FC2ブログ

8月後半、主庭の今は~~


DSC08521 (2)
紅葉し始めたツリバナ周辺を詳しく見てみましょう。

暑くてお手入れほとんど無しの庭ですが、

ツリバナの下の
DSC08529 (2)
風知草やアエゴボディウムの涼し気な明るい色合いに、
救われます。

右側には、
DSC08514 (3)
お馴染み オミナエシ、白や紫のフロックス、エキナセア。
奥には、ハイドランジアの白が。

手前に引いて見ますと、
DSC08531 (3)
斑入りカリガネソウの白がひときわ目立ち、
キンロバイの黄色も旺盛に。

敷石の小径の上に見える蝶のような白の点々は、
DSC08500 (2)
その名の如く、ガウラ(白蝶草)。

更に引いて見ますと、
DSC08507 (2)
左のアナベルは美しいライム色となったまま、
枯れ色となることもなく、、
この暑い暑い夏の庭の一角に 
涼しい顔して偉そうに(?苦笑)君臨!


夏バラの 命は、 はかなくて~


DSC08414 (2)
暑さの中、いつの間にか、玄関前は、
さらに バラ盛り!

そこに、ちょこんと顔を出したオレンジ色。
DSC08408 (3)
植えた覚えのないオニユリが、
数年前より、ヤグルマソウの鉢からオレンジパワーを発散!


6月と変わらぬ色彩が再び。
DSC08411 (2)

レオナルドダヴィンチも、
DSC08330 (2)
変わらぬ美しさ。


ただ、6月と違うのは、この日射しと うだる暑さ!
DSC08422 (2)
そのせいで、バラの命は短くて、
この景色は、もう数日で変わってしまいます~


フロントガーデン、2番花の様子は~?


DSC08392 (2)
7/25
今朝のフロントガーデン、

マチルダさんが再び咲き始め、
DSC08385 (2)
少し にぎやかになってきています。

上を見上げますと、
DSC08377 (2)
プロスペリティの房咲きも、たくさん見られます。


鉢バラも赤系中心に元気いっぱい!
DSC08381 (2)
グルース・アンテブリッツ、ゴスペル、ベルベティ・トワイライトなど。


・・・・


昨日と今日と、盛り上がった
高校野球 岩手県大会


7/24 準決勝の大船渡高校 
なま・佐々木朗希くん
DSC_0005 (3) - コピー

DSC_0007 (002) - コピー

・・

7/25 決勝戦 花巻東高校と
DSC05584 (2)

投げることは 回避されたようですが、
DSC05592 (2)

これから先、また、
わたしたちに大きな喜びと希望を与えてくれる日が来ることでしょう。


そして、花巻東の甲子園での活躍を期待したいと思います。

DSC05594 (2)
花巻東の応援が凄かった!
さすが、甲子園の常連校。
ひときわ、女性応援団長?が、かっこよかった~~


5/30主庭の風景 宿根草たちが伸びて~


DSC06765 (2)
5/30
主庭、入り口から見た 今の庭景色。
宿根草たちの背丈もアップ。ボリュームもアップ!
隣同士触れ合わないよう、引き算、そしてまた引き算!
正面奥のメアリーやルドゥテも、5~6輪、咲き、得意げな顔。

DSC06766 (2)
タイムも刈り込み、涼し気に。
ツリバナも樹形を整え、
大カエデの枝もメアリ―等が透けて見えるよう、
1枝1枝 剪定。

お庭だけでなく、
物置小屋の整理、車庫のお掃除等も
早めにしておかないと、ですネ。


フロントガーデン 華やかさと、おとなしめシックと~~


DSC06619 (2) - コピー
クレマチス「ミス東京」が、
キレンゲツツジの中で、続々と開花。

DSC04858 (2) - コピー
わたしの庭では、めったに?ほとんど?
見られない色の組み合わせ。


DSC04865 (2)
まあ、その華やかさと言ったら・・・
道行く人は、皆さん、ニコニコ顔です。


・・・・・・・・

いっぽう、
わたしの心に、ドキリと響くのは、

新緑のライムグリーンのクジャクシダとホスタに挟まれ、
その紫色がひときわシックに見られるこの場所。
DSC06622 (2)
おとなしめですが、クジャクシダは、
いつも景色を素敵に演出してくれます。

