FC2ブログ

クリスマスローズのある景色~~


DSC06026 (2)
つくばいの周りのクリスマスローズたちと、
鳥との
思い描いていた光景が、見られました~
(鳥にピントを合わせると、フェチダスのピントがズレますが、、)


あらあら
DSC06024 (2)
水面にお顔が写って、
ナルシストに??

手前の黄の花は、
有茎クリスマスローズ・フェチダス、
DSC05995.jpg
ベル型のユニークな花です。


見慣れた濃いピンクのクリスマスローズも、
DSC04490 (3)
庭石を背景に、居心地よさそうです。


クリスマスローズも しっとりと品良く 開花中~~


DSC04444 (2) - コピー
ピンクのダブル


クリスマスローズも貴婦人の如く、
品よく、しっとりと開花中~~



DSC04440 (3)
Whiteを背景に、シックな色合いも素敵



DSC04439 (3)
可愛らしい2色づかい


1個だけ ニゲルが開花~


DSC04368 - コピー
         (3/23)
1個だけ、
ニゲルが咲いています。
幻想的に。


いつもはもっとたくさん咲いてくれますのに、
DSC04366 (2)
移植して、環境が過湿になったのかもしれません。

また、移植を考えてあげなくては。
この清楚な美しさに会いますと、
絶やすことはできませんね。


シンプルな白のクリスマスローズも、
DSC04370 (2)
早くも開花準備。

雪がちらほら舞う日ではありましたが、
花たちは、確実に春を告げています。



きれいにした 蹲(つくばい)は、鳥ラッシュ!


DSC05640 (2)
                     ツグミ
落ち葉だらけで濁っていた冬ごし蹲(つくばい)の水を
ヒシャクで何度もすくい、きれいにして、
元栓を開けた水道から新しい新鮮な水を
ジョウロで満たしましたなら、


待ってましたーー!
とばかりに、
DSC05652 (2)
                         キジバト
水飲みに、
来るわ!

DSC05643 (2)
                           ヒヨドリ
来るわ!

DSC05633 (2)
                          ヤマガラ                  
来るわ!

DSC05658 (2)
            カワラヒワ (蹲では撮り損ねました!)
来るわ!


野鳥とは言え、みんな、きれいな水を飲みたかったのねぇ~~!
DSC05622 (2)
              シジュウカラ


・・・・・

ところで、つくばい左に写っている植物。
昨年夏にダメにしちゃって、また、リベンジの

ヘレボルス・フェチダス。

DSC04263 (2)

囲いをしなくても、冬越ししてくれたみたい。
有茎種の花も面白いのですが、
この細い葉っぱが何より好きなのです。
黄金葉、のはずでしたが、今は、緑が強いですね。
さあ、今年は生きながらえてくれるでしょうか?



クリスマスローズのある風景~~


DSC08200 (2)
先週 4/20
キクザキイチゲのブルーを背景に
古株エンジ色のクリスマスローズ。


角度を変えて見ますと、
DSC08215 (2)
まあ、なんと美人さんぞろいなんでしょう~!

シックなお色も
DSC08217 (2)


清楚なお色も
DSC07935 (2)

皆さん、それぞれ
貴婦人、と呼ばれる所以が よーくわかる気品ある美しさ。



冬越し成功 フェチダス”ゴールドブリオン”~~



DSC08195 (3)
クリスマスローズ原種系 フェチダス ‘ゴールドブリオン’
黄金の細葉が気に入り、昨年お迎え。
冬越しが心配で、支柱を立て、布を巻き付け冬越し。

今、立ち上がった茎に 
クリーム色の花が鈴のように揺れています~

DSC08195 (2)
花の形はずいぶんと他のクリローさんたちとは異なりますね。

本来は葉っぱが気に入ってのお迎えでしたので、
この花後、また、昨年のような葉が、どこからどう?
展開してくれるのか?が全く分からず、心配!

DSC07968 (2)フェチダス・ゴールドブリオン
2017・ 6/14


とりあえず、
生きているので、ホッとしているところではあります。


冬の間は、こんな感じでした。
DSC07820 (5)
茎が折れないためにも支柱は必要みたい。
暑い地方では夏越しは難しいとのこと。






シンプルなクリローも 魅力的~~♪ 



DSC08083 (3)
毎年の クリスマスローズの 大好きな構図、

二つの庭石の間からのぞく、赤系のシンプルクリロー。


クリローの下に見える 数個の濃いピンクの赤い丸ボケは
コウムの花たちです~
DSC08083 (2)

昔からのシンプルなものは、
品種改良されたものと違い、
いつの間にか消えてしまうなどということはなく、
丈夫で、年々株も大きくなります。

DSC08149 (2)
雰囲気有りますでしょう~?

DSC07888 (2)
白の一重も丈夫!
沢山のスポットがまた、愛らしい!



| NEXT≫