大壁画の迫力~! 雪窓!


昨日は、この冬一番の積雪。
久しぶりに 雪かきに汗をかきましたが、
昼には 大雪がウソのようにほとんど融けていました。
2月に入りましたが、雪の少ない比較的過ごしやすい冬となっています。



大カエデの織りなす雪景色と
室内のアマリリスとのコントラストを撮りたくて、
早朝にカメラを構えました。

watermarked-DSC05655.jpg
というのは、エサ欲しさにやってくる鳥たちが、
カエデの枝の雪を容赦なく落としてしまうので
この朝は、エサ出しを遅らせ、まだ薄暗いうちに写したのでした。




アマリリスたちが暗く目立たないので、
室内に照明を付けてはみたものの、

watermarked-DSC05656 - コピー - コピー
              (1/31)
何か、もっともっと、この迫力ある景色と花々とを
幻想的に撮れる方法を考えたいものです~

ただ、鳥たちが、「エサ、まだ~~?」と 次から次へとやって来ては
枝の雪を落としていきますので、
悠長にカメラを構えている時間はないのです~



・・・・・



それにしても、この大カエデの枝ぶりは、
大きな窓枠を額縁として
四季の織りなす芸術を大壁画のように創造し、
毎日、中にいる人間の目を楽しませ、心を満たしてくれています♪

この大窓を、大カエデの目の前に設計したこと、
ここまで生活を潤してくれるとは、思ってもいないことでした♪

居ながらにして、連日、大壁画を掛け替えてもらえる幸せ、、、

そして、その壁画に+αの喜びをくれる鳥たちにも感謝!



関連記事