FC2ブログ

令和元年オープンのオオトリは~~


令和元年 オープンガーデンのオオトリは
歴史ある「オープンガーデン宮城」の88名の方々でしたーー!
目の肥えた方々なので、バラの時期の過ぎた 
この庭をどう思われるのか、とても不安でした。
渋滞気味でしたが
楽しんでいただけたようでした。ね?

華やかなバラが無いからでしょうか、
わたしの好きな、地味な山の植物が気になったようです。

例えば、これが筆頭!
DSC07867 (2)
ムサシアブミ
DSC07869 (2)
大きくてツヤツヤしたこの3枚の葉。大人気でした。
そういえば、先日いらした景子さんのお友達も気になっていた様子。


クガイソウも、目立っていて、大人気。
DSC07847 (2)
ちょうどきれいな紫色になり、ゆーら、ゆーら揺れていましたからね。
DSC07866 (2)
「LOOK Ⅱ ⇒」のところからの景色。


そして、ヤグルマソウの園芸品種 チョコレートウィングのピンクの花
DSC07868 (2)
原種のヤグルマソウの花は白で、あまりきれいとは言い難いですが、
こちらのピンクは目を惹きます。
しかも、花保ちが抜群!
DSC07488 (2)
10日前は、もっと鮮やかでしたね。

これらの写真、どう見ましても、山道で出会いそうなものばかり。苦笑。

・・・・・・

そして、いつでも驚かれるのがこちらの誘引。
DSC07840 (3)
フロリダ系の夏茜から始まり、淡墨⇒フロリダ
DSC07787 (2)
⇒白万重 という順番でオープンガーデンの間中、
欠かさず何かは咲いてくれていました。

・・・

最後のオープンに合わせるように咲いてくれたのが、これら。
DSC07842 (2)
DSC07843 (2)
DSC07863 (2)
DSC07859 (2)


今日の方々に説明し忘れたのが、この赤いミニバラ。
DSC07845 (2)
庭石の上の凹みで生きているんです。と。

・・・

さすが、気がつかれていらっしゃる、と嬉しくなったことは、
「高低差があるって、やはりいいですね!」(タモリ風に)と。
「和風の庭には 高低差がありますものね。」と。

いつもの風景を 違う視点で見ていただくと分かると思います。
真ん中の敷石の小径を「底」として、
手前・奥・左・右すべて、緩やかな「斜面」となっています。

DSC07851 (2)
左側は和の枯山水の庭でしたので左に緩やかに上っています。
他は、庭のリフォームに伴い、斜面を作ってもらいました。

DSC07848 (3)
(↑奥に上る)

「平坦」な庭よりも 「斜面」に作られた庭は、目に見える面積が広くなって、
植えられた植物たちが、より美しく見えるような気がします。

DSC07850 (3)
(→右に上る)

様々な明るい斑入りの葉物を植え、
花の無い時期も明るい庭を楽しめるようにしていることもお話しました。

・・・

そして、毎年毎年同じものなんですが、
皆さんに褒められるのが、この椅子!
DSC06860 (3)
安く買った間伐材の椅子にペンキを塗って、
吉谷さんの布を巻き付けただけなんですけどね。

・・・

長々と、徒然なるまま書いてしまいました。


ちょっとしたハプニングもありましたが、、
工藤様、吉川様
色々とお世話になりました。
わたしも貴重な体験をさせていただきました。
それにしましても、大型バス2台の経験は初、でした。
迫力ありました!
(もちろん、2台のバスは 時間差で。)

浦戸諸島「海と花の物語」の 内海様、
これからの活動も、陰ながら応援しております。
八木編集長さんのFB見ましたよ。

それともう一つ、面白いことが。
ある年上のベテランの方が
「ひょっとして、ここ、イブハトの庭ですか?」と。
「ブログ見てるんですけど、この庭、似てるなぁ~」と。

「はい、正解!」笑



関連記事