遠目には、美しく見えるように工夫~?


DSC08796 (2)
6/25
玄関周りは、長く楽しめるよう、
春早くに遅咲きのバラ、クレマを数種移植し、
大成功~♪

DSC08798 (2)
近寄って見ますと、少し傷んではいますが、
遠目には、まだ、イケてますでしょ~?
(もちろん花柄摘み等、お手入れはしていますよ。)


そして、超遅咲きの鉢バラを玄関に集めて、
助けてもらっています~
DSC08793 (2)

今朝、7時前にいらした方、
ごめんなさい。
玄関前だけ、見ていただきました。

DSC08782 (2)



アナベルが目立ってきました~


メインガーデン 少し高めの角度から見てみましょう。6/25
DSC08827 (2)

入り口から見ますと、
アナベルが目立ってきましたね~(6/24)
DSC08750 (2)
サルビア・ネモローサ・カラドンナはすべて切り戻しました。
ピークを過ぎたものを思いきりよく切ってみると、
その後ろの植物が主張し、別の良い景色を作ってくれるものです。
クレマチスが目立って来ています。
ホルジュームジュバタム、白のアスチルベが、輝いています。

左、アナベルがかなり大きくなってきました。
そろそろ、支柱立ての時期でしょうか?
茎が伸びきってから、支柱を立てます。
(沢山の方にこのエレベーター式の支柱について聞かれます)


奥のピンクサマースノーは
DSC08735 (2)

まだまだ旺盛に咲いています~
DSC08732 (2)



お手紙、メールなど、ありがとうございます~


オープンガーデン終了後、
たまっていた仕事を少しずつ片づけながら、
あちらこちらのガーデン訪問をし、また新たな刺激を受けております。

DSC08077 (2)

そして、
このバラの時期の父の命日には少し遅れましたが、
実家近くにある お墓のお参りをしてきました。

父が亡くなってから、もう20年以上経ちますが、
今の庭景色までたどり着きましたのは、父のおかげと思っています。
植物好きの父のことは、さりげなく書いてきてはいますが、
またいつか、詳しく述べてみたいと思います。

お墓では、父に、オープンガーデンにたくさんの方たちが来てくださり、
皆様に、感謝の言葉をいただいたことを 報告しました。

そして、今回特に、
内容の深いお手紙を数通、感謝のメールも多くいただいたこと、
手作りのこの庭のフォトブックまでプレゼントされたこと等、も、
報告いたしました。
DSC08334 (2)

わたしのほうが、深い内容の皆様の感謝のお言葉に、
感激している今日この頃です。
来年に向けてのパワーをいただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


汚れてしまいましたが、この網ホオズキ、
わたしの庭で、見つけた方、いらっしゃいます?

DSC05111 (2)

これは、昨年赤くなったホオズキをそのままにしておきましたら、

watermarked-DSC09139 (2)
1個だけ、自然に網目状となり、雪が降ってもそのまま落ちず、
春になっても、今時期も、健気に枝に付いたまま、という、
信じられないほどの粘り強さで、もう、オブジェと化していました。

今回、繁茂したホスタの葉を数枚切り、誰か気が付いてくれるかしら?と
ホオズキが ちらと見えるようにしておきました。



ある方からいただきましたお手紙に、(書いてもいいですよね?)

・・
「たおやかに揺れ、華やかに輝いている花たちの一角に、
白化したホオズキを発見しました。
時の移ろいを思い起こされるような演出に・・・脱帽しました。」
と。
・・


DSC08582 (2)

その方は、何か大変な悩みの毎日から、
私の庭を見て、立ち直ることができました。とも。



このようなお手紙、メール、お言葉などをいただき、
わたしの模索しながら作ってきたこの庭が、
どなたかの役に立っている、
癒しとなっている、らしい
ということが、実感として伝わってきました。


DSC08660 (2)



1年に渡る苦労が報われ、新たな力が湧いてくる思いがいたします。

皆様、
ありがとうございました。





葉っぱものと、可憐な花~



今年の「LOOKⅢ」は 地味。
良く言えば「詫び錆び」を感じて欲しい~
DSC08554 (2)
(「LOOKⅢ」のプレートを乗せた台は、
数年前に作業中に折れてしまったスコップの手の部分
その瞬間、後ろにのけぞり転んで、危なくけがするところでした!))



ムサシアブミの葉群落から、敷石の階段を奥まで見えます~
DSC08556 (2)
脇に、ティアレラ、奥にシラン、クレマ。



斑入りノブドウの葉、 なんて素敵なんでしょう~!

