FC2ブログ

初秋の ”わび さび”を感じる景色 part3 ~



DSC02883 (2)
鉢で育てているグラス類。
中秋の名月と共に、
玄関前で 秋バラといっしょに観賞。


濃いめの銅葉、キミキフガ。(サラシナショウマ)
(秋の葉は、緑です)
DSC02939 (2)
適した環境を探して、あちこち移植ばかりして
今年、やっと花を愛でることができました。
何年かかったでしょう? ふーーーっ!

DSC02942 (2)
待ったかいがありました!
なんて、美しい花穂なんでしょう!



こちら、玄関横のロックガーデン付近。
DSC02837 (2)
秋色になってきましたクジャクシダの脇から、
斑入りヤブランの紫色の花がスッと伸びています。

葉っぱだけでも重宝していますのに。
DSC02758 (2)
この可愛らしいお花を見つけますと、得した気分に!


↓こちら、春、5月の同じ場所。
DSC03789 (2)
キラキラとした新緑が清々しいころです。
紫色は、アジュガ。
白は ミヤコワスレ。

同じ紫色と、緑系の葉っぱの組み合わせですのに
春の色と秋の色とでは、大違い!
比べてみますとよくわかりますね。
今は、クジャクシダの色はくすみ、
ミヤマトウキは縁がギザギザと黄葉し、
冬前の最後の落ち着いた美しさを披露しています。




今年も、1個だけ、ヒガンバナ、
DSC03011 (2)
がんばって咲いてくれました~~



”わび さび”を感じる 初秋の庭~~


日本古来の植物で ”わび さび” を感じる初秋の庭~
DSC02936 (2)
タイワンホトトギス が
DSC02930 (2)
 いつの間にやら、キンロバイの中から顔を出しています。



山野草の聖域の入り口に 門のように左右に
DSC02924 (2)
白とピンクのシュウメイギクがゆらゆらと揺れ、
まるで、S字の石段の奥へと誘っているよう。

左へ回り込み、角度を変えてみますと、
DSC02953 (2)
ツリバナの紅葉をバックに、初秋そのもの!


あちこちからちょこちょこ可愛いピンクの姿を見せる
DSC02918 (2)

シュウカイドウは大のお気に入り。

DSC02914 (2)
たくさん芽が出てきますが、すぐに抜けますので、
庭のポイントポイントにだけ残し、あとは小さいうちに抜いてしまいます。


日本古来の植物は、丈夫ですし、風情を感じます。
ほとんどお手入れすることもなく、毎年出て来てくれます。
手間といったら増えすぎないよう、抜く。ということぐらいかしら。

あと何年?かして、バラのお世話に体力の限界を感じ始めましたら、
思い切ってバラは抜いて、
樹々と緑と山野草とこういう手のかからない植物だけの
ローメインテナンスの 趣ある庭にしたいと
いつもいつも思っているのでありました。



9月初旬、 主庭、気になる景色 あれこれ~~



DSC02643 (2)
9月に入ってのわが家の主庭、
部分的にお気に入りの場所があります~

↑は、高砂百合。
カサブランカとは違って、清楚で優しさを感じます。


奥庭へとつながるカーブです。
キラキラ輝く風知草、
DSC02644 (2)

秋色ピンクに変化したハイドランジアと
寒河江のビッグな葉とのコラボレーションが

DSC02613 (2)
面白い!


秋の定番 シュウカイドウが、
DSC02615 (3)
何とも郷愁を感じさせる、良い雰囲気~


オレンジ色はこの庭には似合わないと思っているのですが、
DSC04197 (2)
今年のこのリグラリアのオレンジ林立は、
ちょっと、刺激的で、心くすぐられます。


今、お気に入り カルーナブルガリスのある風景~~



DSC02869 (2)
最近、お気に入りとなっている景色は、ここ。


半球形の 3色のカルーナブルガリスが 
DSC02449 (2)
リズミカルにコロンコロンと連なる 
主庭、小径の左側。


右側は 背の高くなる宿根草がゆらゆらと
ナチュラルに揺れています。
DSC02866 (2)
対する左側は、視界を遮らない背丈の低いものが
色合いを変えながら、庭石周りを彩っています。


低い背丈としているのには訳があります。
庭石の上の赤いミニバラやサギソウなどとのバランス。
それと
何より、庭石の鳥たちの水浴びを大窓から見たいからなんです。
DSC02451 (2)

今のこの時期、
この、カルーナブルガリス周りの景色、お気に入りです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみにこちらは、5年前2013年。
DSC04807 - コピー
植えて、2年目、
貧弱でしたね~~

それに、後ろのユーフォルビアたちは
わが家には似合わないかな?
と、今は、一つも無いです~

毎年、少しづつ変わっているのがよくわかりますでしょ?



