声が枯れてしまいました~


今日も、
たくさんの方々と再会でき、楽しいお話に花が咲き、
初めての方たちとも、深いお話ができ、
鳥のお話でも、大笑いし、
おかげで、声が枯れてしまいました~~

DSC07710 (2)

このオープンガーデンで、声も枯れ、
肌も加速度的に枯れていきますが(汗)、
心だけは、豊かにパンパンとはち切れそうに、満たされていきます~~♪


お客様から、
エレベーター方式の支柱を立ててみました、とか、
ピーナツリースはもちろん、巣箱もかけてみました、とか、
お話をいただき、とてもうれしく思いました。


巣箱の入り口から雀の頭が抜けなくなり、庭主さんが助けてあげた、
というお話には、面白すぎて、吹き出してしまいましたネ!
「とりパン」のようですね?その上をいくかも?笑
「とりパン」に投稿したら、とりのなん子さんに絶対大うけされ、
掲載されることでしょう。
わたしも、過去に、載せていただいたことありますよ。

DSC07697 (3)

遠くは福島の白河市から、
また、東の方は住田町からもいらしていただき、
うれしい限りでございます。

休日の公開は、ご夫婦でいらっしゃる方々が多く、
男性陣の意欲にも、驚かされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、今日は、このいつもの風景に、
DSC07691 (2)


ある、有名なお方が立たれました。
DSC07699 (2)

はい、わかりますね?
DSC07703 (2)

BISES ビズの編集長をされた 八木波奈子さんです。
「ガーデニング」という言葉を世に広め、
その年の流行語大賞を取られた方でもあります。

東和町から、盛岡駅までの帰路の途中、
わたしの庭に寄ってくださいました。

夢のようなひと時でした~~♪
偉大な方でありながら、笑顔で とても気さくに接してくださり、
また、グローバルなスケールの大きなお話から、ツツジの剪定のお話まで、
様々なお話をしてくださいました。

わたしは、まだ、夢の中で、ふわふわしている感じでいます~

詳しく書きたいところですが、
明日もオープン、しますので、この辺で、お休みなさいませ。
ちょっと、早いです?


今年は、気温が低く、バラたちの花保ちも良く、
色も秋色かと思えるような、濃い色や紫が強く出て、
今までにない6月の庭状況が続いています。

初めて見る不思議な6月の庭です。
遅咲きのものも、やっと、咲き始めてきました。

明日も、どうぞ、いらしてくださいませ。
お待ちしております。


関連記事