FC2ブログ

アゲハ蝶 と ミヤマトウキ との2週間 ~~

DSC03998 (4)
アゲハ蝶の幼虫にハマった 2週間~!
ハマった?というより 振り回された? 2週間。
(黄色の花はオミナエシ)



画像変わって、これはミヤマトウキの花。
ティアラの宝石のよう?
DSC06219 (2)

全体像も せり科のレースフラワーの美しさそのもの!
DSC08420 (2)




この姿が、2週間後、見るも無残に!
↓↓ 
DSC08830 (2)
葉っぱが無くなり、
茎だけの寂しい姿に。


何故か?

キ・アゲハは、せり科トウキの葉に卵を産みます。
幼虫となり、葉や花をむしゃむしゃ むしゃむしゃ。
DSC08736 (2)
これは、美しく撮ってみた幼虫の姿。
本物は、うじゃうじゃと、20匹も!
20匹も1株にいたら、気持ち悪くて夢に出てきそう~(怖)
(なので、うじゃうじゃの様子は、故意にアップしませんからご安心を。)


以外に、Sちゃんは平気で つんつんと、葉でいたずら。
DSC08765 (3)
(Aっくんは、後ずさり・・・^^;)


つつかれ怒った幼虫はオレンジ色の角を振りかざし、
DSC08748 (3)
くさい におい攻撃!

その後、幼虫は脱皮を繰り返し、
さなぎになる場所を求めて旅に出る。
お隣の敷地まで のそのそ歩いて行こうとする幼虫を
虫かごに入れてみたら、
DSC08890 (3)
次の日、徐々に さなぎの形へと変化を。
細い細い糸で、繋がっています。


後れて孵った、まだ黒っぽい1齢幼虫とか2齢幼虫とかは、
もう、食べる葉っぱが無くなって、途方に暮れている様子。

そこで、幼虫救出大作戦!
若い幼虫数匹を 他の元気なトウキの株にお引っ越し 等々。

Aっくんたちと、久々、幼虫たちと戯れた?
否、振り回された2週間でした!

さなぎは外に置いたまま春になるのを待ちます。
30年ほど前、家に置いたままのさなぎが冬に蝶になり、
かわいそうなことをした失敗がありましたので。

(幼虫などが苦手な方のために画像は小さくしてあります。
クリックしますと、大きくなります。)

・・・

後日、Aっくんの幼稚園の敬老の日のイベントに
これらの写真とさなぎ等を持ち込み、
Aっくんとともに お友達に披露。
昆虫好きのお友達に囲まれ、得意げのAっくんなのでした。


・・・・・・


昨日はMGCのマラソンで盛り上がりましたね~
わたしは心臓バクバクで、血圧が上がりそうでした!

1568511510079 (3)

わが家の家族はスポーツ大好き家族。

大きなスポーツの観戦の時は、LINEで繋がり、
それぞれ離れたところでテレビを観ているのに、
「すごい!」とか
「ドキドキ!」とか、
時には、解説が入ったり、
リアルタイムで傍で一緒に観ている感が大!
(皆様のところもそういうご家庭が多いと思われます。)

特に昨日は、東京に住む次男から
↑↑↑上の写真、芝公園の折り返し地点の
オリンピック出場を決めた中村 服部、 3位大迫などの写った写真が
TVと同時に 送られてきて、びっくり!

全く良いところに住んでいるわね~
羨ましい~!

このあと、3枠目を巡る競争も 目が離せませんね。
設楽くんがくるのでしょうか~~?


愛嬌を振りまく シュウカイドウ~~♪

DSC08599 - コピー
今年もシュウカイドウ(秋海棠)の季節となりました。

あちらこちらで 愛嬌を振りまいております~
DSC08595 (2)
見慣れたお花なのであまり意識しなくなりましたが、

こんなに可愛らしいお花、他に無いかも?
DSC08597 (2)
ピンクの花びら、ピンクの茎、
中心の雄しべの黄のまん丸、
見入ってしまいます。


半日陰の庭石の苔の中にも仕込み、
DSC08594 (4)
さもさも昔から咲いていました風に、
すまし顔でいます。

ここでは、こののち、紫色の岩シャジンが咲きます。
それもとても楽しみ~


オキシペタラム・ブルースター の種、知ってます~?


