冬のお楽しみは、やはりこれ! ☆イルミネーション!☆

DSC03068 - コピー (3)
                  (12/3)
今年も、シャラノキに、イルミネーション、セットしました~☆

いつも、変わり映えしない冬の光景ではありますが、
年齢を重ねてきますと、
細々でも、毎年、続けられることに
意味があり、価値が出てくるのだと思うようになりました。

何も変わっていないように見えて、
切れてしまったLED電球を補充したり、
温かみのあるゴールド色を足してみたり、
少しは手を加えているのですよ~☆


DSC03070 - コピー (3)
はい、今年も、いつものサンタさんが、のぞいています~☆
「ウムウム、今年も、がんばっとるな!」 とでも言ってくれてる~?笑



冬支度、急ピッチで!


今年は、いつもより、駆け足で冬が迫ってきている感じです。
まだ、11月というのに、先日の雪に驚き、融けたものの、
また、明日から銀世界が予報されています。

庭の冬支度は、かなり遅れ気味。
昨日、今日と、少しの時間を見つけては小雨であろうと、外に出て、
がむしゃらに作業を進めました。
もう、へとへと!


玄関前の、コモ巻きは、1個だけ完成。
DSC02962 (2)
残りはいつできるのでしょう?

主庭の宿根草の周りをきれいにし、堆肥をすき込むという作業は、
膝当てをして、黙々とこなし、大事なところだけは何とか。
何しろ、落ち葉が多いもので、前回同様、今回もごみ袋5個分。


そんな、泥だらけの作業の中、救われるのが、
こういうものを見つけた時!

可愛らしい 赤い実は、
DSC02971 (2)
ヤブコウジ。


小さな小さなピンクのつぼみは、
DSC02974 (2)
来春咲く、原種シクラメン コウム。
今からもう、顔を出しているのですね。
これから雪の下に隠れてしまいますのに。




ヘレボルス フェチダス・ゴールドブリオン
DSC02978 (2)
なんと、蕾らしきものが立ち上がっているではありませんか。
この辺りでの冬越しは、かなり難しいとは思いますが、
何か、対策を考えてみましょう。
この、細くて明るい葉っぱに、魅了され通しでした。
来年も、わたしの庭にはあなたが必要なの~~




雪です。庭景色に「白」が加わりました~



DSC02951 (2)
11/20
雪です。庭景色に「白」が加わりました~


DSC02942 (2)

DSC02935 (2)

DSC02949 (2)




DSC02933 (3)






最後の最後の 秋景色、 広角で~~~


DSC02304 - コピー
(11/15)
いつもより広い角度での 最後の秋景色です。
(・・・実際は、こんなに奥行き無いですよ・・・)

この景色を最後に、冬支度に入ります。

枯れた宿根草を整理し、落ち葉を掃き、
堆肥を敷きます。
バラの鉢は、枝を縛り、
つるバラは、シュートが雪の重みで折れないよう数か所、縛り固定します。
前庭のバラ類は、コモで雪囲いします。
ホカロン貼って、がんばります~~


(高い木の剪定だけは 庭師さんにお願いしています~)




メインガーデン、晩秋 憂える景色 あれこれ~~







DSC02660 (2)



DSC02705 (2) - コピー



DSC02720 (2)




DSC02475 (2)



DSC02710 (2)




強風により葉は飛ばされ、いよいよ晩秋の気配漂う~~



DSC02699 (2) - コピー
(11/9)
強い冷たい風に 葉は飛ばされ、
カエデの葉は、敷石の小径を覆いつくし、

 枝垂れモミジの葉は、
DSC02692 (2) - コピー
全て力尽き、地面を赤に染め、

晩秋の色濃く、
いよいよ
寒さがひたひたと迫ってきている気配~



  秋、深まるメインガーデン~~




DSC02569 (3)
                                  (11/5)
立冬ですって。
メインガーデンは、秋がどんどん、深まる~~


枝垂れモミジの葉が
DSC02576 (2)
庭石の苔の上に、もう、落ち始めています~


・・・・・

雨上がり、
庭奥からの1枚
DSC02527 (3) - コピー
                                      (11/4)
ホスタが あめ色になり、これも風情を感じる草紅葉の光景

今年初め、ホスタをずいぶん株分けしましたので、
葉のボリュームが少なめですね。

右の枯れたツリバナを掘り起こし、
今月末に、新しい株立ちのツリバナをお迎えします。3本目です~汗

そのため、周辺の宿根草を全部掘り起こし、鉢上げしなくては。
つくばいも10センチほど移動したいので、その辺りも掘り上げます。
つくばいは重くて重くて、庭師さん数人での移動となると思います。
庭師さんの足場あたりの植物もあらかじめ移動しておかなくては!
全部踏まれて、泣くことの無いように、ね。





| NEXT≫