イブハトの庭を楽しむ秘訣①~⑤ お見逃しなく~


オープンガーデンに もうすでにいらしている方々は
ご存知と思われますが、

イブハトガーデンを存分に楽しんでいただくには、秘訣?決まり?
があるんです。


秘訣①
庭に置いてある「椅子」すべてに腰かけること。。
そして、目線を遠くに持っていっていただきたい。
(涼しい所でゆっくり見ていただきたいので、椅子は日陰に置いています)

この椅子にも、
watermarked-DSC04199 (2)


この椅子にも
watermarked-DSC04517 (2)
(わかりにくいですが、ウッドデッキの椅子です)

この1脚の椅子にも、
watermarked-DSC04253 (2)

そばの2個の白のスツールにも、

座っていただきたい。

さあ、どんな景色が見られるでしょう~?




この景色はどの椅子でしょう?
watermarked-DSC04503 (2)
問題、簡単すぎました? 笑



秘訣②
アーチの手前で、アーチと共に、奥の景色も楽しむ
watermarked-DSC04225 (2)

数か所あります アーチの1m~2mくらい前で立ち止まり、アーチの花々と共に
奥に見える景色も楽しんでいただきたい。



秘訣③

そして、アーチを過ぎましたら、振り返って見える景色も
watermarked-DSC04224a.jpg
楽しんでいただきたい。



秘訣④
「LOOK!」と「LOOKⅡ」からの景色は
watermarked-DSC02553.jpg
watermarked-DSC04164_201606092154448ec.jpg
絶対お見逃しなく。
塀際の、山道のような小径を進んでくださいませ~


秘訣⑤
これは、絶対 外せません!
どのお方も、お姫様になれます~♡
watermarked-DSC04408 (2)
カメラ持参でどうぞ~
お一人でいらした方は、わたしが写してさしあげます~


植物を見るだけでなく、
楽しいことがたくさん!!
watermarked-DSC04368 (2)

帰り際に、わたしはお客様に必ず聞きます。合言葉のように。
「LOOKから見ました?」と
「奥の椅子に座りました?」
と。

「えっ?見てません。」「座ってません。」
と応えた方には、それはいけません、と、
再び、庭の奥にご案内しています。

watermarked-DSC04353 (2)

だって、それでは、このイブハトの庭の楽しみを
半分しか味わっていないことですもの~
それは、「損」です。笑

関連記事