FC2ブログ

干し柿が、温もりの庭景色を演出~~♪


DSC05155 (2)
                  11/23
つるバラの葉の向こうの、
このオレンジ色の景色を目にして、
つばゴックン、とともに、
心が温まりますね~~



ウッドデッキの横板に細工をして、
干し柿を吊るしました~
DSC05147 (2)


実家の近所のおじさんから、
「家に吊るしなさい。美味しくなるよ。」と
皮をむき、ビニール紐で結び、もう吊るすだけとなった
「柿のれん」を7、8本いただいたのです。

DSC05153 (2)

昔、昔、実家の父も、
家の柿の木の柿で、毎年作ってくれていましたので、
とっても懐かしくもあり、
温もりの風景を思い出します。


窓から見えるところに吊るしましたので、
干し柿大好きのAっくんたち、
ガラス越しに、つばゴックン、となることでしょう。
でも、食べられるようになるまでは、ま~だまだ!!


・・・


それにしましても、
6月は、このつるバラの景色を楽しみ、

DSC00349_20181123195652e5f.jpg

同じ場所で
11月には、「和」の干し柿景色を楽しむ。

というこの「華やかなバラ」あり、「趣の和」あり、の庭景色。
1年を通してアンバランスな感じはしますけれど、
わたしの中では、お気に入り!
どちらも楽しめる庭が理想。
欲張りかしら?

日本人ですから。
「和」の風情を感じていたい。
心がしっとりとして落ち着きます。



関連記事