FC2ブログ

イルミネーション、雪降る夜にひときわ美しく~~☆


DSC05274 (3)
イルミネーション、いつも通りに仕立て直し、
雪が降るのを待って、写真撮影~

点かなくなった電球が増えて、やや寂しくはなったものの、
雪が降り始めると、その雪に灯が反射し、
より、幻想的に魅力がアップ!

氷点下の夜に外に出るのは覚悟がいりますが、
1枚だけは撮っておかなくっちゃ、と着こんで外へ。

これから、長く寒い寒い冬へ突入です。
その冬を少しでも楽しく暮らすためにも、
暗い寒い外を通る方々のためにも、
イルミネーションは欠かせません~~


・・・


日中は、こんな感じ。
DSC05245 (5)
冬囲いのムシロに巻いた電球は、
外して木に掛け直しました。
ちょっと、変わったことをしてみようとしたら、どうも、品が無くなって、
結局いつもと同じになりました~
進歩がないといいますか、冒険ができないといいますか、
毎年同じことができるだけでも良し、としましょう。^^

冬囲いに使っているムシロ(コモ)は、毎年ホームセンターで買います。
最近、天然のものは少なくなり、
ビニール系の痛まない天然に似せたものが増えてきました。
わたしは、天然のワラで作ったムシロを使い続けています。
作業中はバラバラと切れ端が落ちてお掃除が大変ですが、
コモ巻きは、玄関前のオブジェでもありますので、
そのこだわりは、譲れないところなんです~





ハートを「鷲」づかみ、とは、こういうことを言うのでしょうね~~💛


手作りの素敵なカードをいただきました~~💛

DSC05226 (5)

こんなにも手の込んだ素晴らしいアイディアのカード、
見たとたんに、
これはもう、心臓バクバクものでした。

カードに貼られているのは、
使用済み切手、全て 鳥のデザイン!

”OH~~ NO~~!!”
これは してやられたーーーー!!
かなりのインパクト!


上の段から、鳥の名前を。

DSC05224 (9)
左より、メグロ、タンチョウ、ホントウアカヒゲ


DSC05224 (10)
モズ、オシドリつがい、クマゲラ、モズ


DSC05224 (11)
イカル、トキ、セキセイインコ、カケス



DSC05224 (13)
カルガモ、オシドリ♂、メジロ、ヤマセミ


DSC05224 (12)
キジバト、モズ、トキ、銀鶴、キジバト

メグロ、ホントウアカヒゲ、銀鶴
の3つは、調べました。
銀鶴は、春日大社の宝物を図案化したものなんですって。
勉強になります。

他にも鳥のシールが2枚貼られてありました。

ん、もう、~~!
鳥好きのわたしに、鳥の切手とは!
ハートを「鷲」づかみされた、(←掛詞、しゃれ のつもり^^;)
とは、こういうことを言うのでしょうね!

お庭に毎年来てくださる F様、
あなたのアイディアにはいつも驚かされ、
感激でいっぱい!

いつも同様? いや? いつも以上に?
開いた口がふさがらないほど、あなたのお気持ちが伝わってきました。
本当にありがとうございました~~💛




東京にお出かけしてきました~♪


ちょっとお出かけしてきました。

DSC03109 (2)


DSC03106 (2)
ご存知、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション☆
品良く、ハイセンスで、ロマンチック~☆
バカラのシャンデリアも素晴らしく輝いておりましたが、
あの美しさは、写真では表現できません。
お出かけして、実物をどうぞ~


・・・・

同じ敷地内のこちらの
DSC03111 (2)

マイケル・ケンナ写真展、初日に並んで入場。
DSC05221 (2)

DSC03112 (2)
全てがモノクローム。
その表現力に感動し、
めまいに襲われそうになりました!
白と黒だけで、これだけ心に響いてくるとは!


