憧れの紅葉の京都、奥深さを感じる~~♪


今週初め、紅葉の京都へ出かけてきました。
十数年ぶりかしら~?

今年の紅葉は、ここ数年で特に美しく、
当たり年、とのこと。
ラッキー!

(写真は全てコンパクトデジカメです)

一番美しい紅葉は、
watermarked-DSC01918a - コピー (2)
                          (永観堂 平安時代 853年)
哲学の道を通っての、永観堂。




ライトアップの清水寺は、人、人、人・・・・
watermarked-DSC01783a - コピー (2)
                   (清水寺 奈良時代 778年)             
で、奥の院まではあきらめ、次の日の早朝に出直し。


watermarked-DSC01797a (2)
まだ薄暗い早朝6時過ぎ、人もまばらな清水寺を、
思う存分に満喫!




高台寺からの
watermarked-DSC01755a (3)
                           (高台寺 江戸時代 1606年)
八坂の塔、京都らしい風景ですね。 




建仁寺の
watermarked-DSC01692a (2)
                      (建仁寺 鎌倉時代 1202年)
 風神雷神図屏風 (精巧に作られたレプリカですが、感動もの!)



金閣寺と紅葉
watermarked-DSC01859a (2)
                   (金閣寺 室町時代 1397)
水鏡となって写る逆金閣寺。


watermarked-DSC01879a (2)
金閣寺庭園のお掃除の方々はもんぺ姿。
風景に溶け込んでいました。
苔の上の落ち葉のお掃除は、大変気を遣う作業と思われます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人力車を引く走者は
watermarked-DSC01927a (2)
イケメンぞろい!


↑上の写真でも ↓下の写真でもお分かりのように、
watermarked-DSC01764a (2)
女性たちはもちろん、男女ペアでの和服姿も多く、

watermarked-DSC01939a (3)

皆さん、手軽なレンタルを利用されているようでした。
外国の方もたくさん和服を楽しんでいらっしゃいました。



舞妓さんは、華やかさが違います~
watermarked-DSC01685a - コピー watermarked-DSC01954 (2)
今時の舞妓さんは、スマホ片手に~苦笑


・・・・・・・・

早朝、清水寺での 異・風景、発見! (面白、珍百景~!)



静寂な朝、6時半に、あの清水の大舞台の隣から、お経ではなく
突然、「ラジオ体操第一~~♪」 
「いち、にっ、さん、しっ! にぃにっ、さん、っし!・・・・」
と大音響が聞こえ始めたのです。
watermarked-DSC01806a (2)
ご近所の方たちが、毎朝、大舞台の脇で体操しているんですって!

世界遺産で毎朝ラジオ体操とは、驚きです!





そして、もうひとつ、清水での 異・空間を発見!

大舞台に続くお堂に、黄色い箱を発見!
watermarked-DSC01790a (2)

近づいて見てみましたら、
何と「今年の漢字、一文字」の応募箱。
今風の軽い感じのカエルの絵まで描いてあります。

watermarked-DSC01790a (3) - コピー

これも、ちょっと目を疑いました。が、
この応募箱を集計して、あの巨大な筆で書く一文字となるのですね~ふむふむ。
もちろん、わたしも、応募してきましたよ。

帰りには、京都市美術館での、若冲生誕300年を。
何度見ても、感動の若冲画です!

充実した京都の旅でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京都の多くの寺社仏閣を何気なく見て回っていますが、
よくよく調べてみますと、
清水寺は、奈良時代 778年のもの。
お隣の高台寺は ねねが1606年、江戸時代に入って、創建した寺院。
つまり、そこに1000年の時の流れがある、ということ。
そして、およそ300年後、江戸後期、1867年に暗殺”坂本龍馬”の墓もあるという。

高校で習った分厚い日本史の教科書の1ページ1ページが、
なんと京都では、たった1枚の地図で、表される、という。

京都の奥深さを、改めて、思い知らされた旅でもありました。



関連記事