アナベル、切られてもなお、その魅力発揮~♪


ついに、アナベル切られてしまいました~
(わたしが切ったんですけど、、)

いつもは、まだまだお庭でその存在感を見せてくれている時期なのですが、
長雨のせいでしょうか?
黒く枯れこんでくるところがみるみる広がり、
ついに切る決断を!

watermarked-DSC06665_20140824131453b17.jpg

お庭は寂しくなりましたが、
切った後のこのアナベルの存在感は、2度 美味しい、
とでも言うのでしょうか?


watermarked-DSC06676 - コピー


奥の庭で、家族以外誰にもその魅力をアピールできないでいるより、
こうして、玄関わきで、植物に詳しくなく訪れる人たちにも
「おっ!!」
と思わせるこのボリュームとライムグリーンの美しさを披露できたら、
アナベル自身、切られてもなお嬉しい、と思っていることでしょう!!


watermarked-DSC06673.jpg


この後、これらをドライにします。
うまくいきますように~

watermarked-DSC06576.jpg




watermarked-DSC06582.jpg




雨の日に、窓ガラス越しに撮ったアナベルです~

watermarked-DSC06439.jpg
これらが無くなったのですから、どんなにか寂しくなったかお分かりでしょう?


咲いて良し、ドライにして良し、
来年のための剪定もいつ切ってもどこを切っても良し、
と、3拍子もそろった西洋アジサイ、アナベル!!

今まで、何度もアジサイの剪定で失敗しているわたしには、
夢のようなアジサイの出現と思っています~

これほどの長所があるのですから
首が折れやすく、全部に支柱を立てなければいけないという苦労など、
すぐに、忘れてしまうほどです~

でも、もちろん、これまで大事に育ててきた
他のアジサイにもそれぞれの魅力があり、
わたしの庭にはなくてはならないものです!
誤解のないように~
みんな、好きですよ~♡

関連記事