半世紀も愛し続けて、ダイモンジソウ~~♪


半日陰の わたしが名付けた 「山野草の聖域」に
ダイモンジソウが 

DSC01952 (2)
落ち葉に埋もれそうになりながら、
 
ひっそりと咲いています。
DSC01947 (3)
そばでは、あのヘデリフォリウムが、1個だけまだ咲いています。


近づいてみますと
DSC01739 (2)
ダイモンジソウ、「大文字草」
その名の通り、見事な「大」の文字となっています。

1㎝ほど?いえいえ、長い花びらを入れると2㎝?
の極々小さな可愛らしい花。
DSC01740 (2)

早春から順番にあれこれと、山野草を愛でてきましたが、
この「ダイモンジソウ」が、大トリ を務めます。

今は、赤とピンク(名前は??)ですが、
もう少し後に、わたしの一番好きな基本色「白」が咲きます。
これが、本当の「大トリ」となります。

何しろ小さい花ですので、すぐ落ち葉に埋もれてしまい、
可哀そうな状態となりますので、こまめに落ち葉を取り除いてあげます。



わたしが小学生のころ、「大」という文字を知ってから、
ずーーーっと愛し続けている花です。
もう、半世紀以上にもなります~~苦笑




関連記事