FC2ブログ

アナベル、白くボリュームアップ~


DSC07955 (2)
アナベルが 白く球状にボリュームアップ~~
見応えが増してきました。


室内から見ますと、
DSC07951 (2)
こういう角度に。(ガラスへの写り込み、ご容赦を。)

キッチンに立ちながら、ダイニングテーブルで食事しながら、
ついつい、そちらにばかり目が行きます。

・・・・

山アジサイ、タグ探してみました。
DSC07950 (2)
たぶんですが、
手前の青は、「伊予時雨」と
奥の白系は 「伊予桜」?

この白が「伊予白」
DSC07592 (2)

と、思われます。


心落ち着く、優しい雰囲気 山アジサイ~


DSC07914 (2)
山アジサイが、
お庭も 心も 優しく包んでくれています~

これから旺盛に庭全体を華やかにする
大型のアナベルやガクアジサイなどと違い、
小さめで楚々として控えめな山アジサイを見ていますと
心が落ち着きます。



DSC07918 (2)

DSC07905 (2)

DSC07611 (3)
(それぞれのタグ、見当らないものあり。探してみますね。)


クレマチスも 可愛らしい。
DSC07908 (2)
リトルネル

DSC07784 (2)
ダークアイズ

DSC07911 (2)
アフロディーテ・エレガフミナ



・・・

先日、またまた用事があってお江戸へ。

帰りに赤坂迎賓館の一般公開へ。
(同級生のYちゃん、Hちゃん、行って来ましたよ)
7/1
DSC_0321 (3)
ヨーロッパに迷い込んだような感覚に。
明治42年の
日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物。
当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物。国宝となっています。
国王、大統領、首相などをお迎えする場、
また主要国首脳会議などの国際会議の場としても使用。

これから、ニュース等で迎賓館が映ったときは、
身を乗り出して見ることになるでしょう。

入るまでのセキュリティーチェックで、持っていた水のペットボトル、
「飲んでみてください」と言われ、
飲んでいる時もじーっと本当に飲み込んでいるかどうかのど元を見られていました。
中に入ってからも、警備の人数が多く、壁にちょっと指が触れただけで、
「触らないでください!」と2度大きな声で注意され、

そうですよね。
海外の要人が訪れる まさのその場所を一般公開してくれているのですから、
それくらいの厳重さがないと、逆に危ないですよね。
貴重な建築物を見させていただきました。

・・・

こちらも 1か月前のお江戸

新宿御苑 6/4
DSC03313 (2)

DSC03309 (3)
都会のど真ん中とは思えないほどの緑と静けさ。

広大なこの場所の清掃をしている方とお話しましたら、
なんと、盛岡で育った、と。

話しかけると、広いようで、狭くなる、近しくなる、
そんなことを感じさせる東京なのでした。



庭の主役は 突然、アナベル周辺へ






DSC07898 (2)
(キッチン大窓から ガラス越しにパチリ!)

バラも終わり、クレマチスも終わりに近づき、
寂しくなってきたと思っていたら、
突然に、アナベル付近に主役が交代!
フワッフワッの真っ白い花房になるのが待ち遠しい~


アナベルと一緒に、
DSC07880 (2)
山アジサイのクレナイや
クレマチス・シーボルティやニオベ
アストランチアなどが賑やかに饗宴~


クレナイは
DSC07883 (2)
ここまで紅くなってきましたよ。


クガイソウも、
DSC07884 (2)
アスチルベ・ピンクとアナベルとコラボレーションして、
思わず パチリ!



キレンゲツツジの中で、「ミス東京」クレマチス開花~~


DSC04809 (2)
道路側、お隣との境に植えてある「黄レングツツジ」が
満開!
目に飛び込んでくる輝く黄色。
道行く人が、「きれいですね」 と声をかけてくださいます。
ご近所の あまりお話をしたことのないリタイヤされた男性まで、「何という花ですか?」
と話しかけてくださいました。

「花の力は偉大なり!」


そしてそして、クレマチス開花第1号が、その黄色の中で。
DSC04811 (2)

はい、例年通り 「ミス東京」です。


ピンク色の地面が作る景色~


DSC04727 (2)
八重桜のピンク色が、普段とは異なる異次元の景色を創ります。

クジャクシダの美しさが
DSC04731 (2)
いっそう 際立ちます。

白の大きな蕾は、
DSC04740 (2)
ボタンです。
DSC04734 (2)


アジュガの紫も、

DSC04723 (2)
ピンクを背景に、浮かび上がります。


あまりお目にかかれない 立ち上がる途中の、
オシダやホスタも
DSC04725 (2)
面白い、ちょっとユーモラスな景色となっています。

・・・

いつもの年ですと、もっともっとふっかふかに積もり、
花びらのまっピンクの海となってから写真を撮り、
それから掃除を始めるのですが、
その作業が、それはそれは過酷で、膝を痛めたことがあるほど。

で、今年は、以前ゲットしておいた、風がビュービューと出るブロアーを
まだ、半分しか落ちていない この段階で使用。
うまく使いこなせはしませんが、少しは塀際に花びらを押しやり、
また、次の日も。次の日も。
と少しずつお掃除をすることに。
充電して20分ほどしか使えませんが、
少しずつ毎日お掃除することにより、植物への悪影響も、自分の膝への負担も
かなり避けられます。
面白い写真を撮ることはきっぱり諦めました。

でも、ブロアーの音がかなりの騒音で、隣近所にご迷惑では?と
気を使いながらの短時間使用です。



八重桜が 見事に咲いています~~~🌸


DSC03279 (2)
今年も見事に八重桜が咲きました~


花房が
DSC03283.jpg
大きな ぼんぼり のよう!


青空がバックの時は、
DSC04606 (2)
ピンク色がさらに
美しく、濃く見えます~



盛岡 いっきに桜 満開~~🌸


盛岡街中、いっきに桜色となりました~~🌸
DSC_0307 (002)
龍谷寺
モリオカシダレ


DSC_0308 (3)
石割桜
赤信号での車からの写真。
たくさんの人でいっぱい。



こちらはお向かいの
濃いピンクの枝垂れ桜
DSC04511 (2)
わが家の玄関を開けると一番に目に飛び込んできます。


お向かいの95歳のおばあちゃん、
DSC04508 (3) - コピー
連日この桜を見上げ、笑顔も満開!
この写真を、プリントしてさしあげましょう。


そしてもちろん、わたしたちの心も 本当の春の訪れに
心も満開~~🌸
ウキウキ~~🌸



≪PREV | | NEXT≫