DSC07941 (3)
オキシペタラム・ブルースター
この水色に、たまらなく惹かれ、今年初めて 苗を数個ゲット。

春からずーっと咲き続け、切り戻しても咲き、
かなり、楽しませていただきました。

そして、先日8/19、のことでした、
DSC08485 (2)
花の隣に、その細長い膨らみを見つけ、ギョッとしたのでした!

12㎝もあります。
DSC_0027 (002)
これが、うわさに聞く、面白い種?
花からは想像できない形と大きさ。

この先、どうなるのでしょう?


・・・・

もう一つ、今年初めて植えた、

ブルー系の
ヒルガオ科
DSC08539 (2)
エボルブルス(別名アメリカンブルー)

こちらも匍匐性に拡がり、春からずーーーーーっと咲き続け、
今もたくさんの花をつけています。
ルブスの黄色に このブルーが映えますね~
猛暑のこの夏も休むことなく咲いていました。

冬越ししませんので、
来年も、必ず、手に入れなくては!
と思わせる 初プランツでした。




かなり、ねじれています!大好き、ネジバナ~~ 


DSC08240 (2)
大好きなネジバナが、見事にねじれて、咲いています。

1個1個の花は数mm。
DSC05475 (2)
にもかかわらず、一人前に(いっちょ前に)
蘭の花形をしているのですよ!これが!

30㎝近くに伸びています。
DSC08206 (2)
しかも、これが生えている場所は、
庭石の上の例のミニバラの隣。

あの 条件がいいとは言えない狭いところに、
「赤のミニバラ」
「シコタンソウ」(カラフル水玉のオシャレな小さな山野草)
「ネジバナ」
もうじき
「サギソウ」
まで咲くのです。

皆、小さな大スターばかり!
小さくても、わたしの宝物ばかり!


10mmのオシャレ 小花~~


なんてオシャレなんでしょう!
DSC05000 (2)
この10mmの小さい花!
DSC05029 (3)
今年も咲いています。


DSC06823 (2)

DSC06809 (2)




DSC06723 (2)


DSC04846 (2)



山野草の聖域 第3?ステージは黄花カタクリが主役~~


DSC04634 (2)
黄花カタクリが大株になり、
可愛らしさ + 存在感大、
で、



DSC06346 (2)
10年の山野草の聖域の歴史の中で(←ちょっとオーバーな物言い)、

 


DSC06305 (2)
初、その主役の座をゲットしたように見受けられます。


手前からクリスマスローズ
ニリンソウ、イチリンソウ、、、、
DSC06344 (2)
ティアレラたちも、第4ステージの 出番待ち。


同じ場所の 黄花イカリソウも、
DSC06303 (2)

まだまだ、美しい~~

DSC04630 (2)






令和、大好きな山野草でスタート~~!


「令和」がスタートしましたね。
平和で、穏やかで、笑顔溢れる時代となりますように。
DSC04573 (2)
イカリソウ

・・・・・
わたしは、相も変わらず、
大きかろうが 小さかろうが、華美であろうが、可憐であろうが、
区別なく、
ドキッ! と、
heartに迫ってくる 植物の魅力をお伝え出来たら、
と思っております。
時々、鳥たちも登場。
・・・・・

こちらは「ヒトリシズカ」
DSC04576 (2)
という名前とは裏腹に
「賑やか」な群落

真上から見る花は、
DSC04580 (3)
ヒトリシズカのイメージとは違って 新鮮!


早朝、気温が低いうちはしぼんでうな垂れている「ニリンソウ」
DSC04532 (2)

暖かくなると、上を向いていっせいに花開き、
DSC04557 (2)
風に揺れる様は、何とも楽し気。


DSC04539 (2)
純白で、清楚なイメージ ニリンソウ。
可愛らしいでしょう~~

ここまでは、山野草の聖域 第2幕。

次のステージのキャストは、
山シャクヤク?黄花カタクリ?春蘭?

あ~~、心ときめきます~~


| NEXT≫