FC2ブログ

つるバラと格闘しながら、白鳥北帰行を見送る~~


DSC_0259 (3)
               (3/2 スマホで撮影)
毎年、つるバラと格闘のこの時期、
「クオークオー」という声が聞こえると、脚立に乗りながら、
何度も 空を見上げます。


白鳥たちの北帰行です。

DSC_0260 (3)
あっという間に、家の陰に隠れてしまいます。

待ち構えて、一眼カメラでとらえてみたいものですが、
そんな余裕はこの時期全くありません。

つるバラの花芽がまだ硬いこの時期、
脚立2個を駆使し、
知恵の輪のように絡まりあう長い長いシュートたちをほどきまくり!
いらない枝たちは剪定ばさみで切りまくり!
試し誘引しては脚立から降り、離れて見て確認して、
また脚立に上っては誘引し、また降りてみて確認し、
の繰り返し。
棘であちこち引っかき傷、ダウンも帽子もボロボロになりながら、

6月の夢のバラ模様をを想像し、
誘引、剪定を 進めます。

悔しいことに、
この大事な時期に腰を痛め
1週間も庭仕事ができず、
気持ちは焦るばかり!

やっと最近、
少しずつ、身体を労わりながら、
休み休みスローペースで始めています。
(動きがスローで、Aっくんに、カメさんみたい、と。苦笑)

このシュートどちらに誘引しようなどと、迷う時間はもったい無いので、
即決!
やり直しの時間ももったいないので、妥協!
美しく見えるよう、ビニタイの結び方など吟味する時間もなく、
大風が来ても大丈夫?という点だけ確認!
というありさま。

DSC04292 (2)
               (誘引途中経過)

こんな早い時期にもかかわらず、
団体さんの予約を、2件いただきました。

皆様に、楽しんでいただけるお庭を作ろう と、
あらためて
身の引き締まる思いでございます。

なんだかんだ言って、
この誘引作業、大変ではありますが、
その面白みが分かってきました。

明日も暖かくなりそうです。
花芽が膨らまないうちに、なんとか、メドをつけなくては!
剪定ばさみでの怪我に気を付け、(昨年、外科に通いました)
脚立から落ちないよう、
腰に負担をかけないよう、
頑張ります!




関連記事