DSC04767 (2) - コピー
実家から掘ってきて、もう、10年以上経ちますが、
父のその先見の明には、いまさらながら感謝。


明るいライムグリーンのホスタも最近のわたしのお気に入り。
DSC04808 (2)
他の植物を惹きたて、周りを明るくしてくれます。



大好きな、この組み合わせも、10年以上。
DSC04856 (2)
アッツザクラと、ミニヤブラン。
今年は、フロントのロックガーデン辺りに移植。

・・・・・・

大風と大雨で、庭が心配。
ヒナたちも心配。
まだ、巣箱にとどまっていますが、かなり窮屈そう。
シジュウカラの親が疲れ切って飛べなくなっている夢を見て、
大雨の中、エサを探すのも大変でしょう、と、
少しでもお役に立てるよう、また牛脂を置いてあげました。


主庭、タイム・ロンギカウリス も咲き始め、


DSC04804 (2)
5/15 今日、夕方の主庭です。
敷石の間を埋めているグランドカバー、
タイム・ロンギカウリスのラベンダーピンクの花が咲き始め
ホスタも開き、フウチソウも風に揺れ、
一段と庭が楽しく、明るくなってきました。
左のピンクの花は、銅葉ゲラニウム、マキュラタム ‘エスプレッソ’


DSC04803 (2)
右、ボーダーの宿根草も盛り盛りと、浮き上がってきています。

・・・・・

6月には見られない宿根草の美しい花たちも、見逃せません。

プルモナリア ‘マジェスティ’
DSC06339 (2)
面白い花色!
このあと、シルバーリーフと言いますか、ホワイトの葉が目立ってきます。

アネモネ シルベストリス
DSC04690 (2)
毎年、どこからか顔を見せてくれます。
この柔らかな美しさに、惹かれます~


こちらも、定番、スズラン。
DSC06484 (2)
増えすぎないよう、本数を調整しながら、楽しんでいます。

・・・・・

今年、大株となり過ぎ?寒さに当たり?
敷石左側のカルーナブルガリス数株が、枯れこんだまま、
回復に時間がかかりそうで、、、、
先日、思い切って、全て抜きました!!

その跡地をどうしましょう?と連日悩み、悩み、
色んな発想が生まれ、
今、新しいアイディアに向け、まっしぐら!
何年も前に一度挑戦したアイデアでしたが、その時は知識もなく、1年で挫折。
今年、また再挑戦してみることに。
狭い一画ですし、ただの自己満足に終わるのでは?という不安もありますが、
6月を楽しみに、今、改良中!
どうなるのかは、もったい付けて
ひ・み・つ!
うまくいきましたら、公開しますね。


樹々の芽吹きが、目をみはる美しさ~~


DSC04526 (3)
4/24わが家のメインガーデン、
モノクロの暗いトーンから、
樹々の芽吹きが美しく輝く、少しだけ色味ある春の庭へ。

ここ数日、夕刻になりますと、必ず、この景色を見るために
主庭入り口に立ちます。

芽吹きだけですが、この輝く庭を見て、感動!



ツリバナの芽吹き
DSC06032 (2) - コピー


カエデの芽吹き
DSC06003 (2) - コピー




夏ツバキの芽吹き
DSC06010 (2) - コピー


シモツケホワイトゴールド
DSC04517 (2) - コピー


クジャクシダの芽吹き
DSC04500 (2) - コピー


芽吹きを見ているだけでこんなに幸せになれるわたし、
なんてお得なんでしょう~



| NEXT≫