FC2ブログ

大窓から、ふわっふわのアナベルを楽しむ~


DSC08052 (2)
綿菓子のように、ふわっふわになってきたアナベル~
おいしそう~~?

そのアナベル辺りの日々の変化を
DSC08068 (2)
キッチン大窓から、楽しむ毎日。
幸せ!
ユリ開花が待たれます。


・・・・



先日、「ボサノバ」の創始者と言われる
ジョアン・ジルベルト(Joao Gilberto) の訃報が入りました。

夏になると必ず、聴きたくなる「ボサノバ」

↓ スタン・ゲッツ(テナーサックス)と ジョアン・ジルベルト。
DSC08092 (2)

30年以上も毎年毎年これを聴いて
暑い夏を乗り切っていました。

(+小野リサの ボサノバ も。)
DSC00402 (2)


今年は、暑い夏が来る前、5月末から聴くことに。

なぜなら、ビルエバンスのピアノが聴けなくなってしまったから。
DSC08092 (3)
なぜ、あんなに好きだったビルエバンスを
突然、聴くことができなくなってしまったのか?

庭仕事に忙殺真っ最中、
5月末に観た 彼のドキュメンタリ―映画。

今まで美しい旋律!と思っていた彼のピアノの音色、
その音が聴こえてくると、
映画で見た、彼の壮絶な人生が思い出され、
悲しく暗く落ち込んでしまうのでした。

そこで、
リラクゼーション&ヒーリング的なBGMとして
「ボサノバ」を聴きたくなったのでした。


FMでも、ジョアン・ジルベルト追悼の企画が放送されています。
でも、FMラジオも、
児山紀芳(こやまきよし)さんは2月に亡くなられ、
ナベ貞さんは、番組を降り、
これぞ、という番組が無くなり、
非常に寂しい音楽LIFEとなっている今日この頃なのでした。



1本の桜だけでも 絵になる京都~~part3 (4/2~4)


DSC03226 (2) - コピー - コピー
祇園白川で、偶然出くわした
サギたちへの 餌やりタイム。
お店の方々の観光客へのサービスを兼ねてのことと思われますが、
まさに 絵になります~


建仁寺
DSC03254 (2) - コピー
中に入らずとも、充分楽しめます。


お馴染み 高台寺
DSC03167 (3)
白砂と枝垂れ桜
素材はこれだけなのに、なんとも、感動的!


二年坂と桜
20190407_113950 (6) - コピー
秋には気がつかなかった桜の景色。
こちらも、これだけで、photogenic!


円山公園
DSC03184 (2) - コピー
初めて行ってみました。
お宿からも歩いていける近場。
青空バックに感動!


京都府立植物園
DSC03236 (2) - コピー
こちらでも、
DSC03237 (2) - コピー
あちらでも
たくさんの素人モデルさんたちが 撮影タイム。

最近は、着物レンタルの中身が、
高級着物とカメラマンをセットで貸し出すプランが
大人気となっているそうです。

東山界隈でも、昨年よりもさらに、レンタルショップが増え、
カメラマンの前でポーズをとる海外の方々で、あふれかえっていました。


・・・・・

桜の景色を求めて、毎年のように日本各地を訪れておりますが、
量的に圧倒的に文句なしに迫ってくる桜景色は 
なんといっても 「弘前公園」!! 

が、しかし、

1本の桜だけでも、
そのそばに歴史的建物があるだけで、
こんなにも、感動をいただけるとは!

京都の奥深さに、
またまた気づかされた旅なのでありました。


・・・・

今回、京都旅行中、
「岩手」と関係することに、多々遭遇。



清水寺で、今回初めて気の付いたこと。
DSC_0281 (002) - コピー
1994年に岩手県の有志が建立した
阿弖流為(アテルイ)のための慰霊碑と枝垂れ桜
見つけました。

どうして?この世界遺産の清水寺に?
と思い、碑に書かれてあることを読み、納得!
そうそう、阿弖流為と、坂上田村麻呂と、清水寺との関係、思い出しました。
興味のある方は、ネットで検索してみてい下さいませ。


そして、清水寺に通ずる坂道の途中には、
DSC_0284 (4)
震災で流された松の流木で彫られた大日如来像が
祀られておりました。
手を合わせてまいりました。

・・

そして、JAL機内の 4月の小冊子。
DSC03137_20190411122826ca6.jpg
わたしの目に留まる記事ばかり。

DSC03134 - コピー
大・大・大好きな ピアニスト、ビル・エバンス
「ワルツ・フォー・デビィ」の紹介

DSC03135 (2)
釜石市「タウンホール」金野克人さん

DSC03139 - コピー
この角度から見た 宮古浄土ヶ浜は初めて。
異国かと思いました。
英語の記事でした。

・・

坂道の多い京都は、体力がないと歩けない街でもあります。
次回はいつ行けることでしょう?
足腰、鍛えなくては!



桜の京都、 三重・五重塔 を愛でる~🌸part2


醍醐寺
DSC03153 (3) - コピー
秀吉も愛した 世界文化遺産 醍醐寺
醍醐天皇の冥福を祈るために建てられた高さ36mの塔。
京都府下 最古の木造建築物

・・・

八坂の塔
DSC03178 (4) - コピー
いつものお気に入りのお宿からすぐそばの
お馴染み、八坂の塔
いつもですが、撮影したい人々でごった返しておりました。

・・・

東寺
20190407_144414 (3)
こちらも世界文化遺産
日本一の高さを誇る五重塔
高さ55m

DSC_0298 (4) - コピー
青い空と、重厚な建物と、キラキラと揺れ輝く桜色の花との
織りなす荘厳な風景に見惚れ、感動!