お盆中の今 お気に入り、フロントガーデン~~♪ 

DSC02182 (2)
この猛暑のお盆中も、フロントガーデンは、
お気に入りの景色となっています~


赤、ピンク系のバラたちと
房咲きの白バラたちとが、
DSC02285 (2)
玄関アーチを フワリと包んでくれています。


中でも、目を見張るのは、
目の高さより下で咲いてくれている
プロスペリティの房咲きたち!
DSC02299 (2)
いつもの年ですと、
高ーいところでゆらゆらと咲いている白い房。
今年は、顔を上げなくっても、房たちが
たーくさん目に飛び込んで来ます!

玄関に出るたび、ニンマリ しているイブハトなのでした~♪

・・

つるバラの足元に花が咲かなくなる、というお話、よく聞きます。
でも、玄関前のこのプロスペリティは、誘引の時にある工夫をして、
6月に、下からも咲くようにしています。
(古い枝でも咲く、という性質もありますけど)
そのせいなのでしょうか?
今時期の返り咲きも下の方で多かった、というのは。

書き始めると長くなりそうなので、いつかまた。






猛暑に負けない フロントガーデン~~!



DSC01827 (2)
                (7/31 プロスペリティ、返り咲き↑)

35度越えの 猛暑の盛岡。
人も植物も へなへな~になる気温。

ところが、ところが、フロントガーデンは、
信じられないほどの花盛り!


濃い赤、バーガンディアイスバーグは良い香りを漂わせ、
DSC01824 (2)
ダ・ヴィンチ、オニユリ等々、も(色合わせは さておいて)、
元気に咲いています。

その向こう、淡いピンクは

いつもの マチルダさん。
DSC01825 (2)
相変わらずのにぎやかさ。

さらに、その向こうに見える、塀際の白は、

ノリウツギ、ミナヅキ
DSC01801 (2)
今年は花数も多く、見ごたえあり!

この猛暑の中、植物たちの頑張りに、こちらもパワーをいただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日からは、東北夏祭りの一番手、盛岡さんさ踊り開幕。

踊りや太鼓に参加の Sちゃんたち家族のカメラ班として、
熱中症対策をしながら、がんばってきます~!
はたして、
初参加のAっくん、最後まで踊り切れるのかしら~???

(こんなに暑くては、早めに途中リタイヤしてくれたほうが、
安心かも?
その救護対策も考えておかなくては!)





猛暑の中でも 2番花  元気に開花中~~


DSC01636 (2)
猛暑の中、2番花がたくさん咲いています。
この暑さで1日花となっていますが、
写真をアップしてあげたなら、花たちも嬉しいことでしょう~


↑ 上の写真、右に見えるのピンクの小花はフラワーガールたち

DSC01610 (2)
春よりたくさん咲いています。



下に咲く黄の小花は、キンロバイ(ポティンティラ)
DSC01695_20180722120758d09.jpg
その上の白い葉群は、斑入りカリガネソウ。
涼しげでしょう?




頑張って咲いている ラスト・ダイアナさんの後ろに見える
DSC01688.jpg
ピンクの点々は、
DSC01641 (2) - コピー
メアリーローズたち




玄関のマチルダさんは
DSC01643 - コピー
これからどんどん元気に咲き続けます~
あなたは、わが家では一番の強健さん。




7/22 早朝、暑くなる前の 主庭。
DSC01693 (2)
真夏に涼し気な 白のフロックスも咲き始め、
白や黄の斑入りの葉や、明るい色の葉などにも助けられている感じ。

左につぼみの見える、涼しさを一番に届けてくれる
カサブランカたち7~8本の支柱立て、
今朝、完了!!

これで、今期の主な支柱立ては、全て終了!
ふぅぅぅ~~~

台風が来ても嵐が来ても、もう安心!


| NEXT≫