DSC08316 (2)
鉢から地に下ろしてみました。

賢治のお話にも登場する 
瑠璃色の実に出会えるのはいつになるのでしょう?



シコタンハコベ 1個だけ。
DSC08466 (2)
いえいえ、右のブランコの脇にも、1個~









早春に、ホスタ寒河江を株分け。
地植えした残りを4個の鉢に分け、
段をつけてディスプレー。

DSC08563 (2)

他、クジャクシダ、フウチソウの株分け鉢も加え、
葉物だけの鉢コーナーが、今年のお気に入り。

DSC08565 (2)
引き出しリサイクルフレーム使用の マイ・フォトコーナーが、
ホスタの寄せ鉢のおかげで、いつもの年より明るくなり、
人気のコーナーとなっていました~



クレマ・ホノラ、1個だけ下に誘引。
DSC08436 (2)
グランドカバーと面白いコラボレーション。
隣に、斑入りつゆ草の葉が顔を出しています~




ティアレラ、2番花、今年は優秀~!
DSC08612 (2)
まだまだ、美しく、輝いて~!



遅咲きのクレマチスはこれから開花~




DSC08637 (2)


DSC08590 (2)


DSC08432 (2)


DSC08519 (2)


DSC08603 (2)


DSC08439 (2)
ジェニーが 
レイニーブルーの隣で咲き始めました~



マーキュリー、がんばっています~
DSC08404 (2)


フォンド・メモリーズ、小振りになって、可愛く揺れています~
DSC08531 (3)




ミケリテ、 ダナエ、 ホスタ金星 これらの構図が
DSC08481 (3)
目に留まりました~
悲しいことに、今年のミケリテは、なんと、1個だけ!



アッシュウェンズデー、目の高さに咲いてほしくて、
DSC08467 (3)
震災で壊れた実家のシャンデリアの飾りをつるしてみました。
目の高さにするときはほとんどワイヤーを使いますが、
ここだけは、目立つところで、
少し、おしゃれにしてみました~





年に1度のガーデン祭り、いかがでした~?


オープンガーデンに
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。


DSC08176 (4)



最終日、お天気も良く、
楽しかったですね~♪
皆さん、笑顔が絶えることなく、、
とっても楽しんでいらっしゃる雰囲気が伝わってきました。

DSC08243 (2)
DSC08254 (2)


わたしは極力日陰で椅子に座り、体力温存していました。
(今朝は、4時半から整備していましたので・・・)

DSC08213 (1)

質問に答えたり、
「LOOK!」とかご案内することもありましたが、

朝1番のお客様に ご案内をずーずーしくお願いしたり、
初めての方には、常連さんが、いろいろ解説してくださったり、
ずいぶんわたしは、楽させていただきました。

DSC08263 (2)

ありがとうございました。


半日だけのオープンで、混雑した時間帯もありましたが、
数回、写真タイム をとり、メインガーデンの小径から周りに移動してもらう、
という、初めての試みも良かったのでは?と思います。

DSC08283 (2)


複数回いらしている方々は、もう、勝手知ったる庭、という感じで、
あちこちのイスに座って、
まったりとした時間を楽しんでいるようでした。


DSC08281 (2)


プロのようにカメラを構えた方々、いかがでしたでしょう?
カメラ2台をたすき掛けにしたベテランの男性、
良いお写真は撮れましたでしょうか?


DSC08216 (2)


皆様の笑顔を見ているだけで、幸せを感じ、
1年の苦労など、すっかり忘れてしまっているわたしがいました。


皆様、年に1度のガーデン祭りに 来てくださいまして、
本当にありがとうございました。


といっても、また、来週に予約が・・・
あと、ちょっとだけ、頑張りますね~





お見逃しなく PARTⅡ


定番 見ていただきたいところ~


DSC08201 (2)



庭石に低く誘引した
DSC07506 (2)
クレマチスも、次々と咲きつないでいます。


こちらも、庭石に植え込んである赤のミニバラ
DSC07986 (2)
もう、何年も可愛く咲いてくれています。
手前のシジュウカラは、
巣作りのため、苔をむしっているところ。
ここは、サギソウの球根など、
大事なものを埋め込んでありますので、
ハラハラものです~



庭の一番奥、バラフレームから、
DSC07783 (2)
入り口までも、見通せるように、作っております。

奥からの景色も
DSC07897 (2)
お見逃しなく!




DSC08165 (2)
↓↓
DSC08160 (2)




DSC07808 (2)
↓↓
DSC07746 (2)



お待ちしております~~



| NEXT≫