FC2ブログ

京都は、色付き始めていました~PARTⅠ






DSC03049 (2) - コピー
今回の京都の旅、最高の感動は 

嵯峨野 ”祇王寺” (ぎおうじ)。


DSC03039 (2)
しっとりとした苔の庭。
開場の時間に合わせ、まだ訪れる人のまばらな内に
入ることができ、
朝の柔らかな光と、ふかふかの苔との織り成す
静寂の美しさに、心打たれました~!



嵐山の竹林。
DSC03029 (2) - コピー
こちらも圧巻!



世界遺産の ”天龍寺”
DSC03068 (3)
お天気にも恵まれ、

紅く色付きはじめたモミジと
奥の嵐山の借景と
手前の池に映る リフレクションとが
見事な名勝庭園の景色を創り上げていました。

紅葉にはまだ早い、と諦めていたのですが、
この景色を見られて、大満足!



・・・・・・


そして、今回、真っ先に行ったところは 
”三十三間堂”
DSC02945 (2) - コピー
今で言う 「弓道女子」の母から聞いていたお話。
「昔、三十三間堂で、弓を引いたことがある」 と。

その場所を確認し、感慨深く、特別な思いでゆっくりと散策。
(母は、明治神宮大会でも弓を引き、
射道優秀賞 をいただいたことがあるとか?)
その影響でわたしも高校時代は弓道女子に。
一応、二段なんですよ。
家に、弓矢を飾っております。

三十三間堂の名は、中の柱が33本あることからつけられたよう。
長さが33間あることではない、と。
わたし、廊下を歩きながら数えました。
確かに33本ありました~!


そして、驚いたことに、そのお堂の中に、
DSC03446 (2)
                (中は撮影禁止で、↑は、絵葉書を写したもの)

千手観音立像が千体!
中央には 十一面千手観音座像が。

中国の兵馬王でも見ているかのような、
整然と千体も千手観音が並ぶ様は、
こここそが、パワースポットでは?と思わせる
オーラが出まくりでした!
かなり、わたし、参りました!
単純な言葉の羅列でお恥ずかしいですが、
ここは、またゆっくりと訪れたい場所です。

祇王寺も、また行きたい!


PARTⅠは、ここまでです。


関連記事