FC2ブログ

ティアレラ2番花の存在感 大~~♪



DSC00913 (2)
                                (6/19)
大好きなティアレラ の2番花が、
山野草の聖域で 楚々と 控えめではありますが、
その存在感をアピールしています。

オープン期間中、豪華なバラに目が行きがちな中、
その控えめなティアレラの存在にも気づいてくださった方々の感性を、
嬉しく思いました。


下は、春5月の頃の写真。
DSC08834 (2)
ティアレラは、2番花でも春に負けないほどの花数。
寂しくなりがちな山野草の聖域に、
今も、それとなく、優しく咲き続けてくれています。

興味のある方は、カテゴリ 「輝くティアレラ」 をどうぞ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


watermarked-DSC_1320 (2)
盛岡の方なら、どなたでもご存じ!

赤レンガ館 (岩手銀行旧本店)で
明日6/22、楽しみにしていた
「渡辺貞夫クインテット」のライブがあります~




1911(明治44)年落成で、100年以上前の建物。
watermarked-DSC_1302 - コピー
このレトロな空間、コンサート会場と違う雰囲気でのライブ、
期待が高まり、ワクワク感が増してきています~♪








「輝くティアレラ」に 今年も再会~~♪





DSC08373 (2) - コピー
今年も、輝くティアレラたちに、出逢えて、感激です。



DSC08733 (2)
山野草たちと同じ場所。半日陰がお好き!





朝な夕なに斜めに優しく射しこむ木漏れ日が当たると、
DSC08693 (2)
おとなしめの小花たちが、キラキラと輝き始めます~





この子たちも、ほとんど何もお世話していないのに、
DSC08834 (2)
毎年、こうしてボリュームアップ。

しかも、6月のバラの時期にまた、2番花を咲かせてくれるという 
優れもの!



・・・・・・・・・・・・・・・・



ちょっと今日は(5/15)、働きすぎた?
まだまだ、ブロワ&膝をついての桜の花びらのお掃除。
その後は、脚立に乗っての、つるバラの細かい作業。
上を見上げる時間が多く、首が疲れ、
意識的に首を下げることをしながらの作業。

奥庭の枝垂れるピンクサマースノーの構想がまだ決まらず、
2度めの誘引まではできず、
自分のピンとくるヒラメキを待っている状態。
でも、最低限の作業、蕾の付いていない芽を欠くことなどを行い、、
風通し良くしてあげました。

一番奥のルイーズ・オディエは、
こちら側を向かせるための2回目の誘引が完了。
あのコロコログルグルオールドローズの、開花がとっても楽しみ。

その合間合間に、クレマチスの 誘引。
あちこち好きなところへ伸びてしまっていますから。
ツルをほどき、自分の求めている景色を想像しながら、
そちら方向へとりあえず、誘引。

6月の予約のお電話やメールが増えてまいりました。
気が引き締まります。



バラゾウムシには、ほとほと、、、、


バラの蕾がどんどん膨らみ、
苦労して誘引したアーチなど、美しい光景を想像し にんまりしながら、
連日庭仕事に励んでいます。


ところが、
にっくきバラゾウムシ!!

(写真と内容とは、関連がございません・・・どこかで聞いたセリフ 笑)
watermarked-DSC02963 (2)


目の高さのポイントとなる大事なつぼみをワザと狙っているかのように、
ここも、かしこも、膨らみかけたつぼみが 
首を垂れ シナ~ッとなっているではありませんか!


               (奥にティアレラが小さく見えます~)
watermarked-DSC02953 (2)


「ギャーーーーーーー!」
です!!



                     (まだ、フワフワ感たっぷりで、愛らしい~♪)
watermarked-DSC03051 (2)

テデトール(手で取る)だけでは追いつきませ~ん!

365日の苦労が水の泡~~? 涙



ティアレラ 輝く~☆


山野草の聖域にただ一つ入ることを許された(←大げさ~!)
ティアレラ

watermarked-DSC02822 (2)

控えめでいて、可愛らしく、
主張しないけれども、輝きを感じる

山野草と通ずるところもあり、
この場所に。



watermarked-DSC02412 (3)

バラの時期に、2番花が咲き、
この聖域が寂しくなるころ、
また、この辺りをふんわり明るくしてくれるところも魅力!




カラーリーフが目立ちます~


花の待たれるこの時期、
カラーリーフの赤系の色が、目に飛び込んできます。

watermarked-DSC00256 (2)
こちらは全部ヒューケラ。



そして、こちらの赤い葉は、ティアレラ。
watermarked-DSC00243 (2)
右隣の緑の葉は、原種シクラメン フェデリフォリウム。



5月の花咲くころには、赤い葉は、緑色に変わります。
ねっ?
watermarked-DSC09696 - コピー - コピー


角度を変えて見ますと。

watermarked-DSC09888 - コピー

わたしの大好きな ワンシーンとなります~♪

今の状態からは、全く想像つきませんね~


☆輝く ティアレラ~☆Part2


早朝の光に キラキラ輝くティアレラ

watermarked-DSC00049 - コピー

花穂は上まで上ってきましたが、
まだまだそのふんわり感で、周囲を優しく包んでくれています~



ミヤマオダマキと ツーショット!
watermarked-DSC09963 - コピー



じつは、

10日前の黄カタクリ咲くこの場所も
watermarked-DSC09702.jpg



1か月前のこのカタクリやイチゲのこの辺りも
DSC07822 - コピー
                    (左下に ティアレラの葉っぱが写ってます)

全て同じ場所。

同じ場所で、山野草が次から次へ、順番に咲きつなぎます。
全くの ローメインテナンスの聖域。

楽なお世話で、これだけの魅力ある花々を、しかも春早くに見せてくれるって、
山野草の その人気の訳が、よーくわかります。



ハイ、いつものミスマッチをご紹介!

watermarked-DSC00062.jpg
ティアレラとクマガイソウ
美女と野獣 のよう?笑

watermarked-DSC09866.jpg

見方によっては、かわいく見えなくもないです~?

輝くティアレラと再会~♪(2015)


輝くティアレラの時期となりました~☆


watermarked-DSC09639 - コピー


キュートで 


watermarked-DSC09585 - コピー


チャーミングで、


watermarked-DSC09750 - コピー


今にも、妖精が顔を出しそう~☆




watermarked-DSC09754 - コピー


このティアレラ、わが家の山野草の聖域に 入り込むことを許された
唯一の宿根草


watermarked-DSC09685_20150506065758058.jpg


早春の山野草 第1幕が終わってから、
第2幕のヤブイチゲ


watermarked-DSC09699 - コピー

黄カタクリ、ニリンソウなどと
違和感なく饗宴~


watermarked-DSC09656 - コピー

まだまだ、楽しませてくれそうです~♪


| NEXT≫