FC2ブログ

黄も加わり、ますます、カラフル庭へ~~


DSC08202 (2)
黄のユリも咲き、ますます、カラフルな楽しい庭へと。

アナベルが白いうちに咲く赤系と黄色系のユリ。
DSC08217 (2)
高さが思ったところで咲いてくれないのは困りますが、
(いつもは赤が高すぎなのに、今年は黄が高っ!)
6月のシックな庭から一転して、
カラフルな賑やかな庭もいいものです!

毎日のこの庭の変化を、
DSC08191 (2)
キッチン窓からつぶさに見て、癒される
至福の季節となっています~~♪


ユリも開花し、いっきに華やかに~~


DSC08144 (2)
ブルーのガクアジサイも咲き始め(左奥)、
庭全体が 一気に華やいできました~~


赤系のユリも1個だけ開花して、
DSC08157 (2)


昨日の雨にも負けず、シャキッと立つアナベルたちとともに、
DSC08147 (2)
賑やかな景色を作りつつあります~
(支柱、してますよ!)


バラの2番花や、返り咲きも始まり、
今日、見に来てくれた友人も喜んでくれていました。

ブランピエール
DSC08104 (2)
と コンフェッティ


春に元気のなかったピエールのアーチ、
DSC08123 (2)
そろそろ、ピエール抜いて模様替えしよう!、と本気で思い始めていましたら、
それを察せられたのか、
今ごろ旺盛に咲いて、「抜かないでーー!」と。
こういうことって、「あるある」ですよね。


ゴスペル
DSC08125 (2)
真紅で香りのよいバラ。

玄関ポーチに香りのよい鉢バラたちを集め、
1個1個 その香りの違いを楽しみながら、
幸せ~~♪をより満喫しているこの頃です。


感動のアジサイたち~~


DSC08004 (2)
アジサイは、離れて見る景色も素晴らしいですが、

DSC08012 (2)
1個1個を見つめていると、

DSC07986 (2)
感動が、生まれます。

DSC08002 (2)
背景に、アナベルの白がありますので、

DSC07992 (2)
ひときわ、アジサイの色が引きたちますね。


・・・・

来月8月1.2.3.4日の盛岡さんさ踊りに向け、
この地区でも さんさの練習に熱が入ってきているようです。

先週土曜日、Aっくんたち家族4人の練習を見てきました。
Aっくんとママは踊り。
1562443842736 (3)
Sちゃんは今年からパパと一緒に太鼓に挑戦!
とても活き活きと楽しそう。
ママやSちゃんがお友達を誘ったこともあり?
この地区以外の人たちが増えて、大人数になっているとか?

お祭り参加で、
家族が繋がり、お友達とも繋がり、
地域も活性化し、盛岡全体も盛り上がる!
お祭り人間、万歳!

(ちなみに、わたしは、「花巻祭り」 で育ちました!)



アナベル、白くボリュームアップ~


DSC07955 (2)
アナベルが 白く球状にボリュームアップ~~
見応えが増してきました。


室内から見ますと、
DSC07951 (2)
こういう角度に。(ガラスへの写り込み、ご容赦を。)

キッチンに立ちながら、ダイニングテーブルで食事しながら、
ついつい、そちらにばかり目が行きます。

・・・・

山アジサイ、タグ探してみました。
DSC07950 (2)
たぶんですが、
手前の青は、「伊予時雨」と
奥の白系は 「伊予桜」?

この白が「伊予白」
DSC07592 (2)

と、思われます。


心落ち着く、優しい雰囲気 山アジサイ~


DSC07914 (2)
山アジサイが、
お庭も 心も 優しく包んでくれています~

これから旺盛に庭全体を華やかにする
大型のアナベルやガクアジサイなどと違い、
小さめで楚々として控えめな山アジサイを見ていますと
心が落ち着きます。



DSC07918 (2)

DSC07905 (2)

DSC07611 (3)
(それぞれのタグ、見当らないものあり。探してみますね。)


クレマチスも 可愛らしい。
DSC07908 (2)
リトルネル

DSC07784 (2)
ダークアイズ

DSC07911 (2)
アフロディーテ・エレガフミナ



・・・

先日、またまた用事があってお江戸へ。

帰りに赤坂迎賓館の一般公開へ。
(同級生のYちゃん、Hちゃん、行って来ましたよ)
7/1
DSC_0321 (3)
ヨーロッパに迷い込んだような感覚に。
明治42年の
日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物。
当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物。国宝となっています。
国王、大統領、首相などをお迎えする場、
また主要国首脳会議などの国際会議の場としても使用。

これから、ニュース等で迎賓館が映ったときは、
身を乗り出して見ることになるでしょう。

入るまでのセキュリティーチェックで、持っていた水のペットボトル、
「飲んでみてください」と言われ、
飲んでいる時もじーっと本当に飲み込んでいるかどうかのど元を見られていました。
中に入ってからも、警備の人数が多く、壁にちょっと指が触れただけで、
「触らないでください!」と2度大きな声で注意され、

そうですよね。
海外の要人が訪れる まさのその場所を一般公開してくれているのですから、
それくらいの厳重さがないと、逆に危ないですよね。
貴重な建築物を見させていただきました。

・・・

こちらも 1か月前のお江戸

新宿御苑 6/4
DSC03313 (2)

DSC03309 (3)
都会のど真ん中とは思えないほどの緑と静けさ。

広大なこの場所の清掃をしている方とお話しましたら、
なんと、盛岡で育った、と。

話しかけると、広いようで、狭くなる、近しくなる、
そんなことを感じさせる東京なのでした。



庭の主役は 突然、アナベル周辺へ






DSC07898 (2)
(キッチン大窓から ガラス越しにパチリ!)

バラも終わり、クレマチスも終わりに近づき、
寂しくなってきたと思っていたら、
突然に、アナベル付近に主役が交代!
フワッフワッの真っ白い花房になるのが待ち遠しい~


アナベルと一緒に、
DSC07880 (2)
山アジサイのクレナイや
クレマチス・シーボルティやニオベ
アストランチアなどが賑やかに饗宴~


クレナイは
DSC07883 (2)
ここまで紅くなってきましたよ。


クガイソウも、
DSC07884 (2)
アスチルベ・ピンクとアナベルとコラボレーションして、
思わず パチリ!



秋近し。 アナベルドライに~



DSC02441 (2)
                8/20
庭から、空を見上げましたら、あら、うろこ雲が。
秋近し、ですね。


主庭入り口のアナベル、
ついに、30本以上?を切りました!
DSC02874 (2)

景色が物足りなくなるのでは?といつも不安になるのですが、


DSC02873 (2)

見晴らしがよくなり、次の主役が控えているのがよくわかります。


↓ アナベル有りのころ
DSC02853 (3)
            8/3


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

切り取ったアナベルは、
DSC02437 (2)
車庫の奥に、カラーっと並べています。


来年6月に、
DSC09831 (2)
また、このような、アッと驚く ジャイアント・ドライを作ってみましょうか~?

もう1株ありますので、
次の雨の前には、また、全て切って、
干さなくては。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金足農業の皆さん、お疲れさまでした。
感動をありがとうございました。
今回の甲子園、
久々に、深く楽しませていただきました。
なんと、ドラマチックな試合の多かったことか!
あ~、スポーツは楽しい。
この筋書きのない真剣なドラマほど
心打たれるものは他にありません。



| NEXT≫