お手紙、メールなど、ありがとうございます~


オープンガーデン終了後、
たまっていた仕事を少しずつ片づけながら、
あちらこちらのガーデン訪問をし、また新たな刺激を受けております。

DSC08077 (2)

そして、
このバラの時期の父の命日には少し遅れましたが、
実家近くにある お墓のお参りをしてきました。

父が亡くなってから、もう20年以上経ちますが、
今の庭景色までたどり着きましたのは、父のおかげと思っています。
植物好きの父のことは、さりげなく書いてきてはいますが、
またいつか、詳しく述べてみたいと思います。

お墓では、父に、オープンガーデンにたくさんの方たちが来てくださり、
皆様に、感謝の言葉をいただいたことを 報告しました。

そして、今回特に、
内容の深いお手紙を数通、感謝のメールも多くいただいたこと、
手作りのこの庭のフォトブックまでプレゼントされたこと等、も、
報告いたしました。
DSC08334 (2)

わたしのほうが、深い内容の皆様の感謝のお言葉に、
感激している今日この頃です。
来年に向けてのパワーをいただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


汚れてしまいましたが、この網ホオズキ、
わたしの庭で、見つけた方、いらっしゃいます?

DSC05111 (2)

これは、昨年赤くなったホオズキをそのままにしておきましたら、

watermarked-DSC09139 (2)
1個だけ、自然に網目状となり、雪が降ってもそのまま落ちず、
春になっても、今時期も、健気に枝に付いたまま、という、
信じられないほどの粘り強さで、もう、オブジェと化していました。

今回、繁茂したホスタの葉を数枚切り、誰か気が付いてくれるかしら?と
ホオズキが ちらと見えるようにしておきました。



ある方からいただきましたお手紙に、(書いてもいいですよね?)

・・
「たおやかに揺れ、華やかに輝いている花たちの一角に、
白化したホオズキを発見しました。
時の移ろいを思い起こされるような演出に・・・脱帽しました。」
と。
・・


DSC08582 (2)

その方は、何か大変な悩みの毎日から、
私の庭を見て、立ち直ることができました。とも。



このようなお手紙、メール、お言葉などをいただき、
わたしの模索しながら作ってきたこの庭が、
どなたかの役に立っている、
癒しとなっている、らしい
ということが、実感として伝わってきました。


DSC08660 (2)



1年に渡る苦労が報われ、新たな力が湧いてくる思いがいたします。

皆様、
ありがとうございました。





関連記事