残暑の中、葉物が庭を救う~!!


朝晩は、秋風が感じられますが、
日中は、まだ、残暑で、花々は少々お疲れモード。




そんな中、様々な葉物の作る
グリーングラデーションが、

watermarked-DSC05831_20150816115404dab.jpg

庭を、キリリと美しく、そして 涼を感じさせてくれてます~



大型ホスタ寒河江の左は、いただきもののブルー系中型ホスタ
watermarked-DSC05829 - コピー
細長の斑入り風知草と、楕円葉アエゴボディウムも
その色と形の組み合わせが 面白い!



watermarked-DSC05828 (2)
そして、今回この絵を引き締めているのが
濃いグリーンの細長い葉っぱたち。
なんと、これは、シランの葉!

斑入りの葉は 魅力ありますが、
そればかりでは、その魅力は半減!
濃い緑があってこそ、斑入り葉が惹き立つというもの!

6月に楚々とした花を披露してくれる日本古来の植物 「シラン」。
花が終わった後も、こうして、その葉は別の魅力を見せてくれています~


シランは、あまりに一般的て、しかも増え過ぎ、
その魅力に気がつかない方が多いようです。

素敵に見える葉だけ残して、あとは引っぱればすぐ抜けます。
わたしの庭では、大事な大事な和風プランツです~♪







ユーフォルビアもグリーンと斑入りとが
素敵にコラボレーション!
watermarked-DSC05839.jpg
フロステッドフレームがピンクがかってさらに魅力的!




そこに、カルーナブルガリスの控えめな小花が
ちょっとだけ色を添え

watermarked-DSC05845 - コピー
小径の片側を、柔らかくしてくれています~






watermarked-DSC05841 (2)
ゲラニウム・マキュラタム ‘エスプレッソ’ の銅葉から
斑入りヤブラン・シルバードラゴンの細葉が数本伸びています。



斑入りホスタの葉の中から、
watermarked-DSC05836.jpg
白のカワラナデシコが、また、涼しげな顔をのぞかせています~♪




関連記事