FC2ブログ

雨上がりのダイモンジソウ 活き活きと~



DSC03233 (2)
雨上がり、ダイモンジソウがつやつやと
目に飛び込んできます。

背景には 良い感じに苔むした庭石。
自然の風景を模して造形する盆栽の
庭バージョン
とでもいいましょうか、
満足な景色が出来上がりつつあります。

しかもここは、あの山野草の聖域。

DSC03235 (2)

寒さが増すにつれ、他の植物は元気がなくなりますのに、
ダイモンジソウは、逆!
活き活きと花数多く栄えてきます。


DSC03156 (2)
まさに 「大」 の字!


こちらの 淡いピンクも
DSC03237 (2)
別の苔むした庭石の前で、
自然体で 活き活きと。


雨に濡れた苔は、
DSC03243 (2)
瑞々しさが増し、
いっそう、緑のグラデーションが映えます~~


苔の種類は詳しくはわかりませんが、
魅力的な苔がたくさんあり、
わたしの主観的独断で、美しく見えるものは手厚く保護し、
あちらこちらに何種類も生え広がっています。

地味ですが、ハッとさせられる場面が多々あります。



共通していることは何でしょう~?



「鳥」 「bird」 の名が付く、今咲いている花を集めてみました!

DSC02709 (2)
カリガネソウ 

漢字では 「雁草」
雁=ガン(鳥のガン)
つまり、あの「ガン」
花の形状が雁に似ている草であることに由来しているらしい。

え~?どこが似ているの?と思いますでしょう?

でも下の写真を見ますと、
DSC02691 (2)
何となく、ガン、数羽が羽を広げて飛んでいるように見えません?
こじつけにも見えなくもないですが・・・・・


こちらは
ヤマジノホトトギス
DSC02674 - コピー
これも、なぜ、ホトトギス??

花にある斑点模様が、 ...
DSC02672 (2)
鳥のホトトギスの胸にある模様と 似ているのだそうです。


こちらは「白鳥草」(ガウラ)
DSC02486.jpg
白鳥が羽を広げて飛んでいる様に見えますね。


言わずもがな!
DSC02420.jpg
ピッタリの命名!
何度も登場する 「サギ草」 です~!



雨の中、小さい花たちが健気に咲いて~




DSC01375 (2)
カキラン


大雨による大きな被害、心が痛みます。
これ以上、被害が拡大しないよう、祈るばかりです。


こちらも雨続きですが、小さい花たちが
健気に咲いてくれています~


ハハコグサ
DSC01357 (2)
春に続き、また、顔を見せてくれました。



DSC01354 (2)
シャムシュ・ノコギリソウ

その手前には、名前はわかりませんが、
DSC01361 (3)
セダムの可愛らしい小さな花が。



DSC01348 (2)
フウロソウ オリオン? ロザンネ?


和名は キンロバイ。大株になっています。
DSC01377 (2)
洋名は、ポテンティラ・レクタ






これほどのオシャレなお花、見たことあります~?


これほどのオシャレなお花、見たことあります~~?

DSC09123 (2)
オシャレでしょう~?
このドットと色のグラデーション!
1cmほどの小さなお花です。

DSC09125 (2)
誰かが 白の花びらに 点・点・点・点と
色を付けたかのよう?

DSC09128 (2)
花の中に こんなにきれいなデザインがされていたとは!
不覚にも、今年初めて知りました。
今まで、白い可愛いお花と思い込んでいましたが、
マクロレンズで、のぞいてみましたら、
なんと、驚き!

老眼とは、世の楽しい発見を見逃し、幸福感を逃しているようです。汗

なんのお花?と気になりますでしょう?

わたしと同世代の方々、
見えないなら、どうせ楽しめないですって?

そう、おっしゃらずに。
詳細は、の・ち・ほ・ど。

オープンガーデンの時まで咲いているかしら?
虫メガネを用意しておきましょうね。苦笑



山野草、後半も見逃せません~~


(一日中雨!撮りためたものを載せるチャンス!)

後半の山野草も見逃せません~!
DSC08642 (2)
ニホンサクラソウ (おじさんから)
DSC08643 (3)


一番大事にしているサクラソウ
DSC08649 (2)
実家からの移植、名前はわかりません。
花びらの裏が、淡い紫でとっても繊細な印象。



ブルーが素敵~
DSC08711 (2)
ミヤマオダマキ



花も可愛いけれど、斑入りの葉が とても魅力的!
DSC08645 (2)
ナルコユリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(5/18)

Sちゃん、小学校初の運動会が 雨模様のため、明日からあさってに、順延。
早めに連絡があって良かったネ。ママ。
例の如く、運動会大好きパパが盛り上がっているけれど、
主役はSちゃん!

頑張ってね~!

わたしは、カメラに望遠レンズでもつけて、出かけましょうか。
シャッタースピードを早めに設定して連写で。
追随機能を予習しなくては。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関東方面では、国バラとか、オープンガーデンとか、
盛り上がっているようではありますが、
こちらは いたってマイペース。
例年の如く、目をこすっては、ゾウムシを見つける毎日。
ふぅぅ~~~



心が優しくなります~「山野草の聖域」の可憐な花々~~



DSC08275 (2)
4/22
春蘭 



DSC08261 (2)
4/22
白 ニリンソウ
ブルー キクザキイチゲ

DSC08404 (2)
4/30
黄花カタクリ



DSC08448 (2)
5/1
手前はニリンソウ



DSC08551 (2)
5/5
イカリソウ

DSC08360 (2)
DSC08451 (2)



DSC08569 (2)
5/6
ニホンサクラソウ
後ろは


DSC08504 (2)
5/3
山シャクヤク



DSC08409 (2)
4/30
チゴユリ



山野草の聖域での 
清楚で可憐な花々をしゃがみこんで見ていますと、
不思議ですね、
心は穏やかに、そして優しくなっていきます~、

何も手を加えずとも、適した場所であれば、必ず咲いてくれる山野草たち。
20年から30年のお付き合いになりますでしょうか?
これからも、癒してくださいませ~



「ヒトリシズカ」、 「大勢でにぎやか」 に~


DSC08277 (2)
4/24
「ヒトリシズカ」という名称では、
どこか、寂しげな風情を想像しますが、
毎年、沢山の花芽が上がってきますと、
静か、どころか、賑やかで楽しそうに見えてしまいます。

おくるみに包まれたような、この状態が可愛らしくて一番好き。
このタイミング、こまめに覗かないと、うっかり見過ごしてしまうことがあります。
今年は無事見られました。


真上から見ますと、
DSC08289 (2)
別の花のよう。
押し寄せるミスミソウとキクザキイチゲの葉っぱの間から
辛うじて顔を出している状態。
今は賑やかでも、そのうち他の山野草たちに負けてしまうかも?
どうにかして 助けてあげなくては!


4日後
DSC08349 (2)
4/28
こちらは、おくるみからすっかりと出た状態。
ますます、賑やかに見えますね~



| NEXT≫