2015 キジバトの子育て再び~


賑やかでしたお盆も
今晩 焚く送り火で、無事 閉じられます。

迎え火で降りてきたご先祖様たち、
元気な子供たちを見て、微笑ましく感じ、
そして
安心されたことでしょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、お庭では、
巣立ったキジバトの子供たち2羽が、
親鳥を待ちながら、のんびりと過ごしているんです~

watermarked-DSC05901.jpg
ノリウツギの左の庭石の上に、2羽、見えますでしょ?

ほとんど親鳥と同じ大きさまで育っていますね。
でも、まだ、飛ぶのが下手なんですよ。




watermarked-DSC05900 - コピー
そして、この大きなずうたいで、
親がミルクをくれるのを、ただただ、待っているのです~

エサを運んでくるのを待つのではなく、ミルクなんですよ!?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、
7月から8月にかけての
キジバトの子育ての記事です~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



春から、小枝を組んで巣は作っていたものの、
やっと、7月になって、ヒナに自分で作るミルクを上げているのを確認。

そして、8/6、キジバト のヒナたち2羽、無事に巣立った様子です。

ホッとしました~!




                                     (7/31)
watermarked-DSC05452 - コピー
ミルクをあげるため、巣にやって来た親鳥(ずーちゃん?)
胸のあたりに、2羽のヒナの頭が見えますでしょ?




watermarked-DSC05452 - コピー (3) - コピー
クチバシの先に、1滴白いミルクが見えますね。





watermarked-DSC05461 - コピー
昨年初めて、
キジバトの壮絶な子育ての様子を連日目の前で見ていましたので、
今回は、余裕を持って、冷静に観察できました。





watermarked-DSC05461 - コピー (2)
ヒナ2羽が、両脇から自分のクチバシを 親鳥の口の中に突っ込んで、
中のピジョンミルクを飲む。
という光景。




watermarked-DSC05465 - コピー
初めて見た時は、
身体を上下させ、苦しそうにしている親鳥とヒナたちとが
壮絶なバトルを繰り広げているのでは?と。

まさか、それが、授乳風景であるとは、全く思いもよりませんでした。



watermarked-DSC05471 - コピー
授乳が終わると、親鳥は疲れからか、放心状態~?





watermarked-DSC05477 - コピー
ヒナたちは、大きくなった羽根を羽ばたかせ、
巣立ちの準備。




watermarked-DSC05483 - コピー
そのあとは、敵(カラス等)に見つからないよう、
静かに静かにして、次、親鳥が来るのを待ちます。



・・・・・・・・・・・・・・・


そして、数日後、

watermarked-DSC05692.jpg
巣立ちしたのでしょう、巣から離れた木で、
親鳥からミルクをもらっているヒナ2羽を見つけました。

ほとんど親鳥と変わらない大きさで、親鳥の口の中からミルクをもらう様子は、
それこそ、ケンカでもしているのでは?と見えます。
さすがに、この大きさでは、1羽ずつ順番にもらっていますが。
まだまだしばらくは、親離れ、できないでしょう。



こちら⇒昨年「2014キジバト ずーちゃんの子育て」 もどうぞ~
記事は、遅い日付から始まりますので、お気をつけて。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間界も、同様、
子育てには苦労も伴いますが、
日々の成長を感じ、子の笑顔に救われ、
親は頑張れるのだと思います~




関連記事