FC2ブログ

リンドウ生産、日本一は、”い・わ・て”~!




DSC03092 (4)
秋の代表、魅惑のブルーのお花
「リンドウ」
(モニターによって実際のブルーと違って見える場合があります)

わが家のリンドウは、ミヤマリンドウ。たぶん。
実家から連れてきたもの。
DSC03094 (2) - コピー
市販のものとは違って、
ほとんど先端部分にだけ花がつきます。



先月のお彼岸のお墓参りも、

DSC03097 (4) - コピー

父の喜ぶ顔を想像しながら。
お供えのお花は リンドウを添えました。(買ったものですが)


リンドウの定位置は、
DSC03075 (2)
主庭、左手前。

こちらも、素朴で、わびさび を感じますね。
こういうナチュラル感が大好き!


景色は、
色々と計算しているとはいえ、
失敗を繰り返し、試行錯誤しながら作っています。

仕上がりは、
山里を散策しているような、ナチュラルさ、
いかにもずっと昔から自然にそこから生えていました、
という感じが、目指すところかしら?

心が落ちつきます。


関連記事

秋のマチルダさん いえいえ、マチルダ”様”~~



秋も元気に美しく しかもたくさん 咲いてくれる 
マチルダさん!
DSC03174 (2)

DSC03187 (2)

DSC03180 (2)

DSC03183 (2)

株全体に 秋にもこれだけまた花をつけてくれて、
我が家のバラの中で1番の優等生!

DSC03173 (2)

まさに、マチルダ”様”~~
と呼びたいくらい。

DSC03170 (2)

お向かいの93歳?94歳?のおばあちゃんも
小春日和の中、ベンチに座りこちらを見て、喜んでくれています~^^




関連記事

ウメモドキ、ヒヨが味見にやって来ました~


ウメモドキ、
DSC02894 (2)
全部が赤くなる前のこの状態が好き!


つやっつやの 緑、黄、オレンジ色のグラデーションが

DSC02887 (2)
美しい~!




赤く、そろってきますと、
いつものように、ヒヨドリが味見にやってきます。
DSC04519 (2)

でも~~~

ほらね、まだ、早いでしょ?
熟れるまで待てばいいのに~~
食い意地はると、美味しくなる前に、無くなってしまうわよ!



関連記事

シソ科多年草 ”シモバシラ” ずいぶん楽しませてもらいました~~


DSC04508 (2)
真冬の冷えた日に、
茎をのぼる白いシモバシラを見たいために
育てている”シモバシラ”

DSC04513 (2)
でも、この見るからに シソ科とわかるこのお花、



DSC03061 (2)

今年はかなり見応えありで、
ずいぶん楽しませてもらいました~




DSC03070 (2)

ちょっと、暴れ気味ですが、
冬の霜柱の高さの記録更新をねらっていますので、
メインはまっすぐ伸ばして結わえ、



1部は倒れたままでしたが、
DSC03066 (2)
こんなにきれいに白花が並んでくれて、大満足。

暴れ過ぎのところは、カット、カット。



DSC03057 (2)

お花の少なくなるこの時期、
とても助けてもらった感があります~
(奥のオミナエシはまだ健在!)



関連記事

台風に備えて、房咲きバラは~~



DSC03051 (2)
                            9/26

また、台風が近づいています。(9/29)
房咲きの花は雨風で折れることがありますので
事前に 高枝切りで剪定。



そして、無造作にブリキのバケツに。


DSC03112 (3)
            9/29
色目が物足りなかったので、
バーガンディ・アイスバーグを1輪だけ差し、
葉物の小さい鉢たちを周りに置いて、
簡単 寄せ鉢風景 を。
アメリカヅタのピンクの紅葉が可愛い~



こちらは自然にできた寄せ鉢。
DSC03054 (2)
                          9/29
ギボウシ ”金星”の花のように咲いた、
ERノーブル・アントニー

色合いの組み合わせが、とっても可愛い~!
ほんとに、偶然の産物!




関連記事

初秋の ”わび さび”を感じる景色 part3 ~



DSC02883 (2)
鉢で育てているグラス類。
中秋の名月と共に、
玄関前で 秋バラといっしょに観賞。


濃いめの銅葉、キミキフガ。(サラシナショウマ)
(秋の葉は、緑です)
DSC02939 (2)
適した環境を探して、あちこち移植ばかりして
今年、やっと花を愛でることができました。
何年かかったでしょう? ふーーーっ!

DSC02942 (2)
待ったかいがありました!
なんて、美しい花穂なんでしょう!



こちら、玄関横のロックガーデン付近。
DSC02837 (2)
秋色になってきましたクジャクシダの脇から、
斑入りヤブランの紫色の花がスッと伸びています。

葉っぱだけでも重宝していますのに。
DSC02758 (2)
この可愛らしいお花を見つけますと、得した気分に!


↓こちら、春、5月の同じ場所。
DSC03789 (2)
キラキラとした新緑が清々しいころです。
紫色は、アジュガ。
白は ミヤコワスレ。

同じ紫色と、緑系の葉っぱの組み合わせですのに
春の色と秋の色とでは、大違い!
比べてみますとよくわかりますね。
今は、クジャクシダの色はくすみ、
ミヤマトウキは縁がギザギザと黄葉し、
冬前の最後の落ち着いた美しさを披露しています。




今年も、1個だけ、ヒガンバナ、
DSC03011 (2)
がんばって咲いてくれました~~



関連記事

続・ ”わび さび” クレマチス編~



DSC03026 - コピー
シルバームーンがまた人知れず咲いていましたので、

DSC03027 - コピー
長めにカットして、南部鉄器の1輪挿しに。

趣ありますでしょ?

(ここだけの話、ツルが言うことを聞いてくれなかったので、
一部、セロテープで止めています。
目立たないでしょ?苦笑)



こちら、以前と同じところのダイアナさん。
DSC04355 (3) - コピー
種が1個から2個に増え、3個目の花がまた開花。
絵になりますね~

・・・

こちらはちょっと、気持ち悪い系
DSC02752 (2)
ロウグチの花が、種に被われ(襲われ?)、
苦しそうに見えます~💦



関連記事

≪PREV | | NEXT≫