミニバラの隣。

あの 条件がいいとは言えない狭いところに、
「赤のミニバラ」
「シコタンソウ」(カラフル水玉のオシャレな小さな山野草)
「ネジバナ」
もうじき
「サギソウ」
まで咲くのです。

皆、小さな大スターばかり!
小さくても、わたしの宝物ばかり!


白のカワラナデシコ、裏技使い~~


DSC08096 (2)
主庭 ボーダー左側
明るめの葉っぱ群だけでも楽しめる景色。

そこに、白のカワラナデシコが
思いもよらぬほど多花となり、びっくり!
右奥の紫フロックスもいい感じ。


・・・・

カワラナデシコは茎が長く、5~60㎝。
花は純白で清楚で大好きなのですが、
毎年、茎は倒れ、どこで咲くがわからないほど
芽の出どころと、咲く場所が違いすぎて乱れる印象!
DSC08069 (2)
そこで、このごろ、ある工夫をしています。


下の写真、白の矢印が芽の出どころ。
DSC07958 (3)_LI
茎 数本を横に倒し、
オレンジの矢印のところ2か所を、
U字型のワイヤーで土に固定。
(ワイヤーは 他の植物の葉の下に隠れるように)
DSC07959_LI.jpg
固定して数日で、花芽は全て上を向いてくれます。

・・・・


この辺りで咲く花、他は、
シャムシュ・ノコギリソウ
DSC08072 (2)


八重のヤマザクラ 富士の滝
DSC08073 (2)
白の八重の一部がピンクとなり、とても可愛らしい印象。
秋色アジサイとして、色の変化が楽しめるとか?



お馴染み 赤のミニバラと
DSC08078 (2)
山アジサイ 藍姫


10mmのオシャレ 小花~~


なんてオシャレなんでしょう!
DSC05000 (2)
この10mmの小さい花!
DSC05029 (3)
今年も咲いています。


DSC06823 (2)

DSC06809 (2)




DSC06723 (2)


DSC04846 (2)



ティアレラの作る風景~~


DSC04839 (2)
5/16
この時期、山野草の聖域では、ニリンソウに替わり、
ティアレラの世界が拡がります。

DSC04820 (2)
株自体も大きく花数も増え、見応えは増していますが、
好きすぎて、
また苗を追加し、この風景をより深く楽しもうとしています。


DSC04816 (3)
そして、2番花がバラの時期にまた現れます。
この時期と遜色ないほど咲いてくれるのも
魅力です!


5月の山野草 あれやこれや~


DSC04772 (2)
クマガイソウ

DSC04704 (2)
ハルナユキザサ(榛名雪笹)


DSC06623 (2)
マイヅルソウ

・・・
ウラシマソウ
DSC06294 (2)



DSC06327 (2)




DSC06329.jpg


・・・

DSC04675 (2)

DSC04664 (2)



・・・

DSC04660 (2)



DSC04661 (2)

地味な花

・・・

DSC04615 (2)

DSC06375 (2)


DSC04612 (2)

5月の山野草は、

ユニーク、
グロテスク、
可憐、
美しい、

様々な形容詞が使われます。



ティアレラ、様々な表情を見せます~


DSC06500 (3)
大好きなティアレラが、山野草の聖域を 占拠。
大株になり 独特の、景色を作ってくれています。
その景色は、後ほど。

今日は、
単独でのモデル撮影を。

DSC06475 - コピー
色んな表情を見せてくれて、
撮影が楽しい。

DSC06482 (2)
でも、この時期は6月のオープンガーデン準備もあり、
超・忙しい日々。
ゆっくり構えて時間をかけて撮影する時間もなく、
数分で、感覚的にシャッターを押すだけ。

DSC06504 (2)
あ~、可愛い!
あら~、素敵!
などと言いながら、モデルさんをその気にさせて、
カシャ カシャ! と。

あ~、楽しい!

・・・・・

昨日は、Sちゃんの運動会!
DSC03294 (2) - コピー
DSC06562 (2) - コピー
DSC06608 (2) - コピー
家族の大きなイベントの一つ。
緑組のSちゃん、頑張りました!
リレーも、応援も。

そして、見事、競技も応援も、優勝!
W優勝なんて、夢のよう。

ママのお弁当も、最高でした!
ありがとう~

・・・・・・

シジュウカラ、ひょっとして、明日あたり巣立ち??

親のエサやりの間隔の短さと、
ヒナたちの「ちーちーちーちー!」 の大合唱の音量の大きさから、
もう、明日、明後日には巣立つでしょう。

そばで庭仕事をして居ようものなら、
親鳥に「ギリギリギリギリーーーー」と、警戒音が発せられ、やむなく退散。
かなり、ピリピリしている感が伝わってきます。
無事、巣立ってくれますように。

巣箱のあるのは、ウッドデッキの辺り。
ヒナたちの健康を考え、
メアリーローズ、ラベンダーラッシー、アイスバーグなどの
つるバラの消毒を控えたためか、
一部、病気の始まっているところもあり、
巣立った後は、そのメインテナンスが大変となりそう。

まあ、元気な子たちが巣立ってくれたら
それに勝ることはありません。



アジュガ(十二単)の紫が、インパクト有り~~


DSC06317 (2)
アジュガの紫が、とても映えます~
別名 十二ひとえ。
和の趣がありますね。

ちょっと大味な植栽ですが、
右ボーダーの色合いは手前から

薄紫はシバザクラ、  ピンクはプリムラ、その奥の白はセスチウム
その隣の白の花はイベリス、
黄はツルニチニチソウの葉、奥の白の花はアラビス。


DSC06311 (2)
ここに紫が加わり、インパクト大!


庭を明るくするために入れている斑入りの葉もの。
DSC06322 (2)
黄色の花は一つも入れていなくても、
充分葉っぱだけで庭が明るくなっています。

わたしの庭は、石が多く 暗くなりがち。
そこで、
このごろは、銅色の葉より、明るい色系の葉ものを選んで庭に入れています。
それが、功を奏しているかも?


| NEXT≫