10月初旬 主庭、少しだけ庭整備を~


DSC01719 (2)
10/5
先週のことです。少しだけ、庭整備しました。

DSC01759 (4)
10/6
オミナエシを切り(葉っぱはオレンジ色がきれいなので、残しています)、
カルーナブルガリスの花部分を刈込み、
伸び放題だったクリーピングタイムも、ずいぶん切り込みました。
ラベンダーのブルーの葉が、いい感じ。
右の白は、斑入りカリガネソウ。その上の白い花が、シモバシラ。


宿根草を一度に整理すれば、後々の仕事が楽になるのはわかっているのですが、
移り行く季節を感じたくて、わざと葉を残したり、種を残したり、、、、。
このあと、種が飛び散り、来春、あちこちから芽がた大量に出てきて
仕事量が増えるのはわかっているのですけれど?



先日 紹介した、シモバシラが、
DSC01719 (3)
夕日に照らされ、輝いています。

ずいぶんと、背が高くなり、花の存在感も増してきました。
DSC01759 (7)
このあと、真冬に、「シモバシラ」が何センチまで上がるのか、
とっても楽しみです。


・・・・・・・

今日、10/13は、
もう、ツリバナの葉は、ほとんど落ちてしまっています。
まるで、気の抜けたビールのよう!
変な表現ですが、ぴったりの比喩。
庭にしまりがありません!

寂しく感じますが、他の葉っぱたちが順番に色を変え、
目を楽しませてくれるでしょう。
その反面、そんなに急いで秋という幕を進めなくていいから~!とも思います。
どんどん寒さに向かっている、ということですものね。




関連記事