モネの睡蓮 と アマリリス で遊ぶ~



DSC03305 (3)
(ホワイトバランスを変えて撮っていますので、実際の色合いと異なります)

クロード・モネの「睡蓮」 の布 ブルーの前に、
4本いっしょに咲き始めた豪華な純白のアマリリスを
置いてみました~~

DSC03310 (3)

まるで、池に浮かぶ アマリリス ??



実際は、こんな具合。
DSC02350 (3)
ねっ?一鉢で咲いているのがわかりますでしょう~?!



ミラーマジックで、
DSC02353 (3)
パリのオランジェリー美術館風 に見えません~~?(苦笑)






・・・・・・・・・・・・・・・


こちらは、実際のオランジュリー
DSC01429 (2)


DSC01463 (2)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろ、この玄関ホールの タダでいただいた睡蓮の布、
外し時かしら?と思案していたのですが、、、、、

なんと、あのルイ・ヴィトンが、昨秋、この睡蓮の柄でバッグ類を発売。
ブルー地に睡蓮の花が浮かび、真ん中に金色で「MONET」(モネ)と。

しかも、そのHPを見ますと 
画面いっぱいのモネの睡蓮の絵が動き出し、
勢いよくこちらに向かって流れてくるのです~

バッグは お高くて買えませんが、
あの絵を楽しむだけでも HPをのぞく価値はあるかもです。
他、ゴーギャンなどの絵も動くので、新感覚を楽しめます。

というわけで、わが家のモネの巨大布は、
まだまだ、この壁に飾ることとなりそうです~


・・・・・・・・

先日、映画、「ゴッホ 最後の手紙」を観てきました。
こちらも、全編 ゴッホの絵が動く、という新感覚の感動の映画。
難しい内容でしたが、最後の最後にわたしの一番見たかった絵
「ローヌ川の星月夜」が大写しとなり、大感激!

東京都美術館で観賞した「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」と、
「宮沢賢治」 とを織り交ぜ、
記事を書いてみようかしら?とも思っていたのですが、
奥が深すぎて、わたしなど一般人の手に負える代物ではない!と
今は 意気消沈↓↓



関連記事