・・・・


お出かけ最終日のメインイベント。
最近話題のあのホテルで、
DSC03116 (2)
素敵なご家族と、
楽しいお食事会がありました。

また、お会いできる日を 楽しみにしております。



・・・・・・

帰って次の日は、夢のようなあの時間に浸っている暇などなく、
すぐに、現実に引き戻されたのでした。

落ち葉のお掃除とシュートの処理!
そして、パンパンのゴミ袋が、
”9個”も!
DSC05222.jpg

重・肉体労働の1日でした~~
ふぅぅぅ~~



京都は色付きはじめていました~~ PARTⅡ




世界遺産 宇治平等院
DSC03095 (2) - コピー
十円玉の「裏」、ではなく「表」 に描かれています。

宇治と言えば、お抹茶!
抹茶スイーツを、創業150年の老舗本店で、並んで味わう、
ということも体験。
DSC03093 (2)

古い建物や中庭を見ているだけでも、心地良い時間でした。


・・・


お宿は、お気に入り、
八坂の 前回と同じ小さな小さな町家風宿.。
しかも、同じお部屋。

すぐ近くには高台寺が。
DSC02987 (2)

ライトアップを見に行きましたが、

DSC02994 (2) - コピー

あちこち、プレジェクトマッピングされていたのには、
いささか、がっかり。



お宿から、八坂の塔もすぐそばで、
DSC03007 (2)
二年坂、三年坂などを通って、
清水寺も徒歩圏。


途中、京町家をのぞきながら、
DSC02982 (2)
あちらこちら、散策するだけでも楽しい。


・・


伏見稲荷大社の千本鳥居にも行きましたが、
DSC03088 (2)
人気ナンバー1のところだけあり、人・人・人・・・
その良さが分からないまま、人の波に押されながら、
早々に、帰りの電車に乗って、
錦市場へと。
こちらも、人・人・人・・・

やはり、朝早くの行動に限りますネ!


・・・


今回、最も思い出深い出来事は、

ニュースやワイドショーでも送されていましたが、
南座から、八坂神社までの 歌舞伎役者さんたちの
「お練り」(おねり)!

DSC02958 (6)  DSC02958 (5)  DSC02958 (7)

DSC02956 (2) DSC02952 (2) DSC02964 (2)

そうそうたる方々を 生で、見ることができましたこと、
夢にようでございました~!

将棋倒しになるかと思われるような人混みでしたが、
運よく、抹茶カフェの2階から見られまして、
まさに、ラッキー!!

なぜか、海老蔵さんが2枚も~~♡
(上下・左)

京都の方々も、
70人もの歌舞伎役者さんが勢ぞろいで練り歩くことは、
初めての出来事!と。
それに遭遇できたなんて、わたしは幸せ者です~♪


・・・


来年、桜のころも見たいね。
と、同じお部屋を予約。

体力的に海外旅行は自信がなくなっているこのごろ。

お気に入りの同じお宿に泊まって、
京都の奥深い魅力を、体感する楽しみ方も、
このあとの人生、さらに、心豊かにしてくれるのかもしれませんね。




京都は、色付き始めていました~PARTⅠ






DSC03049 (2) - コピー
今回の京都の旅、最高の感動は 

嵯峨野 ”祇王寺” (ぎおうじ)。


DSC03039 (2)
しっとりとした苔の庭。
開場の時間に合わせ、まだ訪れる人のまばらな内に
入ることができ、
朝の柔らかな光と、ふかふかの苔との織り成す
静寂の美しさに、心打たれました~!



嵐山の竹林。
DSC03029 (2) - コピー
こちらも圧巻!



世界遺産の ”天龍寺”
DSC03068 (3)
お天気にも恵まれ、

紅く色付きはじめたモミジと
奥の嵐山の借景と
手前の池に映る リフレクションとが
見事な名勝庭園の景色を創り上げていました。

紅葉にはまだ早い、と諦めていたのですが、
この景色を見られて、大満足!



