FC2ブログ

悲しいかな、シジュウカラの性「さが」か?

半信半疑でしたが、
確信できたので、お知らせします。

また、シジュウカラの抱卵がこの巣箱で、始まりました。
DSC08883 - コピー巣箱とピエール
(6月の写真)

今度はこのキッチン窓から見える、すぐそばの巣箱です。
DSC08960キッチン小窓ピエール

1週間ぐらい前から、苔を運び入れる姿がありました。
まさか?と思いながら、観察しておりましたら、
数日後には、獣毛を運び、フカフカのベッドの完成まじかを思わせました。
数日姿を消し、おとといから、オスだけが時々エサをもってくるようになりました。
これは、中で、卵を温めているメスのための給餌です。
これで、本格的に子育てが始まったということです。

喜んでいいのか、どうか、複雑です。

こんな遅い時期から子育てを始めたのを見たことがありません。
また、前回の巣立ちがあまりイイ結果ではありませんでした。
なので、不安のほうが先に立ちます。
DSC09302 - コピーピエールと巣箱
(これも、6月の写真です)

ここで、疑問が。
これを読まれている鳥好きのかたも、疑問に思われているでしょう。

前回のあのシジュウカラと同じカップルかどうか?
ということです。

わたしの考えとしましては、
同じカップルだと思われます。
なぜかと申しますと、もちろん、なわばり、ということもあります。
と、同時に前回の思わしくない巣立ちの日から考えて、
あまりに時期がピッタリ、ということからです。

うまくヒナを育てることができなかったため、
悲しい野生の生き物の性「さが」として、
子孫を残さなくては!と、また、巣作りを始めたのだと思います。

もうひとつ、あのペアでは?と思わせることがあります。
メスの、下をキョロキョロ見る癖が、前回のメスといっしょなんです♪

こうなっては、うまく巣立つことを信じて、見守るしかありません。
また、また、応援しますよ!



DSC02698.jpg
上は、昨日、花友達がゆずってくれた、「キビタキ用の巣箱」
入り口が違いますね。
嬉しいです。ありがとうございます♪

どの木にかけようか、夫と思案中。
また、楽しみが増えました♪
でも、あれぇ~?
キビタキ、わが家に訪問してくれたことあったかしら?

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック