まるで、ウォーリーを探せ!サギソウ~~


ネズミの行進~??

watermarked-DSC06976.jpg


どこまでいくの~?

watermarked-DSC06979.jpg

これは、毎年のものですから、お判りですよね?
1センチ強のサギソウの球根たち。



お彼岸のこの時期、お墓参りと、もうひとつのお仕事。

それは、数個あるサギソウ鉢からの 球根のほりあげ。

今年は、ちょっと小ぶりで数も少し減りましたが、
まあ、なんとか花は咲いてくれそうな大きさ。
ちょっとだけ 一安心!
全滅に近い年もありましたから・・・・・


この鹿沼土の中に、
watermarked-DSC_0940a_2015032222491036c.jpg
4個、球根のあるのがわかります~?

watermarked-DSC_0939 - コピー
こちら、ミズゴケの中には、3個ありますよ。

鹿沼にも、ミズゴケにも、カムフラージュして、とてもわかりにくく、
目だけでなく、素手での指の感触もたよりにしながら、
端から、端まで、丁寧に調べていきます。

まるで、ウォーリーを探せ!です。(懐かしい~)


このまま、湿り気を保ちながら、ビニール袋に入れ、
冷蔵庫の「野菜室」にいれて、
植え替える時期 暖かな春まで1か月ほど待ちます。

球根から芽が出てしまうと、掘り出す時や、植え替える時に
その芽を欠いてしまう恐れがあるので
野菜室で保管する、
という方法を教えてくれたのは、父。


この作業は、もう、20年以上も続いています。




真夏の暑い最中に、

watermarked-DSC06705 - コピー

この涼しげな白サギの飛翔を見たいばかりに、


そして、夏のお客様、お盆のお客様に

watermarked-DSC07448.jpg


少しでも涼しさを感じていただきたくて、



watermarked-DSC07400 (2)


また、今年も、サギソウを大事に育ててみましょう~♪


関連記事