・・・・・・


そして、今回、真っ先に行ったところは 
”三十三間堂”
DSC02945 (2) - コピー
今で言う 「弓道女子」の母から聞いていたお話。
「昔、三十三間堂で、弓を引いたことがある」 と。

その場所を確認し、感慨深く、特別な思いでゆっくりと散策。
(母は、明治神宮大会でも弓を引き、
射道優秀賞 をいただいたことがあるとか?)
その影響でわたしも高校時代は弓道女子に。
一応、二段なんですよ。
家に、弓矢を飾っております。

三十三間堂の名は、中の柱が33本あることからつけられたよう。
長さが33間あることではない、と。
わたし、廊下を歩きながら数えました。
確かに33本ありました~!


そして、驚いたことに、そのお堂の中に、
DSC03446 (2)
                (中は撮影禁止で、↑は、絵葉書を写したもの)

千手観音立像が千体!
中央には 十一面千手観音座像が。

中国の兵馬王でも見ているかのような、
整然と千体も千手観音が並ぶ様は、
こここそが、パワースポットでは?と思わせる
オーラが出まくりでした!
かなり、わたし、参りました!
単純な言葉の羅列でお恥ずかしいですが、
ここは、またゆっくりと訪れたい場所です。

祇王寺も、また行きたい!


PARTⅠは、ここまでです。


台風に備えて、房咲きバラは~~



DSC03051 (2)
                            9/26

また、台風が近づいています。(9/29)
房咲きの花は雨風で折れることがありますので
事前に 高枝切りで剪定。



そして、無造作にブリキのバケツに。


DSC03112 (3)
            9/29
色目が物足りなかったので、
バーガンディ・アイスバーグを1輪だけ差し、
葉物の小さい鉢たちを周りに置いて、
簡単 寄せ鉢風景 を。
アメリカヅタのピンクの紅葉が可愛い~



こちらは自然にできた寄せ鉢。
DSC03054 (2)
                          9/29
ギボウシ ”金星”の花のように咲いた、
ERノーブル・アントニー

色合いの組み合わせが、とっても可愛い~!
ほんとに、偶然の産物!




最近の 感動ものは? 植物&昆虫~?



DSC02537 (3) - コピー
ロウ細工のような、
レンゲショウマが咲き始めたこと!


そして、1本だけですが、
DSC02626_2018090511242788b.jpg
原種シクラメン、ヘデリフォリウムの花を見つけたこと。
ティアレラの葉の間から可愛いお顔をのぞかせています。


・・・・・・・・
きれいなお花の後に、少し、気が引けますが、、、、、



さあ、このケースには何が入っているのでしょう~?
DSC02593 (2)
ドキドキッ!

何やら黒い昆虫が!
DSC02592 (2)

「スマトラ・オオ・ヒラタ・クワガタ」~?
DSC02588 (2)

「でかっ!」
1535625335900 (002)
このクワガタ、
全くの予想外の展開で、Aっくん宅にやって来ました!
皆で 大興奮!

夏休み中、生きたヘラクレスオオカブトなどの昆虫フェスタでの 
Aっくんの塗り絵が入選し、
景品が、この巨大なクワガタ、ということに。

Sちゃんとママの女性陣は怖い~と、
キャーキャー言いながらも、怖いもの見たさで観察しているとか。
飼育係はパパ。

日本のクワガタの3倍以上は大きい!
この先、Aっくんたちが 小さな日本のクワガタやカブトムシと出会ったとしても、
反応は、小さいなもので終わっちゃうかもしれませんね。

息子たちの子どものころ、30年ほど前は
輸入禁止だったような?
なので、巨大なヘラクレスオオカブトとかに憧れながらも、
山にカブトムシを捕りに出かけたり、幼虫を育てたり、
それが楽しく、当たり前の遊びでした。
ザリガニ釣りしたり、オタマジャクシをカエルまで育てたり、
そういう楽しみは、今は、もう過去のお話なのでしょうか?
ちょっと、寂しいですね。

それにしても、この本物!
感動ものです。

・・・・・・・・・・・

じつは、
Sちゃんたち、カマキリを見たことが無い、というので、
庭で見つけたカマキリを箱に入れ、
飼い始めたのでした。
あーー、またまた変なこと始めて、
あきれますでしょ?




| NEXT≫