コーナー・フロントガーデン 今年初お目見え~




DSC01975 (2)
今年、植え替えした、駐車場わきの
コーナー・フロントガーデン。

ノリウツギ・ミナヅキが、白から赤みを帯び、
キレンゲツツジの葉が、黄色に変化し、
秋の風情が増してきました~


早春に日陰から日当たり良いこの場所に移植されたミナヅキ。
DSC01970 (2)
花数も多くなり、秋の赤への変化も以前より強く、
この場所が合っていたみたい。


右下は  フウロソウ・ロザンネ
DSC01968 (2)
寒くなり、より、青く咲きます。
春から、この時期まで咲いてくれる、がんばりやさん!


斑入りノブドウ、
DSC01974 (2)

宮沢賢治のお話に出てくる「めくらぶだう(=ノブドウ)」が
「 虹のように熟れていました」
という情景を見たいために、数年前に育て始めましたが、、、、、、。

実は付きましたが、まだ、虹のように、とは程遠く、
少々、自信が無くなってきている今日この頃~



・・・・・・・・・・・・・・・



ここ、駐車場わきの コーナー・フロントガーデンは
以前は、バラ、ダ・ヴィンチが旺盛に茂っていた場所。
Sちゃんたちの車の乗り降りで、トゲの心配があったので、バラをすべて移植。
代わりにトゲのない植物を庭のあちこちから連れてきて、
狭いながらも四季を楽しめるコーナーに。

まだ、未熟なコーナーではありますが、
そのうち、早春からの画像をアップしましょうね。



関連記事