20190407_143542 (3)
駅のそばなのに、
ビル等、現代の建物が一切目に入ってこない、
というのが、さすが、京都。
でも、最近、規制緩和で、危なくなってきているとか?
お気に入りの東山のお宿のそばにも、大きなホテルが建設中で、
景観が変わるのでは?ととても心配!


・・・

清水寺

DSC_0279 (002) - コピー
清水寺も、お宿からすぐ。
(本堂、いわゆる清水の舞台は工事中のため、
今回は ホロをかぶっておりましたが、)

桜と建造物との創り出す京都ならではの景色は、
充分に堪能。


・・・

知恩院 三門

DSC03187 (2)
こちらの世界最大級の木造門、三門の壮大さには、
唖然とし、しばし、動けず!


きつい石段を登り、振り返って、
DSC03195 - コピー
また、感動!

スケールが違います。
(どこにいってもそうなんですけどね)


次回は、桜に焦点をあてて、編集してみましょうね。
4/2~4/4


桜の 京都も、素晴らしい~~🌸part1

DSC_0279 (002) - コピー

桜の京都へ行ってまいりました。

いつもは、紅葉の京都。
今回初めて、春、桜の時期に、訪れてみました。
あ~~、桜の京都も、素晴らしい~~🌸

今日は、1枚のみ。

清水寺の桜と塔。

数日かけて、まとめてみたいと思います。
しばし、お待ちを。



まねっこで、チューリップの春を~~♪


DSC04271 (2)
チューリップで
春を演出してみました~~♪


陽射しは春なのに、
まだまだ、お庭は茶色だらけ。
家の中も、アマリリスは終わり、シクラメンも盛りが過ぎ、
寂しくって、

DSC04267 (2)
チューリップで、春気分を味わってみました~~

なーんて
じつはこのチューリップは、
雑貨屋さんで、
衝動買いした作り物!^^;
リアルに見えますでしょう~?



しかも、この飾り方は、
Oさんからいただいたカレンダー
(雑誌クロワッサンの付録)
の4月のディスプレーのまねっこ!
DSC04273 (2)
無造作に結ぶ、紐まで まねっこ!
(でも~、よく見ますと、このチューリップもフェイクですね。^^;)

こんなことして、春待ち人。


福は~内! 鬼も~内!


今日は、節分
DSC04191 (2)

Sちゃんが学校で作った「鬼」
こわっ!
目が吊り上がり、
牙が大きくって凄すぎ!


こちら、Aっくんが幼稚園で作った「鬼」
DSC04213 (2)
なんと可愛らしい優しい鬼!

後ろに見えるのは、「あいうえお表」
懐かしいでしょう?


こちらはお馴染みスーパーに置いてある
お持ち帰りの鬼のお面。
DSC04194 (2)
よく見ますと、
くりくりお目目が、穴から見えてます~


「鬼は~外!」


でも、こんなにかわいい鬼でしたら、
出て行かないで~
と言いたい。


「福は~内!」

「鬼も~内!」
??^^



ジョセフィーヌ妃と お祝い事 との繋がり~~


先日、嬉しい嬉しいお祝い事がありました。
次男にも待ちに待った春がやってきたのでした~
(本番は、まだまだ10か月も先ですが、、)


DSC04113 (2)
                        (1/20)
その時の
素敵なテーブル フラワーアレンジメントをパチリッ!

・・・・・


そして、話題は、突然、ナポレオン妃の
「ジョセフィーヌ」
 について。

なぜ、ジョセフィーヌ妃と、このお祝い事と繋がりがあるのでしょう?
その謎解きは、ラストに~~


数年前、ルーブル美術館で鑑賞しました
DSC01504 (2)
「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」


拡大しましょう。
DSC01504 (3)
左のひざまづいている女性がジョセフィーヌ妃。


余談ですが、
ベルサイユ宮殿にも同じ作者による複製もあります。
DSC01039 (2)

この「ジョセフィーヌ妃」は
ナポレオン1世の妻。
そして「現代バラの母」
と称されています 。

ジョゼフィーヌはパリ郊外のマルメゾン城で過ごしました。
彼女は世界中のバラをその庭に集め、植物画家
「ルドゥーテ」
に描かせました。
また、このバラ園の園芸家により、
多くのオールド・ローズがこの世に生み出されたのです。
そして、この技術が後に現代バラを生み出す礎となったのでした。

バラを育てている方でしたら、
「ジョセフィーヌ妃」
は、「ルドゥーテ」と同様、有名ですから、
ご存知のことでしょう。



・・・

ここからが、ジョセフィーヌとお祝い事との繋がりの謎解き。
ちょっと、オーバーに前振りしてしまいました、、、(汗)


わたしは、ジュエリーのブランド等あまり詳しくないのですが、

18世紀にフランスのパリで生まれたハイジュエリーブランド、「CHAUMET」(ショーメ)。
「CHAUMET」は、皇帝ナポレオンや
先述しました「皇后ジョゼフィーヌ」を筆頭に、
ヨーロッパ各国王室の御用達であり、
現代は、伝統のスタイルを継承しながらも、
パリの香り漂う現代的なセンスを採り入れている、、、
とか。



なんと、偶然にも
息子と彼女、2人が選んだエンゲージリングは
この「CHAUMET」!


わたしの今没頭しているガーデニングの主役級のバラと
大いに関係有り!ということがわかり、
わたし一人、心の中で感激しているのでした~!

いつか、このお話を二人に聞かせてあげましょう~♪

本番を迎えるまでも大変でしょうが、
応援していますからね。


・・・

こうして、バラの歴史を色々角度を変えて勉強してみますのも、
面白いものです~




| NEXT≫