アナベル、倒れないよう、どうしてます?


白いアナベルも、ほんの数個となりました。(8/2)

watermarked-DSC05305.jpg


今年のアナベルは、約50本!
梅雨の大雨にもかかわらず、
折れずに、今もなお、お庭の左側 一画で存在感を示しています。


watermarked-DSC05124.jpg 

アナベルは頭でっかちですので、
雨が降ると、その重みでほとんどが折れます。
折れないようにするためには?とずいぶん聞かれますが、

いろいろ試してみまして、わたしは、

はい、基本の単純作業を繰り返すのみ!

です。


下の写真をよーく見ていただくとわかると思いますが、 
watermarked-DSC05304.jpg  watermarked-DSC05276.jpg

1本 1本に 支柱を立てます!

今年もアナベル50本に 支柱を立てました!
1日10本ぐらいずつ、成長の速いものから順に、立てていきました。
単純作業の繰り返しです。

折れても平気、切りますから、という方もいらっしゃいますが、

大窓からのアナベルも含めた景色を、
日々、雨の日も、夜も楽しみたいわたしは、
大雨の前に、嫌々ながらも毎年この単純作業を終えるようにしています。


watermarked-DSC05126.jpg

・2本の支柱を2か所でとめて、エレベーター式にして、
  高さを合わせ、花のつけ根スレスレ、花首のところで、結びます。
(スレスレでないと、重さで首が折れてしまうんです)

・支柱が目立たないよう、太さ、向き、ビニタイの色等、気を付けます。

・結ぶタイミングは、緑のままではまだ成長しますから、
 白くなって直ぐ、結びます。


今年は、花数がずいぶん増え、また土が硬くなっていて、
ちょっと苦労しました。

こののち、全てドライとして、そのボリュームを楽しみます~!


それにしても、エレベーター式に2本をつなげるということは、
2×50=100~~!?
100本も使ったのですね?
そういえば、途中で、足りなくなって、園芸店に買いに行きましたもの!



夜のライトアップです~
watermarked-DSC00016.jpg
(8/2)

関連記事